坂上&指原のつぶれない店で紹介!「ビアードパパ」駅ナカ5坪で1日2000個売るシュークリーム専門店の秘密は「ニオイ戦略」?

食べる
シュークリーム専門店売上日本一、
創業20周年、海外へは14カ国約190店舗進出のビアードパパ。駅ナカ5坪で一日2000個売れる、ビアードパパの秘密は、「美味しそうなニオイ」!

路面店と違い焼きたての香りが、改札口までただよっているそうです。

ついついにおいに惹かれて、食べたくなってしまうようです。

30分弱ごとに焼き上がるシューの皮の美味しそうなニオイと、
定員さんの掛け声に引き寄せられるように、お客様がどんどんやってくるのです!

ビアードパパのシュークリームは美味しいし、

一度は食べたことがある人多いのよね、

駅ナカの店のニオイに「あっビアードパパ!」

美味しかったな~♪って思い出すのよね。

記憶がよみがえり、ついつい買ってしまうのかもしれませんね(^^)

でも、ビアードパパはホントに美味しいです。

そんなビアードパパの原点を調べてみました。

ビアードパパ、他と違うシュークリームの皮

ビアードパパでは、サクサクとした口当たりを生かしながら、

食べやすさも確保した「練り込み型」の生地を独自に開発。

 

狭い店舗でも焼きたてを提供する為に、生地は大阪の工場でつくり各店舗に配送、

焼き上げる工程は店舗で行っています。

これにより、狭い店舗スペースでも作りたてのフレッシュな商品を提供できるそうです。

 

また焼き上げ工程で温度や湿度にも工夫することにより、

シューの内側はもっちりしているのに、外側は時間が経ってもベタつかず、

サクサク食感をキープできる生地に仕上げている。

そんな独特なシュー皮について、ビアードパパ運営会社社長は次のように、言っています。

「さっくりしているのがビアードパパのシュークリームの特徴。

湿度によってサクサク感が失われてしまうので、その日に焼き上げた生地を使うことが大切です。

直前までクリームを詰めないのは、

水分を吸って食感が変わってしまうためでもあります。」麦の穂・代表取締役社長の杉内健吉氏

ビアードパパ、季節限定商品が美味しかった。

ビアードパパは季節限定でいろいろな商品をだしています。

季節ごとに色々なシュークリームが食べらるので、ホント楽しみです。

秋に冬にはこれはいいかも。

外はサックリ、中にはメロン風味のとろけるクリームが入っている、

そんなメロンパンシュークリームも美味しかった(^^)

外の皮がガリガリのシュークリームもありました。

恐竜のたまごシューなんてのもありました。

サクサクや、ザクザクを超えてガリガリの食感(^^)

とろけるももシューもガリガリの食感!

外の皮と中のクリームの食感があまりにも違い、

ガリ、トロでやみつきになります!

ビアードパパはもう生活に密着したスイーツね♪

シュークリームを食べたくなったら、買いに行っちゃう(^^)

成長して大きな企業になってくると、味が落ちてきたり、

経営がおかしな方向にいってしまう会社が多くありますが、

ビアードパパはそのようにならないで、

これからもずっと美味しいシュークリームを作り続けてほしいです。

まとめ

坂上&指原のつぶれない店でビアードパパが紹介されました。

駅ナカ5坪で一日2000個売り上げる人気だそうです。

日本で一番うれるシュークリーム屋さんですね、

そんなビアードパパの人気の秘密をお話してきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました