• 本ページはプロモーションが含まれています

SASUKEが海外で人気沸騰の理由とは?世界を虜にする秘密を調査

イベント情報
日本発祥のSasukeがいまや全世界で大人気になっています。

なんとオリンピックにも登場するようないきおいです!

何故Sasukeが海外で人気沸騰したのか、世界を虜にする秘密について調べてみました。

SASUKEとは?海外での認知度と基本情報

「SASUKE」は、1997年からTBS系列で不定期に放送されているスポーツ・エンターテインメントの特別番組です12。参加者は特設されたフィールドアスレチックを、肉体を駆使してアクションゲームのようにクリアし、タイムを競います。

海外での認知度については、SASUKEは世界的に非常に人気があり、165の国と地域で放送されています。また、アメリカでは「American Ninja Warrior」という名前で放送され、大変な人気を博しています。さらに、現地制作は9カ国に拡大しており、その中にはマレーシアやシンガポールなどが含まれています。

この番組は、視聴者が参加し、様々な障害物をクリアしながら進むという形式を取っています。毎回100人が出場し、「1st」、「2nd」、「3rd」、「Final」の4つのステージに分かれた様々な障害物をアクションゲームのようにクリアしていきます7。途中で池に落下したり、池の水面に体の一部が着水したり、コースアウト・タイムアップになるとその場でリタイアとなります。

SASUKEの概要:日本発のアクションエンターテインメント

「SASUKE」は、1997年からTBS系列で不定期に放送されている視聴者参加型のスポーツエンターテインメント番組です。この番組は、全身のパワー・スピード・バランス・持久力など、ありとあらゆる能力が問われる4つのステージで構成されています。

参加者は、特設された壮大なセットを舞台に、アクションゲームのように各ステージをクリアしていきます。毎回100人が出場し、各ステージをクリアすることで次のステージに進むことができます。

また、「SASUKE」は、多くのドラマと伝説を生み出してきました5。例えば、「ミスターSASUKE」こと山田勝己さんや、史上2人目の完全制覇者である長野誠さんなど、多くの有名な参加者がいます。

海外での展開と現在の認知度

「SASUKE」は、日本発のスポーツエンターテインメント番組として、世界中で非常に高い認知度を持っています。

海外での展開:

「SASUKE」は、2000年から本格的な海外展開を始め、毎年「カンヌ国際見本市」などで積極的に展開しています。
世界165の国と地域で放送されており、現地制作は9カ国に拡大しています。
アメリカでは「American Ninja Warrior」という名前で放送され、大変な人気を博しています。最新シリーズは、約1ヶ月間で3都市(ロサンゼルス、ダラス、マイアミ)で予選を行い、決勝はラスベガスで行われ、約5600万人が視聴しました。
アジアでも「SASUKE」の人気が拡大しており、マレーシアとシンガポールで現地版が制作されています。
現在の認知度:

「SASUKE」は、日を追うごとに認知度も人気も世界的規模で拡がっています。
Facebookの“Ninja Warrior”ファンページは、すでに73万人以上のファンを獲得しています。
また、ツイッターやFacebookでは、連日のように世界各国からコメントがアップされており、多くの著名人からも「SASUKE」に関するさまざまなコメントが発せられています。
以上が「SASUKE」の海外での展開と現在の認知度についての詳細です。

SASUKEが海外で愛される5つの理由

「SASUKE」が海外で愛される理由は以下の5つが考えられます:

全世界的な放送:「SASUKE」は160カ国以上の国と地域で放送され、視聴者は全世界で10億人に達しています。

男女問わず人気:子供から大人まで、男女問わずに人気があります。特に、女性選手が初めて予選を完全制覇したことで、女性ファンも増えました。

挑戦者を応援する形式:「SASUKE」は勝者を決めるのではなく、挑戦者を応援する形式を取っています。これはオリンピックの精神に通じるものがあります。

日本的価値観:「SASUKE」は日本的価値観を世界に広める一方で、それが世界中の視聴者に受け入れられています。

忍者と筋肉の組み合わせ:特にアメリカでは、「忍者」と「筋肉」の組み合わせが非常に好評で、これが「American Ninja Warrior」の大ヒットにつながっています。

以上が「SASUKE」が海外で愛される理由です。他に何かご質問がありましたら、お気軽にどうぞ!

ユニバーサルな挑戦の魅力

sasukeは全世界的な人気を得ていますが、その秘密はユニバーサルな挑戦の魅力に尽きると思います。

「SASUKE」のユニバーサルな挑戦の魅力は以下のような点に集約されます:

シンプルかつ奥深い企画:「SASUKE」は、運動能力抜群・筋肉自慢たちが広大な敷地に設置されたアトラクションをこなしていくという、シンプルかつ奥の深い企画が幅広い層に人気となっています。

誰でも挑戦可能:個々のアトラクションはある程度の身体能力があれば誰でもできます。例えば、「反り立つ壁」は最初は誰もクリアできないと思われましたが、特定のやり方で挑戦すると、全員がクリアできるようになりました。

挑戦者の成長:「SASUKE」は挑戦者が成長する過程を描くことができます。毎回の挑戦で挑戦者は自己を超え、新たな可能性を見つけ出します。

多様な挑戦者:「SASUKE」には、プロのアスリートから一般の人々まで、さまざまなバックグラウンドを持つ挑戦者が参加します。これにより、視聴者は多様な挑戦者たちの挑戦を通じて、人間の可能性と挑戦の魅力を感じることができます。

ユニバーサルな挑戦:「SASUKE」は、陸海空、すべてを制さなければ、完全無欠とは言えません1。これは、どんな障害も乗り越えるというユニバーサルな挑戦の魅力を表しています。

圧倒的な難易度とドラマチックな展開

男女問わずに挑戦することができ、女性が予選通過したときは、感動の嵐でした。

「SASUKE」は、参加者が様々な障害物を乗り越えてゴールを目指すアスレチック番組で、その難易度は非常に高いとされています。以下に、その難易度とドラマチックな展開について詳しく説明します。

SASUKEの難易度
「SASUKE」の最終ステージは、時間制限内に一連の障害物をクリアすることが求められます。
これらの障害物は、過去の大会ごとに変更され、難易度が増しています。

以下に、いくつかのステージとその難易度について説明します。

1期(第1〜4回大会): 種目は綱登り(15m)で、高さは15m、制限時間は30秒です。

2期(第5〜17回大会): 種目はスパイダークライム(12.5m)と綱登り(10m)で、高さは22.5m、制限時間は30秒です。

3期(第18〜24回大会): 種目はヘブンリーラダー(13m)とGロープ(10m)で、高さは23m、制限時間は45秒(第18〜22回)、40秒(第23〜24回)です。

4期(第25〜27回大会): 種目はアルティメットロープクライム(20m)で、高さは20m、制限時間は40秒です。

5期(第29〜31回大会): 種目はスパイダークライム(12m)と綱登り(12m)で、高さは24m、制限時間は30秒です。

6期(第32〜38回大会): 種目はスパイダークライム(8m)、サーモンラダー15段(7m)、綱登り(12m)で、高さは25m、制限時間は45秒です。

7期(第39・40回大会): 種目はスピードクライミング(8.5m)、サーモンラダー15段(7m)、綱登り(10m)で、高さは25.5m、制限時間は45秒です。

SASUKEのドラマチックな展開
「SASUKE」は、参加者が各ステージをクリアし、最終ステージに挑むまでの過程がドラマチックに描かれます。

参加者たちが障害物を乗り越え、自己の限界を超えて挑戦する姿は、視聴者に感動を与えます。
また、参加者同士の競争や協力、そしてそれぞれの背景や人間ドラマも、番組の魅力の一部となっています。

個性豊かな出場者たちとそのバックストーリー

「SASUKE」は、様々なバックグラウンドを持つ個性豊かな出場者たちが集まることで知られています。以下に、いくつかの出場者とそのバックストーリーについて説明します。

森本裕介:幼いころから「SASUKE」の魅力に取りつかれ、その結果「サスケくん」というあだ名がつきました。彼は国立大学の大学院を修了し、システムエンジニアとして働く一方で、「SASUKE」にすべてを捧げ、2度の完全制覇を成し遂げました。

佐藤惇:高校生時代に3大会連続で1st STAGEを突破した経験を持つ選手で、「SASUKE新世代」として認知されています。

多田竜也と荒木直之:第36回大会で自身初の1st STAGEクリアを果たし、「森本世代」「サスケくん世代」という用語が用いられるようになりました。

長野誠の息子・塊王くんと山田勝己率いる山田軍団「黒虎」最年少の中島結太くん:2人の中学生が今年も揃って参戦し、レジェンドの遺伝子を継ぐ2人が「SASUKE」の新たな歴史の1ページを開く。

以上が「SASUKE」の出場者たちとそのバックストーリーについての情報です。

国際的なコミュニティとの交流

「SASUKE」は、世界165の国と地域でも放送され、現地制作は9カ国に拡大しています。これにより、「SASUKE」は国際的なコミュニティとの交流を持つことができています。

具体的な交流の形としては、各国からの参加者が日本で開催される「SASUKE」に挑戦することがあります。また、各国で独自に開催される「SASUKE」(例えば、アメリカの「American Ninja Warrior」)には、日本からの参加者も挑戦することがあります。

さらに、「SASUKE」のファンは世界中に広がっており、SNSを通じて情報交換を行ったり、応援メッセージを送ったりするなど、国際的なコミュニティとの交流が行われています。

以上が「SASUKE」の国際的なコミュニティとの交流についての情報です。

メディアやSNSを通じた情報の拡散

「SASUKE」は、その独自のスポーツエンターテイメントとしての魅力を活かし、メディアやSNSを通じて情報を広く拡散しています12。

メディアでの情報拡散
「SASUKE」は、テレビ放送を通じて広く認知されています。初回放送は1997年で、その後海外向けにも販売が検討され、2000年から本格的な海外セールスが始まりました。現在では、世界165の国と地域でも放送され、現地制作は9カ国に拡大しています。

SNSでの情報拡散
SNSは、「SASUKE」の情報拡散において重要な役割を果たしています。
例えば、選手の活躍などの情報がSNS上で拡散され、それが人気拡大に拍車をかけています。特に、選手のパフォーマンスや結果についての投稿は、一度バズると爆発的に情報が拡散されます。

SNSで情報を拡散させるためには、以下のような方法が有効です:

キャンペーンを実施する
インフルエンサーを起用する
ハッシュタグを活用する
口コミネタを投稿する
ユーザーがSNSを利用する時間帯に投稿する
以上が「SASUKE」のメディアやSNSを通じた情報の拡散についての情報です。

海外メディアにおけるSASUKEの評価

「SASUKE」は、海外メディアでも高い評価を受けています。以下に、その評価について詳しく説明します。

世界的な人気:「SASUKE」は、160ヶ国以上で放送され、そのうち25ヶ国では現地版が制作されています。

特にアメリカでは、現地版の「American Ninja Warrior」がシーズン14まで継続して放送中であり、「フォーマット販売」の世界的な成功例としてあまりにも有名です。

SNSでの反響:「SASUKE」の放送後、SNS上での反響は大きく、特に選手の活躍などの情報が拡散され、それが人気拡大に拍車をかけています。
例えば、ジェシー・グラフ選手が女性で初めて第2ステージをクリアした際の動画は、放送直後から再生回数が急増しました。

オリンピック競技種目への期待:「SASUKE」がオリンピックの競技種目に追加されることに対する海外メディアの反応は、驚きと興奮が混ざったものでした。

インターネット上でのコメントでは、パロディニュースと勘違いする人もいれば、オリンピックでのSASUKEの導入を楽しみにする声もありました。

以上が海外メディアにおける「SASUKE」の評価についての情報です

海外のテレビ番組や雑誌での取り上げ方

「SASUKE」は、海外のテレビ番組や雑誌でも注目されています。以下に、その取り上げ方について詳しく説明します。

テレビ番組での取り上げ方
アメリカ版「SASUKE」:「SASUKE」はアメリカで「American Ninja Warrior」という番組名で放送され、全米で大ヒットしています。視聴率は好調で、同時間帯ではあの人気ドラマ「24」最新作に勝利しています。

オーストラリア版「SASUKE」:オーストラリア版も早々に成功を収めています。オーストラリア全局全番組中、今年の年間視聴率トップ10のランキングの上位9位までを『SASUKE』の現地制作版『Australian Ninja Warrior』全9話が占めてしまいました。

雑誌での取り上げ方
「SASUKE」は、雑誌でも特集が組まれるなど、多くの注目を集めています。

例えば、「SASUKE公式BOOK」では、「ミスターSASUKE」山田勝己や完全制覇を成し遂げた4選手全員、SASUKE新世代、第8回大会ファイナリストのケイン・コスギや樽美酒研二(ゴールデンボンバー)など『SASUKE』に魅了されてきた男たちを独占ロングインタビューしています。

海外セレブリティやアスリートからの言及

「SASUKE」は、世界中で非常に人気があり、多くの海外セレブリティやアスリートからも言及されています。具体的な言及については、以下の情報があります。

アメリカ版「SASUKE」:「SASUKE」はアメリカで「American Ninja Warrior」という番組名で放送され、全米で大ヒットしています。

視聴率は好調で、同時間帯ではあの人気ドラマ「24」最新作に勝利しています。

また、ジェシー・グラフ選手が女性で初めて第3ステージに進出した動画が世界中にネット上で拡散されました。

オーストラリア版「SASUKE」:オーストラリア版も早々に成功を収めています。オーストラリア全局全番組中、今年の年間視聴率トップ10のランキングの上位9位までを『SASUKE』の現地制作版『Australian Ninja Warrior』全9話が占めてしまいました。

SNSでの反響:「SASUKE」の放送後、SNS上での反響は大きく、特に選手の活躍などの情報が拡散され、それが人気拡大に拍車をかけています。

例えば、ジェシー・グラフ選手が女性で初めて第2ステージをクリアした際の動画は、放送直後から再生回数が急増しました。

以上が「SASUKE」についての海外セレブリティやアスリートからの言及についての情報です

SASUKEの国際大会とその影響力

「SASUKE」は、その独自のスポーツエンターテイメントとしての魅力を活かし、国際的な影響力を持っています。

国際大会
「SASUKE」は、史上初となる多国籍間の国際大会『SASUKE ASEAN OPEN CUP 2014 (SAOC:サスケ・アセアン・オープン・カップ)』を開催しました。
この大会はマレーシアで開催され、各国からの参加者が「SASUKE」に挑戦しました。

オリンピック競技への採用
さらに、「SASUKE」は2028年のロサンゼルスオリンピックで実施競技として採用されました12。これは「SASUKE」を基に考案された障害物レースが、近代五種の新種目として採用されたもので、これにより「SASUKE」の影響力はさらに広がりました。

影響力
「SASUKE」は、世界165の国と地域でも放送され、現地制作は9カ国に拡大しています。

また、選手の活躍や結果についての情報がSNS上で拡散され、それが人気拡大に拍車をかけています4。特に、選手のパフォーマンスや結果についての投稿は、一度バズると爆発的に情報が拡散されます。

各国代表選手と国際交流の深まり

各国代表選手
「SASUKE」には、各国からの代表選手が参加しています。
例えば、アメリカ大会の完全制覇者であるダニエル・ギルや、ドイツ大会の完全制覇者であり、本家「SASUKE2019」第37回大会のファイナリストでもあるレネ・キャスリーが参戦しています。
また、オーストラリア版「SASUKE」では、オーストラリアの代表選手が参加しています。

国際交流の深まり
「SASUKE」は、史上初となる多国籍間の国際大会『SASUKE ASEAN OPEN CUP 2014 (SAOC:サスケ・アセアン・オープン・カップ)』を開催しました。

この大会はマレーシアで開催され、各国からの参加者が「SASUKE」に挑戦しました。

また、近代五種ワールドカップ・ファイナルの後に最初のテスト大会が行われ、『SASUKE~Ninja Warrior~』の番組セットを使用することがUIPMとWorld Obstacleの要請を受けたTBSが、大会に協力することで合意しました。

今後のSASUKE:海外でのさらなる展開

今後の海外でのさらなる展開について詳しく説明します。

北欧を除く欧州での展開:TBSはMIPTVに合わせ、「SASUKE」の北欧を除く欧州でのテレビ権と番組フォーマット販売を委託すると発表しました。

電通は子会社である欧州最大の広告代理店である電通イージス・ネットワークを通じて欧州全土で営業をかけていく予定です。

ベトナムVTVでの制作:「SASUKE」の現地版制作は、先行しているアジア(マレーシア、シンガポール)やアメリカに続き、ベトナムVTVでの制作も発表されています。

イギリスITVでの放送:また、イギリスITVで4月から放送がスタートする予定です。

海外での新たな展開と予定されるイベント

海外での新たな展開と予定されるイベントについて詳しく説明します。

米版『SASUKE』の人気拡大:米版『SASUKE』(現地タイトル:『Ninja Warrior』)は、新たに4ヶ国増え、これまでに累計157ヶ国・地域で放送されており、販売先はアジア、欧米各国をはじめ、旧共産圏やアフリカ、中東、中南米諸国など世界5大陸に及んでいます。
また、現地版が制作されたマレーシアやシンガポールでは、既に『SASUKE』関連のイベントが何度も行われています。

「SASUKE甲子園2023」の開催:「SASUKE甲子園2023」は、高校生を対象にした「SASUKE」の大会で、各校の高校生3人が1チームとなり、ステージごとに“SASUKE能力”を競います。
優勝校には、SASUKE第41回大会の出場権が優勝チーム3人全員に与えられます。

「夏SASUKE2023」の開催:「夏SASUKE2023」は、7月29日(土)から8月20日(日)まで赤坂サカスで開催されました。

グローバルなブランドとしてのSASUKEの未来

「SASUKE」は、その独自のスポーツエンターテイメントとしての魅力を活かし、国際的な影響力を持っています。以下に、その未来について詳しく説明します。

北欧を除く欧州での展開:TBSはMIPTVに合わせ、「SASUKE」の北欧を除く欧州でのテレビ権と番組フォーマット販売を委託すると発表しました。
電通は子会社である欧州最大の広告代理店である電通イージス・ネットワークを通じて欧州全土で営業をかけていく予定です。

ベトナムVTVでの制作:「SASUKE」の現地版制作は、先行しているアジア(マレーシア、シンガポール)やアメリカに続き、ベトナムVTVでの制作も発表されています。

イギリスITVでの放送:また、イギリスITVで4月から放送がスタートする予定です。

新企画の開始:「SASUKE」は、新たな企画を開始し、未来のスターを育成するための悩み相談室を設けました。これにより、「SASUKE」は新たなステージに進出しています。

まとめ:SASUKEが世界を魅了する理由とその未来

「SASUKE」が世界を魅了する理由はいくつかあります。

全世界での放送:「SASUKE」は160カ国以上の国と地域で放送され、視聴者は全世界で10億人に上ります。

男女問わず人気:子供から大人まで、男女問わず人気があります3。特に、女性選手が初めて予選を完全制覇したことで、女性ファンも増え、家族で安心して視聴できる番組となりました。

挑戦者を応援する形式:「SASUKE」は勝者を決めるのではなく、挑戦者を応援する形式を取っています。
これはオリンピックの精神に通じるもので、視聴者も参加者も応援することを楽しみ、思わずそれを人に伝えたくなる雰囲気を作り出しています。
「SASUKE」の未来については、以下のような展開が予想されます。

新企画の開始:「SASUKE」は新たな企画を開始し、未来のスターを育成するための悩み相談室を設けました。
メタバース空間での体験ブース:「SASUKE」の体験ブースがメタバース空間で開設され、新たな体験が提供される予定です。
予選会の配信:「SASUKE」の予選会の模様は、民放公式テレビ配信サービスで配信され、次世代を担う未来のスター誕生の瞬間が視聴できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました