食糧と食料の使い分け・意味の違いってなに?子供に聞かれてもスグに答えられるように解説していきますね!

食糧と食料 雑学
食料と食糧
食糧(しょくりょう)・食料(しょくりょう)同じ「しょくりょう」なんですが、意味がちょっと違うんです。小さな子供に聞かれたときに困らないように、覚えておいてくださいね。
写真

食糧&食料

食糧と食料って、具体的にどう説明すればいいのかしら、

両方食べ物のことだけど、、、量の違い?

たしかに、子どもに突然聞かれたちょっと戸惑ってしまいますよね、

調べてみました、食糧と食料の違いを。

まずは、食糧について解説していきますね。

食糧の意味はなに?

実は食糧とは、主食のことなんです。

食糧とは生きる糧になる食べ物という意味なんですね、

ですから日本でいえば、「米」、が食糧になるわけです。

麦が主食の国であれば、その国の食料は「麦」になるわけです。

写真

食糧難とか言われるときは、主食の米が足らなくなったという意味なんですね。

では食料はというと、主食以外の食べ物のことをいうんです。

食料の意味は?

食料は食物の原材料の意味です。

辞書で調べると次のように載っています。

☆魚肉類・野菜・果実など、主食以外のものを指すことが多い。(明鏡)

☆一般に主食以外の、肉、野菜、調味料など。(新漢語林)

☆食べ物とするもの、食料品。(広辞苑)

子供に聞かれたら、「主食が食糧」でその「他の食べ物が食料」

このように説明してあげれば良いと思いますよ。

なるほど、主食が食糧で

その他の食べ物が食料なんですね。

良く分かりました。

食糧と食料に似たようなものに、「学習」と「学修」があります。

学習と学修の違いはなに?

学習と学修の違いってなんでしょうか?

学習と学修の違い?
これも分かるようで、よく分からいわね、、。
どこが違うのかしら、、。

では、まずは学習について解説していきます。

学習ってどんな意味?

「学習」はもちろん、「論語」の「学而時習之。不亦説乎。

(学びて時に之を習う。またよろこばしからずや)」から来ているんです。

中高時代の漢文で習ったんですが、辟易した人でもこれは覚えている表現ではないでしょうか。

これは孔子の生きた時代から考えれば、約2500年という時間がたってなお使われている

優秀な言葉なんです(^^)

はるか昔からあった言葉が学習なんですね、では学修はどうなんでしょうか?

学修ってどんな意味?

これに対し、「学修」は2012(平成24)年8月の中央教育審議会答申から、

一般的に用いられたとされる。

そして現在、大学教育の現場ではありとあらゆる公式資料の文言が「学習」から「学修」に代わり、

どちらが本家かわからない学生も多くなってきているそうです。

今では小中高でも同様な動きが出ているようなんです。

まぁ学業は修めるで、学修でも良いかもしれませんね。

「音」は同じな学修がつい最近から使われた言葉とは知りませんでした。

学修ってホントについ最近から使われはじめたんですね、

それに比べ学習は2500年前から使われていたってスゴイ!

「学習は学びならう」なのでこの言葉はなくなることはないでしょう。

「学修は学びおさめる」なので、学びながら身につけることの意味ですね。

学修の方が重い言葉の気がします、学業を修める。

技術の修得のために、学修するとかに使うんでしょうか?

必ずやり遂げる、そんな意味に使われそうですね。

その点、学習は新しいことをならうこと、

例えばパソコンをパソコン教室で学習して習得する。

そんな使い方ですかね。

失敗し学習しながら成長していく、とかも使いますね。

どちらの言葉も学ぶということで、共通の意味があるので、

学修と学習の使い分けを上手くしたいですね。

関連記事はコチラ

まとめ

食糧と食料の意味の違いと、

学習と学修の意味の違いについて解説してきました。

参考にしてくださいね(^^)

 

 

コメント

  1. […] 関連記事はコチラ […]

タイトルとURLをコピーしました