ジョイホンパーク吉岡に築地銀だこ吉岡店がオープン!銀だこの創業地・歴史・口コミを調査!

たこ焼きで大人気の築地銀だこがジョイホンパーク吉岡のテナントとしてオープンします。

築地銀だこをは一度食べると病みつきになる、「パリ・トロ〜」の食感です。

そんな築地銀だこの創業地や歴史・snsの投稿について調べてみました。

1997年、佐瀬守男氏が群馬県新田郡笠懸町(現在のみどり市)のアピタ笠懸店(閉店。現在はフレッセイ笠懸店)で、「築地銀だこ」をオープンしました。

店内はガラス張りのオープンキッチンで、冷蔵タコを使用するなどのこだわりで大人気になり、

1998年(平成10年)に、東京都中野区の中野サンモール商店街に路面店を開店しました。

マスコミで報道されるとショッピングセンターやスーパーから出店を要請され、直営やフランチャイズ形式として各地に出店して急成長するようになったのです。

築地銀だこ店名の由来

店名の「築地銀だこ」は、社長の「魚河岸の活気」「新鮮な素材」から「築地」、「銀座」へ出店する夢から「銀」とつけたそうです。

2016年(平成28年)12月に「銀座一丁目店」「銀座七丁目花椿通り店」をそれぞれ開店。

築地は2002年(平成14年)前後に築地市場で開店したが閉店し、2017年(平成29年)6月に築地4丁目で「築地本店」を開店。

築地銀だこの歴史

2011年(平成23年)12月5日、本社を群馬県桐生市から宮城県石巻市に移転し、東日本大震災で被災した地域を継続的に支援する「被災地支援1000日プロジェクト」に参画したが、旧本社所在地は工場や物流機能を残した。

2014年(平成26年)1月1日に、本社を東京都中央区に移転し、「築地銀だこ」「薄皮たい焼銀のあん」「天ぷら専門店日本橋からり」「やきとりのほっと屋」の企画開発・店舗経営を行う。

2014年(平成26年)1月8日に、コールド・ストーン・クリーマリージャパンの全株式を取得して完全子会社とした。

2014年(平成26年)6月に、『ザ・コーヒービーン & ティーリーフ』(e Coffee Bean & Tea Leaf) を日本で展開するため「株式会社ホットランド」と「イオンモール」の合併会社である「L.A.Style」を設立した。「ザ・コーヒービーン & ティーリーフ南青山店」は2016年4月に開店して8月末に閉店した。

2014年(平成26年)9月、東証マザーズ上場を果たし、2015年(平成27年)には、東証一部への上場を果たした。

2016年(平成28年)4月21日に、神奈川県藤沢市に「キッシュヨロイヅカ江ノ島店」開業。

◎「株式会社ホットランド」と鎧塚俊彦が代表取締役を務める「サンセリーテ」の合弁会社「株式会社1016」が経営し、出資額が上回るホットランドが運営して鎧塚は主に商品を開発している。

キッシュヨロイヅカは2016年7月1日に東武百貨店池袋店、2016年9月16日に渋谷ヒカリエにそれぞれ出店し、2016年10月16日に「ザ・コーヒービーン & ティーリーフ南青山店」の跡地に「キッシュヨロイヅカ」を出店している。

店舗により、カレーライスやハンバーグプレートなどのランチメニュー、呑み放題コース、ビアガーデンなどがあり、株式会社ホットランドがキッシュ以外のメニューを主導的に開発している。

La Quiche produced by Yoroizukaは、2016年10月28日に1号店を新宿アルタ前に開店した。

低価格でキッシュを提供し、12月5日にアトレ大船、2017年2月に町田マルイ店、イオン岡崎南店、3月に佐野プレミアムアウトレット店でそれぞれ開店した。

2017年4月に、キッシュヨロイヅカ江ノ島店の屋号をLa Quicheに変更してメニューやサービスはホットランドが主導している。

2016年12月1日に、完全子会社の株式会社1016から飲食事業を完全に譲受し、株式会社1016が経営していた「Quiche Yoroizuka」とデセールレストラン「TOSHI STYLE」は株式会社ホットランドの運営となり、株式会社1016は2017年6月1日に株式会社ホットランドへ吸収合併された。

運営していた「やきとりのほっと屋」は、2016年12月28日に分割新設した株式会社ほっと屋へ移管し、ほっと屋の全株式を埼玉県で「築地銀だこ」をフランチャイズ展開する株式会社タコ・プランニングへ譲渡した。

2018年10月1日に、お好み焼店「ごっつい」を展開している株式会社アイテムの全株式を取得して完全子会社とした

【引用ウィキペディア】

主力商品のたこ焼きがどこでも人気なので、会社として順調に成長を続けています。

 

築地銀だこ「パリ・トロッ・プリッ」食感の秘密

築地銀だこの「パリ・トロッ・プリッ」の食感と美味しさは他のたこ焼きでは味わえないです。

しかし、ここに行き着くまでには相当の苦労もあったようです。

表面がパリッとさせるこのと発想は佐瀬守男社長が北京ダックからヒントを得たそうです。

銀だこのたこ焼きは、「外はパリッと、中はトロッと」した食感が特徴となっている。

外のパリパリ感は、焼き上げ後にコレステロールゼロの油をかけて揚げることで実現しており、この調理法は創業者で社長の佐瀬守男が北京ダックの作り方からヒントを得て開発した。【引用ウィキペディア】

創業当初はこの油の調理法で店舗を火事で燃やしたこともあるそうですよ。

佐瀬守男社長はアイデアマンで色々なことを発想し実現させていくので、

ホットランドは将来も楽しみな会社です。

築地銀だこSNSでの投稿

築地銀だこ・スタンプカード

各種たこ焼き1舟購入者にスタンプカード1枚配布、スタンプ1個を押す。「毎月8のつく日はWスタンプデー」として、8日・18日・28日に購入の利用者は2つスタンプするのキャンペーンを実施する。スタンプカードは赤カードからスタートする、3種類ランクアップ会員制度。

  • 赤カード
    • スタンプが20個貯まると8個入りたこ焼きと交換し、銀カードにランクアップ。期限はなし。たこ焼きの交換の際差額を払えば、8個入りチーズ明太子などの他の種類のたこ焼きとも交換可能。6個入りであれば、差額を払わずに他の種類のものとも交換できる。
  • 銀カード
    • スタンプが12個貯まると8個入りたこ焼きと交換し、3回クリアでゴールドカードにランクアップ。かつては発行日から1年間のみ有効で、期限内にすべて貯まらないとそのカードは以後無効となり、来店時に「赤カード」に格下げされることとなっていたが、2009年(平成21年)になって有効期限が廃止された。既存のカードは次回来店時に有効期限が消去される(2009年(平成21年)7月以降に実施されているが、本件についての詳しいリリースは行われていない)。
  • ゴールドカード
    • スタンプが10個貯まると8個入りたこ焼きと交換し、4回クリアでゴールドカード更新。2009年(平成21年)以降、銀カード同様に有効期限はなくなったが、それ以前は発行日から1年間のみ有効で、期限内にすべて貯まらないとそのカードは以後無効となり、来店時に「銀カード」に格下げられることとなっていた。

【引用築地銀だこ公式】

 

まとめ

築地銀だこがジョイホンパーク吉岡のテナントとしてオープンすることになったので、

創業や歴史、口コミについて調べてみました。