針供養とは?2021年針供養の日はいつ?伝統の儀式、針供養の由来や方法をご紹介!

雑学
針供養ってしってますか?日本で昔から伝わっている伝統の儀式なんですよ。

針供養は、毎年2月8日に行われますが、地域によっては12月8日に行われたり

2月8日と12月8日の両日行われる場合もあります。

関西や九州では12月8日、東海や東北では2月8日に行われることが多いようです。

そんな針供養の由来や、針供養はどんなことをするの?

そして針供養で有名な神社をご紹介します!

針供養の由来ってなに?

針供養って聞いたことあるけど、やったことないな~

針供養っていつから始まったの?

どんなことやるのかな?

 

針供養は元々中国から伝わってきたようですが、
詳細は不明です。
ただ9世紀後半には針供養の風習が根付いていたようですよ。

針供養ってどんなことをするの?

針供養とは、裁縫をしているうちに曲がったり、錆びたり、折れたりして、
針が使えなくなった”縫い針”を神社に納め、供養する行事のことなんです。

家庭では昔に比べると”裁縫をする”こと自体が減っているものの、
針仕事をしている方や服飾関係・和裁、洋裁関係の教育機関、

企業では今でも針供養が重要視されているようです。

英語だと「Requiem services for broken needles」などと表現されようですが、
針供養の習慣はないようです。

まだまだ、針供養の習慣て残っているんですね、

確かに服飾関係や和裁・洋裁関係では針を使いますものね。

 

それに、この風習は日本の独自のものだったんですね、

毎年いつ針供養ってやるんですか?

針供養はいつやるの?

かつて日本では、2月8日と12月8日は「事八日(ことようか)」とされ
それぞれ2月8日は「事始め」、12月8日は「事納め」と呼ばれているんです。

この日は、「つつしみをもって過ごす日」とされていて、
「針仕事を休むべき日」とされていたことから、針供養の日となった

2月8日と12月8日が針供養を行う日とされているが、
関東関西などの地域で違いがあり、1年のうちでどちらか一方の日に行われることが多い。

全国的に、大安・仏滅などの六曜は関係なく、
2021年も2月8日・12月8日に供養のための催しが行われ予定です。

針供養ってどんなことをするの?

針供養がいつ何故行われるかは分かりました、

具体的に針供養ってどんなことをするんですか?

針供養には、神社に納める以外にも、豆腐やこんにゃくのような「柔らかいものに刺す」方法もあるんです


裁縫用の針は、硬いものや厚みのあるものに使われることも多いため
柔らかいものに刺すことで針をねぎらう意味合いがあるそうだ。

実際に寺社でも、豆腐やこんにゃくに針を刺し供養が行われていることも多いんです。

「永い間お疲れ様」の意味で、豆腐やコンニャクに針を刺して、

労をねぎらい、針を供養するんですね。

 

でもこれは是非、永く続いて欲しい習慣ですね。

我が家でも何本か針があるので、

同じようにやって供養してみたいと思います。

針供養で有名な神社はどこ?

針供養は2月8日と12月8日に行われるのですが、

東京で針供養で有名な神社を東京で3神社、

神奈川1神社、千葉1神社、埼玉神社、大阪1神社をご紹介していきます。

東京で針供養をするならここ、おすすめ3寺院

浅草寺(せんそうじ)

東京都台東区、浅草にある浅草寺では毎年2月8日に「針供養」を行っています。

豆腐が用意されているので、供養したい針を刺し、「お世話になりました」

と心の中で唱えるといいでしょう。

浅草寺(せんそうじ)公式マップはこち➡浅草寺

~~~~~~~~~~~

正受院(しょうじゅいん)

正受院(しょうじゅいん)は、東京都新宿区新宿二丁目にある浄土宗の寺院でです。

毎年2月8日には、針仕事に用いた針への労いと、

同時に裁縫の腕の上達を祈願する儀式である針供養大法要が行われ、

当日には経を読み上げ、特大の豆腐に針を刺して供養するという光景が見られます。

新宿区内で針を使う仕事や、専門学校で服飾、

着物などを学んでいる学生が古い針を納めに来て多くの参拝客で賑わっています。

~~~~~~~~~~~

雲龍寺(うんりゅうじ)

雲龍寺では12月8日10:00~針供養を行っています。

先にご紹介した2寺院は2月8日が針供養を行う日になっていますが、

雲龍寺は12月8日に行われます。

2021年の12月8日は水曜日です、年内にお世話になった針を供養したいと考える方は、

都合をつけて行くようにしましょう。

所在地  東京都八王子市山田町1688-2
交通アクセス 【電車をご利用の方】
▼京王高尾線「山田駅」より徒歩約6分
▼JR中央本線「八王子駅」「西八王子駅」よりタクシーで約8分
【バスをご利用の方】
▼「南山田」バス停下車徒歩約4分
【お車をご利用の方】
▼中央自動車道「八王子IC」第2出口より約10分

雲龍寺公式マップ・針供養はこちら➡雲龍寺

神奈川で針供養をするなら、こちら!

神奈川県で針供養のおすすめは荏柄(えがら)天神社

公式ページには次のような説明がされています。

針供養(はりくよう)

2月8日

使い終えた針の霊を労うことで、技術の上達を祈る行事です。供養のしるしとして「柔らかいお豆腐」に針を刺します。

どなたでもご参列頂けますので、ぜひ御参詣ください。

針供養

針の種類や本数に制限はありません。

お豆腐へ刺して頂くのは一人一本までとさせて頂きます。

・特別祈祷 10時30分より16時頃まで 初穂料3000円(神札と御守をお分かちします。)

・賽銭箱前のお豆腐へご自由に刺していただく事もできます。 初穂料 志納

〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂74 電話:0467-25-1772 FAX:0467-25-1798

出典:荏柄(えがら)天神社公式ページ

千葉県で針供養をするなら、こちら

千葉県木更津市にある成就寺

2月8日に針供養を行います。

千葉県木更津市富士見1丁目9番17号

埼玉で針供養をするなら、こちら

川越市にある蓮馨寺(れんけいじ)で2月8日に11時より針供養を行います。

蓮馨寺(れんけいじ)公式ページはこちら➡蓮馨寺

大坂で針供養を行うならお勧めはココ

大阪は天満宮 針供養が有名です!

天満宮では「お針まつり」と呼ばれています。

2月8日10時から行われます。

裁縫上達・針の労をねぎらう祭りとして
江戸時代から広まったようです。

交通
最寄駅から徒歩でお越しの方☑大阪メトロ 谷町線もしくは堺筋線「南森町駅」下車の場合
4番出入口を出てすぐ天神橋筋商店街を右(南方面)へ進み、二ツ辻目を左へ曲がり50m程度進む☑JR東西線「大阪天満宮駅」下車の場合
7番出入口(東西線アクセスビル)を出てすぐ天神橋筋商店街を左(南方面)へ、二ツ辻目を左へ50m程度進む

☑車をご利用の方
高速道路、環状線北浜出口を左へ、高速道路守口線下を左へ、二ツ目の信号を右へ交差点(信号)を経て100m1.南森町交差点、天神橋筋を南へ

2.二つ目の信号を左折
3.約100メートル直進すると左手に駐車場入口があります。
カーナビでの住所設定は、「大阪市 北区 天神橋 1-18-19」として行かれた方がいいでしょう。

大阪天満宮公式ページはこちら➡天満宮

愛知県で針供養をするならお勧めはこちら

愛知県で針供養を行う有名なところは名古屋の 若宮八幡社!
【開催日時】

時間2020年2月8日 11:00~13:00
会場名神御衣(みころも)神社<若宮八幡社境内>

【アクセス】
公共交通機関利用
地下鉄名城線の矢場町駅4番出口を出て西に歩いて約7分

鶴舞線大須観音駅 徒歩7分

ここまで関東地区と大阪、愛知県の針供養を行う寺院でお勧めのところをご紹介してきました。

ほとんどが2月8日に針供養を行うのですが、12月8日に行うところって、

今回ご紹介した八王子の雲龍寺以外にないのでしょうか?

12月8日に針供養をする寺院はどこ?

針供養は地域によって行われる日が決まっているようです。

★東京:森巖寺の境内にある淡島堂において、毎年恒例の針供養を2021年12月8日(水)行います。

※ 法要時間 午後1時30分~ (今回、法要の時には、堂内に入れません)

★京都:法輪寺(京都府京都市西京区) 2月8日、12月8日

★京都:幡枝八幡宮 針神社(京都府京都市左京区) 12月8日

 

針供養は、関西地方や九州地方では12月8日が一般的である。

しかし大阪天満宮では2月8日、加太の淡嶋神社針祭でも2月8日

嵯峨の法輪寺では12月8日と2月8日の双方に行われるなど、

必ずしも地域によって日時が固定されているというわけではない。

関東地方や東北地方の一部では両方という地域もあるが

ほとんどはどちらか一方の日に行われる。【出典Wikipedia】

関東でも12月8日に針供養を行うところもあるようです。

私は年内に一年の〆として、針供養を行うなら12月8日がいいかな(^^)

まぁどちらでも針にご苦労様でしたと心から伝えることなので、

日にちはこだわらない方が良いのかもしれませんね。

まとめ

針供養ははるか昔からの風習のようですね、
平安時代後半には習慣として根付いていたようです。

2月8日と12月8日の事始めと事納の日のどちらかを
針供養としているようです。
一般的に針供養の日として知れれているのは、2月8日なのでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました