人気のマリトッツオ!セブンのマリトッツオを食べてみました!さぁどんな味かレビューしますね。

食べる
マリトッツオは今人気で、色々なところで販売しています、

今回はセブンイレブンのマリトッツオを食べて、レビューしたいと思います。

セブンのマリトッツオは、下のパンにストロベリー&ラズベリーソースが入っていいました。

生クリームはたっぷりです。

こんなにイッパイ入っています。

さっそくガブリといってみます。

パンはふんわり柔らかく、生クリームは甘すぎず、口当たりは滑らかで、非常に美味しいです(^^)

 

しかし、いくら生クリームが美味しくても、それだけでは飽きてしまいますよね。

そこで、ストロベリー&ラズベリーソースが味にアクセントを付けてくれるんです!

食べた瞬間に、ふんわりパンと、なめらかな生クリームが口の中にイッパイ入ってきて、

「美味しいな~」と思っていると、

ちょっと酸っぱく、それでいて甘いフルーツソースの味が、舌に伝わってくるんです。

いっきに食べれてしまいます(笑)

これだったら、甘いものが苦手な男性でも、全然OK!

「ケーキだと甘すぎるし、ちょっとカロリーがな~」なんて考えている人には、これおすすめです!

食べた感じが重くなく、軽いので何個でもいけそうです。

まだマリトッツオを食べたことのない方は、「特に男性」、食べてみてくださいね(^^)

ところで、、マリトッツオはなんでこんなに人気になったのでしょう?

コロナ禍と関係あるのかな?気になったので調べてみました。

マリトッツオとは?どこの国の菓子パンスイーツ?

マリトッツオは、ブリオッシュ生地に、たっぷりの生クリームを挟んだスイーツパン!

イタリア・ローマの名物で、現地では朝食として、

バールなどでカプチーノと一緒に食べるのが一般的だそうです。

何より、サンドされているあふれんばかりのたっぷりのクリームに心を掴まれます。

クリームを挟んでいるのは菓子パン生地で、甘すぎないのもうれしいポイントなんですね。

朝食としてはもちろん、おやつにもぴったりのスイーツなのです。

そんなイタリアで定番のマリトッツオが、何故日本で人気になったのでしょう?

日本で最初にマリトッツオを販売したところは?

マリトッツオが日本で人気になったのは、コロナ禍の影響があったようです。

日本で最初に置かれた店は、大阪市城東区鴫野西のパティスリー「トルクーヘン」とされる。

店主が、イタリアを視察した際、コーヒーに合うスイーツをと2014年から販売されていた。

近年のブームの火付け役となったのは、福岡市中央区六本松のパン屋「アマムダコタン」で、

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛を受けて、

昼食用のパンを買い求めて午前中に集中していた客を分散化させようと、

2020年4月頃から「おやつ時間帯」を狙ってマリトッツォを置き始めたのが嚆矢という。

店のオーナーがインターネットでアイデアを探す中、

イタリア在住の日本人が発信する記事でマリトッツォを見つけ、

試作を重ねてインスタグラムで発信したところ、

見た目のインパクトから瞬く間に拡散され人気に火が付いた。

【出典Wikipedia】

なるほど、コロナ禍のパン屋さんのアイデアだったんですね、

見た目のインパクトがあり、菓子パンに生クリームというシンプルな作りも、

ブームになる要因だったのかもしれません。

このマリトッツオはタピオカのように一過性のブームで終わってしまうのか?

 

それともパン食人口が増えている中で、このまま定着していくのか、

もう少し様子を見ないと分かりませんね。

 

私は、このまま菓子パンスイーツとして、定着してほしいんですが。

このマリトッツオはシンプルで簡単なので、自分でも作れますよ(^^)

時間のある時の作ってみてください。

マリトッツオのレシピーを載せておきます。

マリトッツオの簡単レシピ

リッチなブリオッシュ生地に、ふんわりミルキーなクリームを挟んだマリトッツォの基本となるのはブリオッシュ作りです。

今回は家庭で作りやすい分量で、スピードアップのためにフードプロセッサーを使ってみました。

気温が高い夏場は発酵も早いので、パン作りに慣れていない方にもおすすめですよ(^^)。

まずは、材料を用意しましょう。

マリトッツオの材料

<ブリオッシュ生地>
・強力粉:150g
・薄力粉:50g
・卵:1個
・ドライイースト:3g
・砂糖:大さじ2
・無塩バター:大さじ2
・塩:3g
<クリーム>
・生クリーム(乳脂肪分35%)200ml
・加糖練乳 大さじ2
・オレンジピール 適宜

材料がそろいましたら、最初にブリオッシュ生地を作っていきます。

ブリオッシュ生地の作り方

全ての材料を用意したら、大きめのボールと、小さいボールを用意して、

計量しながら大きいボールに卵以外を全て入れていきます。

★材料を混ぜる

強力粉、薄力粉、バター、ドライイースト、砂糖、塩をボウルに入れます

☑砂糖はイーストの発酵を助けるので、砂糖の上にドライイーストを置きます。

☑塩はイーストの働きを妨げるため、イーストに触れない場所に入れます。

☑室温に戻しておいた卵をときほぐし、人肌に温めた水と合わせてボウルに入れます。

すべての材料を混ぜ、なめらかになるまでよくこねます。

もしフードプロセッサーがある場合はそれを使うと時短になりますよ。

フードプロセッサーを使った場合

フードプロセッサーがある場合はすべての材料をフードプロセッサーに入れ、

何度か生地のかたよりをなおして様子をみながら、

全体がなめらかに、ひとまとまりになるまで攪拌します。

生地を発酵させます

生地をひとまとめにし、ボウルに入れ、霧吹きして、ラップをかけます。

ふた回りほど大きくなるまで、家の中の温かい場所で発酵させます。

約1時間ほどで2倍に膨らみますので、生地にパンチをするか、

ボール叩きつけてガス抜きをしてください。

生地を12等分にして、オーブンで発酵

生地を12等分し、丸めたら霧吹きをして、オーブンの発酵機能で約20分、

ふた回りほど大きくなるまで発酵させます。

ここまでできれば、後は焼くだけです。

オーブン(170℃)で10分焼きます

表面にお好みで溶き卵を塗り、170度に余熱しておいたオーブンで10分焼きます。

焼きあがったら、網の上にのせ、粗熱をとります。

生クリームを作ります

ボウルに生クリーム、練乳、刻んだオレンジピールを入れ、

氷水で冷やしながら、固めにツノが立つまでホイップします。

ボールを2つ用意して、大きめのボールに氷と水をいれ、

そのボールの中に生クリームの入ったボールを入れて、冷やしながら作りましょう。

焼きあがったパンに生クリームを挟む

パンにななめに切れ目を入れます。間にクリームをはさみ、ヘラで整形します。はみ出たクリームをペーパータオルで拭き、お好みで粉糖(分量外)をふって完成です。

冷蔵庫に数時間おくとクリームとパンがなじんでおいしくなります。

生クリームは軽い仕上がりが美味しいので、乳脂肪分35%前後のものがいいでしょう。

また、マリトッツオをひとつずつラップに包めば冷凍も可能ですよ。

解凍は冷蔵庫に入れて自然解凍しましょう。

前日の夜に冷蔵庫に入れておけば、朝食に手作りのふわふわマリトッツォが楽しめます(^^)/

まとめ

セブンイレブンのマリトッツオを食べてみたので、

レビューしました。

食感はふわふわのパンと、軽くなめらかで、

甘さ控えめの生クリームがよく合い美味しかったです。

味のコントラストにストロベリー&ラズベリーソースが

パン底に入っていて、絶妙なバランスになっていました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました