知らないと恥をかく焼香のマナーとは?焼香のやり方3種類ご紹介!

生活お役立ち情報

~~~~~~~~~~~~~~
あなたはご存知ですか?焼香マナーって、知ってるようで知らない、
あるいは勘違いしていた?
そんなあるあるをご紹介します。
~~~~~~~~~~~~~

焼香のやり方

焼香のやり方は、
基本的には右手の親指・人差し指・中指の3本で、
抹香(まっこう)をつまみ、
目の高さまで持ち上げます。
そして指をこすりながら香炉の中に落とします。
これを1~3回行います。

焼香には3種類あります。
「立礼焼香(りつれいしょうこう)」

「座礼焼香(ざれいしょうこう)」

「回し焼香(まわししょうこう)」

これは葬儀式場の規模や様式によって、
焼香のやり方が異なります。

立礼焼香(りつれいしょうこう)とは?

立礼焼香は、椅子席の式場で行われることが多いです。

①焼香の順番がきたら、祭壇に進み、遺族に一礼します。

②焼香台の一歩手前まで歩き、遺族や祭壇を見て一礼(または合掌)します。

③宗派ごとの作法に従って、抹香(まっこう)をつまみます。

④抹香を香炉の中へ落とします。

⑤宗派ごとの作法に従って、1~3回繰り返します。

⑥改めて遺影に向かって合掌し、一礼します。

⑦遺影の方を向いたまま、二、三歩下がり遺族に一礼し、席に戻ります。

座礼焼香(ざれいしょうこう)とは?

座礼焼香は、畳敷きの式場で行われます。
順序は立礼焼香と同じですが、
まっすぐ立たず、移動の際は腰を落とし、
焼香の際は正座します。


①焼香の順番が来たら前に進み、焼香台の手前で座って、遺族に一礼します。

②仏壇(祭壇)の遺影に向かって一礼します。

③その後、立ち上がらずに膝で焼香台まで寄り合掌します。

④宗派ごとの作法に従って、抹香をつまみます。

⑤抹香を香炉の中へ落とします。

⑥宗派ごとの作法に従って、1~3回繰り返します。

⑦焼香が済んだら合掌をします。

⑧仏壇(祭壇)前から下がり、遺族に一礼してから立ち上がって戻ります。

(注)移動の際は中腰で決して立ち上がらない。

回し焼香(まわししょうこう)とは?

回し焼香は、会場が狭い場合などに行われます。
自分で向かうのではなく焼香炉を回し
、受け取った焼香炉を自分の前に置き、
焼香が終われば隣の人に回します。

①香炉が回ってきたら、軽く礼をして受け取ります。

②香炉を自分の前に置き、仏壇(祭壇)に向かって合掌します。

③宗派ごとの作法に従って、抹香をつまみます。

④宗派ごとの作法に従って、1~3回繰り返します。

⑤合掌してから一礼します。

⑥次の人に香炉を回します。

椅子席の場合は自分の膝の上にのせましょう。
さて焼香の基本的な動作はお分かりになったと思います。
宗派によってどんな違いがあるのでしょうか?

宗派による焼香の違いは?


~~~~~~~~~~~~~~
★天台宗・・・抹香3回

★真言宗・・・抹香3回

★浄土宗・・・線香/抹香とくに決まりはないです。

★浄土真宗本願寺派・・抹香/押しいただかずに1回

★浄土真宗大谷派・・・抹香/押しいただかずに2回

★臨済宗・・・抹香2回/1回目は押しいただき、
2回目はそのまま落とします。

★曹洞宗・・・抹香2回/1回目は押しいただき、
2回目はそのまま落とします。

★日蓮宗・・・抹香とくに決まりはないが、
3回がほとんどです。

※押し頂くとは、つまんだ抹香を額の高さまでかかげることです。
~~~~~~~~~~~~~~~
これで基本的な焼香のマナーはご理解いただけたと思います。
基本的なことなので、しっかり身につけましょう。

タイトルとURLをコピーしました