povoに変えてみました!iphone7プラスでソフトバンクからau経由でpovoに変更。申し込み時の失敗談をお話します。 | ALL day Info

povoに変えてみました!iphone7プラスでソフトバンクからau経由でpovoに変更。申し込み時の失敗談をお話します。

生活お役立ち情報
auのpogoが人気になってきています。

オンラインで手続きを完了させる、格安プランです。

基本料金がなく、ゼロから自分でトッピングで選べる料金プランが気になって、

ソフトバンクからau経由でpovoに変更してみました。

途中でかなりつまづいたので、これからpovoを利用しようとする方の為に記事にしました。

ソフトバンクからauのUQモバイルへそしてpovoへ

ソフトバンクから直接povoには移行できないので、

まずはUQモバイルに変更しました。

私はiphone7プラスを使っていて、この機種が気に入っていたので、

バッテリー交換も自分でやりながら使い続けています。

今回auのUQモバイルに変更する時も番号継続で移行するつもりでした。

 

ただここで業者(auではない)さんからpovoを提案され、

povoに移行するならiphoneSE第二世代を格安でプレゼントするとの話があり、

それならと、そのスマホに番号継続でUQモバイルに変更!

「明日にpovoに申し込んで変更してください」

との話がありました。

私がpovo申し込みでミスってしまったこと二つ!

ここまでは、スムーズにきたのですが、

povoの申し込みで間違えてしまったのです。

それはなにかと言いますと、最初にiphone7プラスでpovo2.0アプリをダウンロードして

申し込みしてしまったのです、しかも、新規申し込みで。

povo申し込みにはメールアドレスが必要

pobo2.0アプリからメールアドレスで申し込むので、

もう一台の端末でpovo2.oアプリをダウンロードして、

同じメアドでアプリを開いても、

iphone7プラスと同じ画面しかでません。

 

アホです、、これで新しい番号070から始まるpovoが、

しかもeSIMで申し込んでしまったのです( ;∀;)

でもこの時は番号が変わったことに、まだ気づいていませんでした。

さらに悪いことに、なんとeSIMはiphone8以降じゃないとつかえなかったのです。

ここで私のおこしたミスは。

☑eSIMはiphone7プラスでは互換性がないことを確認していなかった。

☑UQモバイルを使える端末から番号引継ぎでpovoを申し込まなかった。

ここからが、大変でした。

まずはeAIMからsimカードに変更、

povo事務手数料は無料です!

povoは手続きは全てオンライン上で行われるため、

事務手数料は無料なんです。

不明な点もメールで問い合わせて解決していきます。

わたしはsimカードに変更することをメールで伝え、

SIMカードを送ってもらいました。

povo・simカードを有効化は簡単

SIMカードが届いたので、UQモバイルの端末でpovo2.0を起動し、

povoを有効化しました。

この有効化は画面に従って設定していくので難しくはありません。

これでpovoが使えるようになったのですが、番号は070、、、、。です。

ただ、私はこのことに気づいていませんでした。

 

電話をかけた相手から「電話番号かえたの?」って言われて初めて気がついたのです。

さっそくサポートセンターにメールで問い合わせてみました。

「AUから番号引継ぎでpovoを申し込んだつもりが、間違って新規で申し込んだようです。」

「番号引継ぎでpovoに変更したいのですが、どうすればいいのでしょうか?」

返信メールはすぐにきました。

「新たにメールアドレスを変えてこちらのURLからpovoの申し込みをしてください。」

「070はこちらで解約の手続きを進めていきます。」

かなり省略していますが、上記のような内容でした。

SIMカードをAUのモノに戻して、povo2.0アプリから違うメールアドレスで申し込みました。

今回は番号引継ぎで申し込んだので、間違いないです。

povo2.0を解約して新たに申し込むと費用は?

私はpovoを再度申し込むはめになったのですが、

解約手数料はかかりません、

あらたに番号引継ぎでpovo2.0を申し込んでも費用はかかりませんでした。

 

数日で新たにSIMカードが届いたので、有効化してから、

以前から使っているiphone7プラスに移動して、

これで番号引継ぎでつかえるようになりました。

ちなみにiphpneSEは22000円で売りました(^^)

 

かなりバタバタしてPOVOが使えるようになったのですが、

あなたがこのようなミスを起こさないように簡単にまとめておきます。

POVOを申し込むときに必要なモノは?

povoを申し込むときに必要なモノがあるので書いておきます。

1、 povoご利用にはSIMフリー端末が必要(AU端末からだとスムーズです)

2、メールアドレス(Gメールなど)

3、ご契約者の本人確認書類 運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、在留カードなど

4、クレジットカード情報 ご利用いただけるお支払い方法はクレジットカードのみ

上記のものを揃えてください。

さぁpovoに移行するわけですが、

あなたがいまAUをお使いならpovo2,0アプリをダウンロードして番号引継ぎで申し込めばOKです!

eSIMが使える端末なら、申し込み後すぐにpovoが使えるようになります。(夜間の場合は翌日有効化)

注)自分の端末がeSIM対応かどうか確認を。

 

simカードで申し込めば数日で届きますので、povoを申し込んが端末からsimカードを有効化し、

simカードを入れ替えればOKです!

 

DoCoMo、ソフトバンクをお使いの方は、AUに移動してからpovoに申し込むようにするとスムーズです。

まとめ

ながくソフトバンクを使っていたのですが、

毎月8000円近スマフ代がかかっていたので、最も格安のpovoに変更してみました。

そんな私がpovoに変更した時の失敗談をお話しました。

povoはオンライン申し込みが完結するので、間違えると修正するまでに

時間がかかります。

申し込む前にしっかりと準備してからにしましょう。

ちなみにスマホ代金はpovoを使うようになって毎月1500円ちょっとで済むようになりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました