リニア中央新幹線が時速500km、東京ー名古屋40分、料金はどの位、なんと山梨県が人気の移住先に!

リニア新幹線生活お役立ち情報

「山梨が移住先の人気でNO1に選ばれました!」

これはリニアに関係があるんじゃないでしょうか?

何しろリニアが開通すれば、東京も関西も山梨県から30分( ゚Д゚)

これは超魅力的じゃないでしょうか?

子供が小さいうちに移住して、大学はリニアで通学、仕事もリニアって

最高ですね!

さぁリニア中央新幹線が後7年後の開通を目指して工事がすすんでいます。
東京ー名古屋間を40分で到着!
全線開通すれば東京ー大阪がなんと一時間です。
リニア中央路線図
さて気になる料金はいくらなんでしょうか?

リニア中央新幹線の料金は?

現在、東海道新幹線「のぞみ」の品川~名古屋間は最短所要時間は1時間29分です。
のぞみの料金は?
運賃・料金は指定席11090円、自由席10360円です(通常期、東京~名古屋間も同額)。

これに対しリニアは、品川~名古屋間を40分で結び11790円(予定)。
リニア中央料金

一番の注目は東京ー名古屋間の料金です。
JR東海の葛西会長が+700円の上乗せで開通したい、
との話をされていましたので、もしこれが実現すれば、

所要時間を55%も減らしながら運賃・料金は6%しか上がらないことになります。
これは相当便利になりますよね。

ただ問題は、工事が遅れるかもしれないといくことです。
途中の静岡県が建築許可をまだ出していません。

リニア中央新幹線に反対しているわけではないんですが、
大井川の水源が壊されるという環境問題で許可をだしていません。

大井川からの水を必要とする生活者は、
静岡県の1/6、62万人だそうです。

この環境破壊の問題を静岡県知事が重く考え、
JRの答えを待っているそうですが、
まだ誠意ある返事(2020年6月)はないようなので、
工事は間違いなく遅れるでしょう。

当然工事費もオーバーするでしょうから、
リニア中央新幹線、東京ー名古屋が11790円の料金は幻と
なりそうですね。

大幅にUPする可能性も十分あると思います。

リニア中央新幹線が開通すれば日本が狭くなる!

リニア中央新幹線

リニア中央 距離と時間
中央線で東京から立川まで行く間に、
リニア中央新幹線が品川駅から名古屋まで行ってしまいます。
これは飛行機で大阪に行くより便利になるかもしれません。

あと7~8年後のことですが、楽しみです。
そんなリニア中央新幹線に試乗した方達もイッパイいるんです。
そんな方達の笑顔をご紹介します。

リニア中央新幹線を試乗した方達

リニア体験者の声

体験者の声

☆お茶の間にいるのと変わらない感覚。

☆仕事や観光をしたい人には魅力的。

☆時速500キロなのに速く感じないのが不思議。

~~~~~~~~~~~~~~

利用者の声

☆滑らかな加速で、浮上した瞬間の振動も静か。

☆とても静かで家族が寝てしまった。

☆浮上した方が揺れないんだと思った。

~~~~~~~~~~~~

利用者の声

☆子供が膝の上にいても安全だと感じた。

☆すごい安心で、じいじいとも会話できたよ。

☆長い乗車は子供が飽きるので、速いのはメリット。

~~~~~~~~~~~~

みんな大喜びですね。
残念ながら今は試乗は行っていないようですが、
一度は開通前に乗ってみたいですね。

時速500キロの世界ってどんなものでしょうか?
車内は静かなんでしょうが、車外の景色がどうなのか?
これは体験しないと分かりませんね。

2020年7月10日国交省事務次官と静岡県知事が激論

リニア中央新幹線の工事の遅れが続いている中、
国交省が静岡県知事と激論!

静岡県とJR東海が議論の平行線をたどっている、
リニア中央新幹線のトンネル工事について、
国土交通省の藤田耕三事務次官が10日、
JR東海の金子慎社長と静岡県の川勝平太知事とそれぞれ面談しました。

9日に公表したトンネル本工事前の、
準備工事の着工提案の詳細を説明した。

金子氏は国交省の提案は「早期開業に極めて重要」と同意したが、
川勝氏は、準備工事とトンネル工事は一体という従来の考えを変えず、
国交省の提案を認めなかった。
リニアに関する対立は国の事務方トップの次官が直接、
仲介に乗り出す異例の事態となったが、
問題解決に向けた道のりの見通しがつかないままだ。

川勝知事は、リニア開業と南アルプスや大井川の自然環境保全を両立させるためには、
「静岡県を通らないルートも選択肢では」
などと言及したが、
藤田氏は「ルート変更を考える必要はまったくない」と断言した!

二人の議論は平行線で交わる可能性すらない感じです。
なぜここまで、知事がかたくなに反対するのか?
それは今までのJRの対応がずさんだったからのようです。

ネットでは次のような意見が

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
知事の口からも「静岡通らない案も」といっているのだから、
もうここは諦めて路線設計変更作業の手間や工費割り増しもやむなし、
山梨長野県境の北岳直下ルートくらいにしたほうが両者穏便に済むんじゃないだろうか?
(たぶん北岳直下でも大井川水系に多少影響あると思うんだけど…)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
確かに川勝知事の対応も褒められたものではないが,
元はJRの今までの対応の問題かと。
あちこちで水枯れを起こして、
因果関係を認めず逃げ回ればそりゃ、
万が一の補助の確約がなきゃ工場なんて許可できないでしょ。
社長の何の根拠のない、
万が一は起きないなんて言葉信じて先に進めれば既成事実を与えるだけ
~~~~~~~~~~~~
もし、長崎新幹線で起きたような渇水が起きれば、
他の整備新幹線と違って、
リニアは完全な民間事業だから損失補償もしないし、
責任も取れないだろう。
ここは、工期が長引いても長野県を通るルートに変更すべき。

そして、長野県もう一駅作ればいいし、
地上を通る区間を長くすれば、景観も最高だね。
そもそもなんでメリットのない静岡を通すのか、
あまりに可哀想過ぎる。
~~~~~~~~~~~~~
JR側には、開業が遅れれば収益に影響するという焦りが感じられる。

この状況を打開するには、
静岡県が反対している理由は何か、
というを理解した上で対応を行う必要がある。
それに対する解決策が提示できれば、反対する理由がなくなる。

大井川流量減少によって、
どのような被害が生じるが、
その被害に対して、
JRが100%補償することを確約できれば、
反対理由はなくなる。
被害額がどれだけ巨額なものになるかは、
わからない。あるいは、想定された程度の被害が生じないかもしれない。
それは、やってみないとわからない。
被害がどれだけ大きなものになっても、
発生者負担の原則から、そのリスクをJR全面的に負うという覚悟が必要ではないか。
~~~~~~~~~~~~~
藤田氏は「ルート変更を考える必要はまったくない」と断言し

これが全てでしょ、
答えが出てないはずなのに、
すでに既定路線の結果をお話になられてしまった。
JRには有識者会議の答えが出るまでは本体工事をさせないし、
変更の指摘ある場合はそれに従わせるって・・・もう答え決まってんじゃん
国の有識者会は単なるパフォーマンス、
なし崩し的に事を勧めようとしていることがバレバレ。
~~~~~~~~~~~~~~~
こんな意見が飛び交っています、
この工事に関しては、知事の言っていることも間違いないでしょう、
もし安易に妥協して、工事を開始してもし何かあった時、
JRから100%保証の確約を取っておかなければ、
大井川下流の住民に対して、顔向けできないでしょう。
一生恨まれてしまいますよ。

ここまでくれば、JRが静岡県の立場に立って、
誠意をもって話をするしかないんじゃないですか?
山の中に水源があるのは間違いないでしょう。
トンネルをほったら、当たる可能性は十分ありますよね、
そうなった時はどうするのか?

自然を破壊することになるわけだから、
早く開業したい気持ちだけを全面に押し出して、
話をしても議論が交わることはない気がする。

静岡県知事が許可を出すように動きたくなるような、
話を持って行かない限りは工事は進まない気がします。

まとめ

★リニア中央新幹線、東京ー名古屋間を 40分で!
★リニア中央新幹線、きになる料金は?
予定では11,790円?
★工事は遅れそう(静岡県、建築許可出さず)
★開通前に一度は試乗してみましょう!
☆国交省事務次官と静岡県川勝知事が激論!

タイトルとURLをコピーしました