醸成ってどう読むの意味は?醸成ってどんな時につかうの?できる社会人は醸成の使い方が格好いい! | ALL day Info

醸成ってどう読むの意味は?醸成ってどんな時につかうの?できる社会人は醸成の使い方が格好いい!

雑学
醸成の読み方わかりますか?

どんな意味でどんな時につかうんでしょうか。

意味と使い方をしっかり理解し、正しい使い方を覚えましょう!

 

原料を発酵させて酒、醤油、味噌などを造ること

この読み方は、ジョウセイ?でいいんだよね。

どんな意味?む~熟成させるって意味じゃないの。

醸成読み方> これは、 · 「じょうせい」 と読みます。 

醸成の意味> これは、 · 「ある状態を除々に作り出す。」 という意味になります。

 

醸成の意味は2つあるんです。

1つは「原料を発酵させて酒、醤油、味噌などを造ること。」

 

2つ目の意味は一定の範囲の人々の間に、少しずつ特定の雰囲気や考え方などを形成すること、この二つの意味があるんだよ。

 

現在は2つ目の意味でつかわれることがほとんどのようです。

日常のビジネスで使われる例文

☑新規事業を成功に導くには、メンバーの肯定的な感情の醸成が必要だ。

☑反対が多かったが、地道に話をして機運が醸成されてきた

☑市への愛着を醸成するための計画を立てる必要がある。

形のない意識、雰囲気、やる気、一体感、状態など日常やビジネスシーンで「醸成」という言葉が使えますね。
徐々に作り出していくということなので、「醸成」はビジネスシーンでも使いやすい言葉です。

熟成の類語は?

「醸成」の類義語には次のようなものがあります。

☑成熟・円熟・生成(ものが生まれ出る)

☑養成・養う・育て上げる・醸す・涵養(かんよう)

☑醸し出す(気分や感じなどを作り出す)

「醸し出す」とは「気分や雰囲気、状態などを徐々に作り出していくこと」、

「涵養」は「自然としみこむようにゆっくりと養成したり、養い作ること」、

また「養成」はトレーニングや教育を通して、目標レベルまで成長を促すこと」を意味します。

このような類語があります。

醸成の反対語はどのようなものがあるのでしょうか?

「醸成」の対義語・反対語は「急拵え(きゅうごしらえ」

「醸成」の正式な対義語や反対語はないようです。

しかし、「醸成」の意味の反対を表す言葉としては

「急拵え(きゅうごしらえ)」が挙げられます。

「急拵え(きゅうごしらえ)」は、時間をかけず、

「その場しのぎで急いで準備すること、また仕上げること」を意味するのです。

「急拵え」は応処置的な意味合いがあるため、

ゆっくりと時間をかけて、自然に醸し出すという意味を持つ「醸成」とは、

相反する段階をふんでいくことを表しているのです。

「急拵え」はビジネスでも使われる熟語ですので、使い方を把握しておくと便利でしょう。

まとめ

熟成の意味と使い方についてお話してきました。

醸成や、涵養(かんよう)、「急拵え」の意味と

使い方を覚えておくと語彙が広がり自然と会話の中に入れていけますよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました