喪中はがきはいつ出せばいい?書き方のルールとマナー、例文をご紹介します。

生活お役立ち情報
喪中はがきとは「年賀状は出しません」ということを知らせる年賀欠礼の挨拶状です。

しかし、喪中はがきを出したいけれど、出す時期や書き方が分からず、

困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

喪中はがきは、決められたルールとマナーさえ守って書けば、簡単に書くことができます。

この記事では、書き方の基本のマナー、実際に使うことができる文例、および最後に喪中はがきをもらった場合の対応方法についてご紹介します。

 

知って安心!喪中はがきのマナー

喪中はがきを出すといっても、喪中はがきの基本すら知らないという方もいらっしゃるでしょう。

そこでここかからは、喪中はがきを送る目的、投函時期、

喪に服する範囲や喪中はがきを送るべき相手といった、

喪中はがきの基礎知識をお話していきますね。

喪中はがきの役割は?:新年の挨拶を控える旨を伝えることです。

喪中はがきは、正式には「年賀欠礼挨拶状」といいます。

喪中はがきを送る目的は、「不幸があり新年を祝うような気持ちになれないため、

年始のご挨拶を控えます」という旨を事前に伝えるためです。

また、現在では家族葬が盛んなことから、

遠方の知人に身内が亡くなったことを知らせる意味も持っています。

喪中はがきについて

喪中はがきは1年以内に近親者に不幸があった場合、
故人に対する生前の厚誼への感謝を示すことと、喪に服していますので、

慶びの年始挨拶や年賀状を送ることを控えさせていただきます(年賀欠礼)
ということを前もって年賀状をいただきそうな相手にお知らせる挨拶状です。

 

元々は神道の穢れの考えや儒教の影響などで定められた「服喪」という儀礼に、
仏教の回忌の考え方なども加わり生まれた風習です。

 

しかし、最近では宗教的な儀礼としての意味より、
故人への愛情・感謝の気持ち、
また、故人を失ったことの悲しみの表現の側面が強くなってきているようです。

喪中ハガキを出す親族の範囲

年末年始の年賀状の準備を行う頃に、
故人の近親者が報告と併せて、
年賀の挨拶を辞退することを記したはがきが届くことがあります。

このはがきは、「喪中はがき」や「年賀状欠礼はがき」と呼ばれます。

はがきを出す親族の範囲については、地域や時代によっても違いがありますが、
一般的には自分から見て2親等までだといわれています。

 

1親等は、自分の両親や子ども、2親等は兄弟や祖父母、孫です。

 

また、法律上では親族の範囲は3親等までとなっており、
親の兄弟や、姪や甥、曽祖父母、曽孫が該当します。

 

3親等でも同居していたなどの交流が深かった場合は、
喪中であることを伝えるケースもあります。

 

本人が結婚している場合は、配偶者側の親族である2親等以内も、
はがきを出す範囲になります。

 

逆に、喪中はがきを出す相手側の範囲については、
通常年賀状のやりとりをしている人の全てが範囲に該当します。

 

故人とはまったく関係がない個人的な知り合いや、仕事上の同僚や上司、
取引先なども含まれています。

喪中はがきを出すタイミングについて

喪に服していることを知らせるタイミングとしては、
通常年賀状の準備をはじめる前に届けるのがマナーだといわれています。

年賀状を作成したり、投函した後に家族の不幸を知らせると、
相手側に気を遣わせてしまうためです。

年賀状の作成に取りかかる時期を見越して、12月上旬までに届けるのがマナーです。
そのため、喪中はがきの準備に取りかかるのは11月中になります。

 

しかし、亡くなった時期によっては、葬式や四十九日などの準備で忙しく、
喪中はがきを出すのが遅れ、相手側がすでに年賀状を投函してしまい、
行き違いになることもあります。

 

喪中はがきを出した後に年賀状を頂いた場合は、
喪中のために欠礼した事情を書き添えた寒中見舞いを
出すようにします。

 

また、喪中はがきで初めて近親者の不幸があったことを知った場合は、
喪中見舞いはがきを出すのがマナ
ーです。

 

喪中見舞いには、喪中はがきのお礼と、
近親者を亡くした家族を慰める文章を書き添えるのがよいでしょう。

喪中ハガキを出すべき相手は、年賀状をやりとりしている相手

喪中はがきは、「身内に不幸があったため、年賀状を送るのを遠慮する」

という年賀欠礼の挨拶をすることが目的の挨拶状のため、

基本的には普段年賀状のやり取りをしている相手に出します。

 

年賀状のやり取りをしていなくても、

故人の友人関係やお葬式に来られなかった方にもお送りした方が良いでしょう。

また、お葬式に来ていただいた方に感謝を伝える意味で喪中はがきを送ると、

より丁寧な印象を与えられます。

 

なお、最近では公私を分けるという考えから、

仕事関係者へは喪中はがきを出さず、

例年通り年賀状を出す場合や、

故人と面識のない知人にも例年通り年賀状を出す場合もあるようです。

喪中はがきの書き方とポイント

一見難しそうに見える喪中はがきですが、

基本構成や気を付けるべきポイントさえしっかりおさえておけば、

誰でも簡単に書けるようになります。

ここでは、喪中はがきの基本構成をご紹介した上で、以下の4つのポイントについて解説します。

1,喪中はがきに使う切手とはがき

2,時候の挨拶や頭語、結語は

3,句読点

4,私信の内容

喪中はがきの構成を知ろう!

喪中はがきに書くべき基本的な内容は以下の通りです。
必要でない項目は記載しなくても構いません。
①喪中を知らせる文言

②誰がいつ何歳で亡くなったか

③感謝の言葉

④結びの言葉(新年の挨拶や寒さによる健康を気遣う言葉)

⑤日付

⑥差出人の情報

なお、喪中はがきの向きには決まりはありませんが、

儀礼的な改まった挨拶状のため、

伝統的な縦書きにしておくのが無難です。

また、文字の色は黒でも薄墨でも良いとされていますが、

一般的には薄墨が使われることが多いようです。

喪中はがきに使うはがきや切手は気を付けて選ぼう!

喪中はがきを出す際は、官製はがきを使う場合と、

私製はがきに切手を貼って出す場合の2パターンがあります。

それぞれ使用するはがきと切手にもマナーがあるので、

選ぶ際には気を付けましょう。

 

喪中用の切手やはがきは、全国の郵便局で購入することができます。

コンビニエンスストアでも取り扱いはありますが、

取り扱いのない店舗の方が多いので、郵便局での購入をおすすめします。

官製はがきで出す場合

この場合、料額印面に胡蝶蘭が印刷されているはがきを選びます。

真っ白な胡蝶蘭は、お悔やみの場面にもよく贈られている花です。

私製はがきに切手を貼って出す場合

切手には慶弔用切手というものがあります。

慶弔用切手とは、慶事や弔事の際に用いる専用の切手のことです。

それぞれのシーンにふさわしい絵柄がデザインされており、

一般的に慶事や弔事の際は、慶弔用の切手を用いるのがマナーとされています。

喪中はがきの場合は、「弔事用62円普通切手花文様」を利用しましょう。

時候の挨拶や頭語、結語は入れないようにしよう!

手紙は一般的に、「拝啓」「敬具」といった頭語で始まり,

結語で終わるという決まりがありますが、

喪中はがきの場合、頭語と結語は不要です。

 

また、時候の挨拶は手紙の前文で頭語に続く書き出しの言葉ですが、

こちらも喪中はがきの場合は不要です。

 

その代わり、喪中はがきでは喪中を知らせる文言で書き出し、

年賀欠礼の旨を伝えます。

 

その際、「年賀」といったお祝いを祝福するという意味の「賀」の使用は避け、

「年始・年頭・新年」などの言葉を使用しましょう。

「年賀」以外にも、おめでたい言葉の使用は避けるようにしましょう。

句読点は使わないようにしましょう。

元来日本では、文中に句読点を入れるという習慣はありませんでした。

識字率の上昇に伴い、句読点があった方が読みやすいだろうという観点から広まった経緯があるため、句読点を付けることは、

「読みやすいように句読点をつけてあげる」といった、

やや上から目線な意味合いが含まれてしまいます。

このことから、喪中はがきに限らず、一般的な挨拶状では、通常句読点を使いません。

私信など個人と関係ない添え書きは控えましょう。

現在の喪中はがきは印刷が主流なので、

そのまま送ると味気ないのではと思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

そういった場合、葬儀参列やお世話になったお礼など、

故人から離れない内容であれば、一言メッセージを添えても問題ありません。

ただし、出産や結婚といった慶事の報告や遊びのお誘いなど、

故人と全く関係のない内容は控え、

松の内を過ぎてから寒中見舞いとして別途連絡するようにしましょう。

喪中はがきに使える便利な文例をご紹介

ここでは喪中はがきで使える文例をいくつかご紹介します。

☑故人名、続柄なし文例

☑故人名、続柄有りの文例

☑病気療養中で亡くなった場合の文例

☑急なご不幸を伝える文例

☑故人が複数名の文例

☑家族葬を執り行ったことを伝える文例

上記に加え、一言メッセージを添える場合の文例も併せてご紹介します。

喪中はがき文例

<故人名、続柄なし文例>

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます

本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに

明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

寒さに向かう折から皆様のご健勝をお祈り申し上げます

<故人名、続柄有りの文例①>

喪中につき年末年始のご挨拶を慎んでご遠慮申し上げます

本年〇月 祖母〇〇が〇〇歳にて永眠いたしました

長年にわたるご厚情に心から御礼申し上げます

明年も変わらぬご厚誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます

<病気療養中で亡くなった場合の文例>

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます

かねてより病気療養中の岳父〇〇が本年〇月に〇〇歳にて永眠いたしました

ここに本年中に賜りましたご厚情に感謝いたしますとともに

皆様に良き年が訪れますようお祈り申し上げます

<急なご不幸を伝える文例>

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます

本年〇月に父〇〇が急逝いたしました

生前に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに

明年も変わらぬご厚誼のほど謹んでお願い申し上げます

<故人が複数名の文例>

喪中につき年末年始のご挨拶を慎んでご遠慮申し上げます

本年〇月 父〇〇が〇〇歳にて永眠いたしました

本年〇月 母〇〇が〇〇歳にて永眠いたしました

生前のご厚誼を深く感謝申し上げます

なお時節柄一層のご自愛のほどお祈り申し上げます

<家族葬を執り行ったことを伝える文例①>

喪中につき年末年始のご挨拶を慎んでご遠慮申し上げます

去る〇月 母〇〇が天寿を全ういたしました

早速お知らせすべきところでしたが 故人のたっての願いでしたので

葬儀は近親者にて執り行いました

通知が遅れましたこと深くお詫び申し上げます

生前賜りましたご厚誼に深く感謝いたします

<家族葬を執り行ったことを伝える文例②香典を辞退>

喪中につき年末年始のご挨拶を慎んでご遠慮申し上げます

去る〇月に父〇〇が永眠いたしました

葬儀におきましては 故人の生前の意志により

誠に勝手ながら家族のみにて執り行いました

本来ならば早速申し上げるべき処でございましたがご通知が遅れましたことをお赦しください

尚 お供えやご香典につきましてはご辞退させて いただきたくお願い申し上げます

生前中賜りましたご厚誼に心より御礼申し上げ

失礼ながら 書中をもってお知らせ申し上げます

添え書き文例

☑葬儀の際はお世話になり ありがとうございました

☑生前は〇〇がお世話になり ありがとうございました

☑まだまだ寒さが続きます くれぐれもご自愛ください

☑皆様に良き年が訪れますようお祈り申し上げます

喪中はがきを受け取った場合の対処法

喪中はがきを受け取った場合に、どのように対応すれば良いか迷う場面もあるでしょう。

返事を必ず出す必要はありませんが、

悲しみの中にいる遺族を思いやる内容の返事が届けば、

遺族も少しは慰められることでしょう。

そこでここでは、喪中はがきを受け取った場合の対処方法について、

以下のパターンに分けて文例とともにご紹介します。

☑喪中はがきで訃報を知った場合

☑既に訃報を知っていた場合

☑既に年賀状を出していた場合

喪中はがきの準備が遅くなってしまった場合の対処法

年末に不幸があったなどの理由から、

12月中旬以降に先方に喪中はがきが届いてしまうと、

先方が既に年賀状を投函していた場合に気を遣わせてしまう可能性があります。

そこで、12月上旬までに喪中はがきを届けることが難しい場合は、

寒中見舞いを出すことをおすすめします。

寒中見舞いとは、寒さの厳しい時期に相手を気遣う季節の挨拶状です。

1月8日から2月3日頃までに投函し、立春(2月4日)までに届くように手配しましょう。

2月4日以降になる場合は、余寒見舞いに切り替わります。

以下で文例を2つご紹介します。

服喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきました

寒さ厳しい折柄一層ご自愛のほどお祈り申し上げます

寒さ厳しき折皆様お変わりございませんか

服喪中のため年始のご挨拶を差し控えさせていただきました

ご通知が遅くなりましたことをお詫び申し上げます

今年も何卒よろしくお願いいたします



まとめ

今回は、喪中はがきを出す時期や目的といった基礎知識から、

書き方のルール、文例をご紹介し、

喪中はがきを受け取った場合や準備が遅れてしまった場合の対処法についても解説しました。

喪中はがきの基本マナーを正しく理解して準備することで、

こちらの思いや感謝の気持ちを相手にきちんと伝えられるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました