• 本ページはプロモーションが含まれています

スーパーロピア社長・高木勇輔氏、2代目を継いでから売り上げを4倍にした辣腕経営者!

話題
高木勇輔さんは、スーパーマーケット事業を展開する株式会社ロピアの2代目社長です。
彼は、2013年に社長に就任してから、会社の売上を501億円から2,068億円へと4倍に増やすなど、
その経営能力は非常に高いと評価されています。

ロピア社長・高木勇輔氏学歴、年収

彼の学歴は慶応義塾大学経済学部卒で、高校は慶応付属の可能性が高いとされています。
また、彼の年収は、5000万円〜1億円程度と予想されています。

高木勇輔さんは、趣味のゴルフが非常に上手で、その腕前は一流と言われています。
また、過去に一度結婚し、離婚を経験しており、現在は2人の子供がいます。

彼は、フリーアナウンサーの加藤綾子さんと結婚し、話題になりました。
彼らの出会いは2020年の秋で、最初から結婚前提の付き合いだったと言われています。

ロピアの歴史

ロピアは、神奈川県藤沢市で精肉店として創業し、現在は本社を神奈川県川崎市幸区に置いています。
2011年に株式会社ユータカラヤから株式会社ロピアに社名変更しました。

ロピアは、「食生活♥♥ロピア」をモットーに、ロープライスのユートピアを作ることを目標にしていて、主に東京や神奈川を中心にスーパーマーケット『ロピア』を経営しています。

関東地方及び中部・近畿・九州・東北地方の1都2府10県でスーパーマーケットを展開中です。

また、食肉専門店の運営や手造りハム・ソーセージ等の製造販売、食品の輸入貿易なども事業としています。

その他、独自のプライベートブランド商品を自社開発しており、飲料や調味料などのストアブランドも取り扱っています。

高木勇輔社長の経営のもと、ロピアは急速に店舗を増やし、スーパーマーケット業界では売り上げ順位2位にまで躍進しました。

ここまで、消費者に支持される理由はなんなのでしょうか?

 

ロピアの人気の理由

ロピアが他のスーパーマーケットより人気がある理由は以下の通りです:

1.価格訴求:ロピアは「ロープライス」の「ユートピア」を作ることをモットーにしています。
そのため、商品の価格が非常に安いことが一つの大きな魅力です。

2.商品の種類と品質:ロピアは元々精肉店として創業したため、肉製品の品質には特にこだわりがあり、商品の種類も豊富で、生鮮食品から加工食品、スイーツまで幅広く取り扱っています。

3.自社製品:ロピアは自社で商品を開発し、それらを低価格で提供しており、
これにより、高品質な商品を安価で提供することが可能となっています。

4.大容量商品:ロピアは大容量の商品を多く取り扱っており、そのボリューム感が消費者に圧倒的に支持されています。

5.地域密着型:ロピアは地域密着型のスーパーマーケットであり、その地域性が消費者からの信頼を得ているようです。

以上の理由から、ロピアは他のスーパーマーケットよりも消費者に人気があるようです。

ロピアって良いな~♪

家の近くにないので残念だけど、

出かけた時には必ず寄ってる(^^♪

テレビでも特集されるほど人気になっているロピアですが、

その歴史はどうなのでしょう。

ロピアの歴史

ロピアの歴史は以下の通りです:

1971年:神奈川県藤沢市で精肉専門店「肉の宝屋藤沢店」を創業。

1972年:有限会社肉の宝屋中川畜産を設立。

1976年:チェーン展開を開始。

1994年:港北ニュータウン(横浜市都筑区)中川店でスーパーマーケット事業に参入。

1996年:有限会社肉の宝屋から株式会社ユータカラヤに社名・組織変更。

1997年:新業態「新鮮大売りユータカラヤ」を出店。

2009年:新業態として「ロピア 綾瀬店」(神奈川県綾瀬市)を出店。

2011年:株式会社ユータカラヤから株式会社ロピアに社名変更。

2012年:ららぽーとTOKYO-BAY 西館改築と同時に「ロピアららぽーとTOKYO-BAY店」を出店し、千葉県に進出。

ロピアは、「食生活♥♥ロピア」をモットーに、ロープライスのユートピアを作ることを目標にしています。

また、食肉専門店の運営や手造りハム・ソーセージ等の製造販売、食品の輸入貿易なども事業内容としているんです、そのようなところが強みなのでしょう。

その他、独自のプライベートブランド商品を自社開発しており、飲料や調味料などのストアブランドも取り扱っているので、他社との差別化ができているのでしょう。

ロピアはいま全国展開しており、各地にどんどん出店してきています。

ロピアの出店場所と店舗数

ロピアは現在、関東地方及び中部・近畿・九州・東北地方の1都2府10県でスーパーマーケットを展開しています。
また、神奈川県内で食肉専門店を展開しており、一般的なスーパーマーケットとの同質化競争を避け、精肉を中心とした生鮮食品部門に特に力を入れています。

ロピアは、2023年11月10日時点で、関東地方1都4県及び中部・近畿地方2府4県と福岡県と宮城県、
日本国外では台湾と合計で84店舗を展開しています。

ロピアの商品アイテム

ロピアでは、さまざまな商品を取り扱っています。以下にいくつかの例を挙げます:

●肉加工品:自社製シリーズ
●寿司:魚萬
●惣菜:肉十八番
●パン:7/7 (シュウナナ)
●調味料やジャムなど:Takei’s Farm
●乾物系:武井商店
●輸入品:Paone
●スイーツ:La fleurie

また、スイーツ商品については、「プチシリーズ」「季節&企画商品シリーズ」「絹ごしシリーズ」「ハンディシリーズ」の4つのシリーズをラインナップしています。

さらに、人気商品としては、ビッグサイズの肉や総菜、スイーツが所狭しと並んでおり、特に「モンスターバーガー」や「照焼チキンピザ」などが話題となっています。

これらの商品は、ロピアの各店舗で取り扱っています。ただし、取り扱い商品は店舗により異なる場合がありますので、詳細は各店舗にお問い合わせください。

ロピアの今後の展開予定

ロピアの今後の展開予定は以下の通りです。

  • 台湾:ロピアは台湾での出店を予定しており、これが海外初出店となります。自社生産の加工肉やプライベートブランド商品などを品揃えするほか、生鮮食材を使ったイートイン型の飲食業態「肉処 肉源」「日本橋 魚萬」を展開する予定です。
  • 台北市と高尾市:2024年度には台北市や高尾市への出店も予定しています。
  • 九州・東北エリア:今年に入り、九州、東北エリアに進出しました。また、九州エリアには年内に早くも4店舗目が出店予定です。

2代目社長の高木勇輔さんを先頭にロピアの勢いはまだまだ続きそうです。

私の地域にはまだ店舗がないのですが、出店してくれたら嬉しいな、なんて思っています。

まとめ

スーパーロピア社長、高木勇輔氏の略歴と、ロピアの歴史、展開予定などについて、

お話してきました。

躍進を続けるロピア、人気の秘密がありました。

その仕掛人が高木勇輔氏なのでしょうか、これからのロピアの展開を楽しみにしています(^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました