づとずの使い方迷うことないですか?ちょっと迷った時に、簡単に判断できる決まり事を解説。

雑学
の仮名遣い、ふと迷うことないですか?

あなたが迷った時に、二つの決まり事を思い出しましょう。

これさえ覚えておけば万全だよ!では解説しますね♪

同音連呼の場合は「づ」と「ぢ」を使う!

これが最初の決まり事です。

同音連呼ってなに?

と思ったあなた、次のような言葉ですよ。

次の漢字を平仮名にしてみましょう。

★つが連呼する言葉

〇続く・・・・・つづく

〇鼓・・・・・・つづら

〇綴る・・・・・つづる

〇約める・・・・つづめる

つの次につの濁音が続いた時は「づ」を使うと覚えておきましょう。

★ちが連呼する言葉

縮・・・・・ちぢみ/ちぢむ/ちぢれる/ちぢこまる

ちの次にちの濁音が続いた時は「ぢ」を使うと覚えておきましょう。

 

さぁもう一度確認しましょう。

この言葉で連呼する時は、づとぢにする!

どうですか?これで一つ目の決まりは分かりましたか?

もう一つの決まり事も覚えておきましょう。

2語の連合で出来る言葉は「づ」「ぢ」を使う

2語の連合ってなに?て思ったあなた。

次のような言葉ですね(^^)

〇竹筒(竹+筒)・・・・・・たけ

たけつではないといういことです。

つの2語の連合の言葉の例文

三日月(三日+月)・・・みか

手綱(手+綱)・・・・・た

手作り(手+作り)・・・てくり

心尽(心+尽)・・・・・こころくし

片付け(片+付け)・・・・かたける

このように2語で作られていて、2語目につで始まる言葉がくる場合は、

を使うということです。

ちの2語の連合の言葉の例文

★鼻血(鼻+血)・・・・・・・・はな

★底力(底+力)・・・・・・・・そこから

★入れ知恵(入れ+知恵)・・・・いれ

★間近(間+近)・・・・・・・・ま

このように2語でできている言葉でちが絡むときは、

を使うということで、ではないということです。

づとぢの仮名使いは二つの決まり事さえ覚えておけば、

間違えることはないです。

2語に分解しにくい言葉は「づ、ず」「ぢ、じ」どれ?

さぁ2語に分解できにくい言葉ってありますよね。

例えば、

〇世界中という言葉、これは「せかいじゅう」どれとも「せかいぢゅう」

〇稲妻という漢字は無理した別ければ「稲と妻」になりますけど、

本来の意味と違ってきます。

では「いなずま」が正しいのか?それとも「いなづま」

このような場合は基本的には「じ」「ず」

を使うのですが、「ぢ」「づ」でも間違いではないと、

どちらを使っても正しいんですといういことです。

「現代仮名遣い」(昭和61年 内閣訓令・告示 全文は下記URL内)に記してあります。

2語に分解しにくい言葉の例文

せかいじゅう(世界中)・いなずま(稲妻)

かたず(固唾)・ きずな(絆*)

さかずき(杯) ・ときわず ・ほおずき

みみずく・うなずく ・おとずれる(訪)

かしずく ・つまずく・ ぬかずく・ ひざまずく

あせみず・ さしずめ・ でずっぱり・ なかんずく

うでずく ・くろずくめ ・ひとりずつ

ゆうずう(融通)

上記の言葉はずとじを使っていますが、づとぢでも良いということです。

これは重要なことで、子どもが世界中の仮名文字で

「せかいじゅう」「せかいぢゅう」どちらも正解ということです。

「いなずま」でも「いなづま」でも正解ということです。

小学校の先生が間違っていることもありますから(*_*;

しっかり覚えておきましょう。

音読みでもともと濁っている言葉は「じ」「ず」

漢字の音読みでもともと濁っている文字

地・図などは「じ」「ず」をつかいます。

仮名遣いで「ぢ」「づ」は使いません。

例えば次のような言葉の時です

じめん(地面)・ ぬのじ(布地)

ずが(図画)・ りゃくず(略図

以上の4つの決まりを覚えておけば、「づ・ず」「ぢ・じ」の

使い方で迷うことはないですよ。

まとめ

「づとず 」「ぢとじ」の使い方について解説してきました。

①同音連呼の時

②二語の連合の時の使い分け。

③二語に分解しにくい言葉の時、「づとず」「ぢとじ」の使い方。

④音読みでもともと濁音の時の「づとず」「ぢとじ」の使い方。

それぞれに決まりがありますので、基本的なことを覚えれば迷うこともなくなります。

子供にも分かりやすく教えてあげてください。

 

タイトルとURLをコピーしました