敬老 の 日 のメッセージ カード を子供と一緒に手作りしませんか?簡単でおしゃれな手作りカードをご紹介!

イベント情報
敬老の日は、是非おじいちゃん、おばあちゃんに手作りのメッセージカードを送りましょう。

去年はコロナ禍、敬老の日に合うのをためらった方も多かったのではないでしょうか?

今年はワクチン接種もすんでいる時期だと思います。

敬老の日には、お孫さんの元気な姿を見せてあげてください。

2021年敬老の日はいつ?

2021年の敬老の日は、9月20(月曜日)

18,19,20の3連休になります。

23日が秋分の日なので、もし21日、22日が有給でもとれるのなら、

6連休も取れますよ(^^)

祖父母が近くにいるのでしたら、気軽に会えるのでしょうけど、

離れていると、なにかきっかけがないと会えませんよね。

年に数回が良いところでしょう。

 

ましてや、去年はコロナ感染症で、

おじいちゃん、おばあちゃんに、

お孫さんの元気な姿を見せてあげることも、

できなかったのではないでしょうか?

 

今年の敬老の日には、元気な姿を見せてあげましょう。

それだけでも、大きなプレゼントになりますよ(^^)

敬老の日、プレゼントと一緒に、メッセージカードを添えましょう。

敬老の日にプレゼントを贈る際には、メッセージを添えるのもおすすめです。

プレゼントだけでもおじいちゃん、おばあちゃんへの思いは伝えられますが、

はっきりと言葉にすることで、気持ちがより一層伝わるでしょう。

 

ここでは、メッセージを書くときのマナーをご紹介します。

感謝の言葉を考える際の参考にしてください。

お孫さんと一緒に、一言添えましょう。

メッセージを添える際にはオリジナルのひと言を考えるのがベストですが、

一般的な感謝の言葉でも問題ありません。

プレゼントだけを贈るより、喜んでくれ。

敬老の日のプレゼントに添えるメッセージ例文

敬老の日の贈り物と一緒に、おじいちゃん、

おばあちゃんに手作りのメッセージカードはいかがでしょうか?

今回は孫から祖父母に贈るときや、子どもから両親へ贈るときのメッセージ文例を紹介します。

敬老の日おめでとう。
いろんな時代を知っているおじいちゃんおばあちゃんから、
またいろいろなことを教えてもらいたいです。

これからも長生きしてね。
おばあちゃんへ。敬老の日おめでとう。

いつもおしゃれで優しくて大好きです。
これからも元気でいてね。

 

おじいちゃんへ。敬老の日おめでとう。
これからもずっとげんきなおじいちゃんでいてね。

またいっぱい遊ぼうね。
敬老の日おめでとう。

 

お父さん、お母さん、日頃の感謝の気持ちを込めて選びました。
いつも本当にありがとうございます。近いうちにみんなで帰ります。

どうですか、こんな言葉のメッセージカードをプレゼントとと一緒に送ってあげませんか?

お孫さんが書いたメッセージカードが良いです(^^♪

子供の時の文字は、宝物です!その時にしかないですから、

子どもさんにメッセージカードの文字を書いてもらいましょう。

敬老の日に贈るプレゼント、みんなどんなものを送っているの?

オリジナル湯呑っていいかもしれませんね?

お孫さんの写真や、書いた絵を湯呑にプリントしてもらうとか、

他にない唯一無二のプレゼントになりますよ。

オリジナル湯呑はコチラをクリック

 

箸の贈り物ですね、これも良いかもしれませんが、

コンビニで売っている割りばしと、カラフルな色紙を使って箸袋をつくり、

プレゼントにする♪

お金をかけなくても、気持ちのこもったプレゼントになりますよ(^^)

 

こんな投稿もあります(^^♪

参考にして、自分のオリジナルを作ってみるのもいいですよ♪

オリジナルお守りも、作ってプレゼントしてみませんか?

どうですか?こんなお守りを敬老の日にプレゼントしてみたら。

右のお守りは「父の日のプレゼント」のお守りなんですが、

入れるメッセージを変えれば敬老の日にも使えます♪

 

プリントする写真はなんでもできるので、お気に入りを選んで作ってみませんか?

このオリジナルのお守りプレゼントもどこにもない、唯一無二の物になるので、

ホントに喜んでくれます(^^♪

是非作ってみてください。

詳細を知りたい方は下をクリック

オリジナルお守りWEB作成サービス【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】

まとめ

敬老の日にお孫さんのメッセージと、オリジナルのプレゼントを

してみませんか?というお話をしてきました。

お金をかけたプレゼントよりも、お孫さんの元気な姿を見せてあげるのが、

祖父母にとってはホントに嬉しいプレゼントです。

いくら今の高齢者が元気だと言っても、男女共に健康寿命は70代の前半から中頃です。

いつ何が起こるか分からない年代です。

一緒に過ごせる時間もどんどん残り少なくなってきます。

年に数回しか会えないのであれば、敬老の日はおじいちゃん、おばあちゃんが主役です!

是非お孫さんとの楽しい時間をプレゼントしてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました