ブルーライトは何故体に悪いのか?その理由とブルーライトカット眼鏡は有効なのか?

生活お役立ち情報
ブルーライトが体に悪ってほとんどの方はご存知だと思います、
スマホ、パソコン、ゲーム、TV、LEDライトなどから発せられ、目から入ってきて、人体に悪影響を及ぼしています。実は大人より子供に大きな影響がでるんですよ!
そんなブルーライト、何故体に悪いのか?ブルーライトカット眼鏡をかければ、防ぐ効果があるのか?記事にしました。
子供たちの目を守っていきましょう!


私もパソコンを9時間位使うので、ブルーライトには注意しているんです。
視力は悪くないんですが、PCメガネはかけっぱなしでいるんですよ。
そのおかげで目への負担は少なく、睡眠への影響もほぼ無くなっているんです。
そんなわたしが使っているパソコン眼鏡なんかもご紹介していきますね。

では、ブルーライトについて学んで行きましょう、

いかにブルーライトは体に悪影響を与えるのか?

ブルーライトを防ぐ眼鏡の効果はあるのか?

そんなことを説明していきますね。

ブルーライトは何故体に悪いのか?

光には7色あるのはご存知ですよね、
雨のあとの虹は七色でホント綺麗です、この七色の中のブルーがブルーライトと同じ波長のようです。
そして人間の睡眠に影響を与えるのがブルーライトなんです。

ブルーライトの波長だけが目の奥まで届くんです!
ブルーライトの波長はブルーライトの波長は430~490nmで短く、目の奥まで届き
黄斑を破壊していくんです。

この黄斑がブルーライトで徐々に破壊されてしまい、それが体に悪影響を与えてくるんです。
この黄斑はルティンという成分でできているんですが、食べ物から取り入れるしかないんですね。

ブルーライトは黄斑を破壊するんです!防ぐにはルティンが必要!

ブルーライトは目の奥まで届き、黄斑を破壊していくとお話してきました。それを防ぐにはルティンを摂取しなければならなと、

では、ルティンが含まれる食べ物ってどんなものがあるのでしょうか?

 

ルティンが含まれる食材や食品とは?

さぁ黄斑を破壊を防ぐために、ルティンが必要なのは分かってきました。
ではルティンが含まれている食材や食品を調べてみましょう。

■乾燥プルーン
乾燥プルーンには、100gあたり0.472mgのルテインが含まれています。手軽に手に入るのでヨーグルトに入れたり、サラダに入れたり、間食にそのままでも食べられます。■アボカド
アボカドには、100gあたり0.256mgのルテインが含まれています。アボカドは日々の食事には馴染みがないくだものですが、ペースト状にして、牛乳、蜂蜜をいれスムージーにしてのんでも美味しいですよ。■ほうれん草
ほうれん草には、100gあたり4.51mgのルテインが含まれています。ホウレン草は一年中手に入るので、日々の食時に取り入れていきたいですね。
■小松菜
小松菜には、100gあたり7.59mgのルティンが含まれています。ほうれん草より多くのルテインが含まれていますね、ただ年中手に入るものではないので、小松菜の手に入る季節には毎日色々な料理に使ってみましょう。
■モロヘイヤ
モロヘイヤには、100gあたり13.63mgのルテインが含まれています。ホウレン草の約3倍、小松菜の約2倍入っているので、手に入る時は進んで料理に取り入れましょう。
■ヨモギ
ヨモギには、100gあたり11.26mgのルテインが含まれています。ヨモギは春の野菜なので、季節になったら是非食べてみましょう。天ぷらやお浸しにすると美味しいですよ。
ルティンが入っている野菜や果物って大人が食べる食材が多いですね、
子供が簡単に食べられるものってないんですか?

 

そうですね、確かに子供たちが嫌いな野菜ばかりかもしれませんね(;^ω^)
子供たちも日々ブルーライトを浴びているので、
ルティンを補給してあげたいですね。

ルティン不足の子供たちが増えている⁈

今の子供たちはルティン不足かもしれません。
ルティン不足になると次のような現象がおきてきますよ。

☑視力の低下

ブルーライトで黄斑が破壊され、体内で作ることができないルティンを補充していかないと、視力が低下してきます。しかし黄斑の破壊による視力の低下はルティンを補給すれば改善されることが証明されているんです!

まずは危険度1は視力の低下ですね。

視力が落ちなくても視界のぼやけという現象も起きてきます。

そして今多いのが、寝つきがわるくなること!

 

☑寝つきが悪くなる

スマホやタブレットを子供が見ていてくれると、ママは家事がしやすいですよね、

しかし、よるなかなか寝付いてくれなくなったら、よけいにストレスが溜まりませんか? そのためにもルティンを補充してあげましょう。

さぁ寝つきが悪くなっている子供たちいませんか?

えっ!そうなの?このところ子供の寝つきが悪いのは

タブレットで勉強させてるから?ゲームもよくやるしね!なんとかルティンを補充させないと(T_T)

 

実は私も子供のブルーライトが心配でPCメガネをかけさせているんです。その他に子供専用にルティンのゼリーをおやつ代わりに食べさせているんですよ。

一本で10㎎のルティンが摂れるのでおすすめです!

商品名は「CHURUNTO KIRALI」(ちゅるんときらり)
検索して調べてみてくださいね。
これは甘いゼリーなので喜んで食べてくれます。
さぁ続いてブルーライトカットメガネは効果があるのか?

PCメガネは効果があるのか?

pcメガネなんですが、

ブルーライトを90%以上カットできるモノが良いです!

色々ものを試したんですが、「サプリメガネ」が一番です!

私はこれをしてパソコンの作業を長時間しても目は疲れません、

他のPCメガネをして作業すると目がショボショボしたり、

充血したりするので、やはりこれがおすすめですよ。


 

まとめ

いかがでしたか、ブルーライトがいかに体に影響を及ぼすのか、
子供たちにも多くの影響を与えていることがお分かりになったかと思います。
是非ともお話したブルーライト対策を実施して体を守ってください。

タイトルとURLをコピーしました