【画期的な転換点】「アライ」内臓脂肪が減少する新薬、購入方法と使い方

内臓脂肪
4月8日、大正製薬が日本初の内臓脂肪を減らすことができる薬品「アライ」が発売されます。

多くの日本人が抱える健康問題である内臓脂肪の減少を目指し、革新的なアプローチでこの問題に立ち向かう「アライ」の開発は、健康意識の高い消費者にとって朗報です。

この記事では、「アライ」の開発背景から効果、安全性、購入方法に至るまでの全貌を解説していきます。

内臓脂肪

アライの購入方法について

のびお
のびお

飲むだけで内臓脂肪が減るって最高♪

薬局に行けば帰るんだよね

誰でもすぐに買えるというわけではないようです。

「あらい」服用条件について

なお、アライの服用には一定の条件があります。

成人(18才以上)で、腹囲(へその高さ)男性85cm以上・女性90cm以上であり、生活習慣改善の取り組み(食事・運動)を行っていることが必要となります。

また、購入を希望する場合、事前に1か月間、腹囲や体重のほか、食事や運動の改善状況を記録することが求められます。

これらの条件を満たすことで、アライの効果を最大限に引き出すことが期待できます。

 

のびお
のびお

なにかけっこう面倒くさいね。

でも、飲むだけで内臓脂肪が減るならやってみるか!

 

 安全性と使用上の注意について

「アライ」の安全性に関する研究結果と、使用上の注意点を解説し、消費者が安心して使用できるような情報をお伝えします。

「アライ」は、日本初の内臓脂肪減少薬で、有効成分オルリスタットが脂肪分解酵素リパーゼに結合し不活性化することで脂肪の分解を阻害し、脂肪の一部はそのまま便として排出されます。

服用に際しては留意すること

服用は1日3回が基本だそうです、ただし、食事を摂らなかった場合や食事に死亡がほとんど含まれない場合は服用は控えること。

 

安全性について

大正製薬が実施した日本人を対象にした臨床試験の結果(内臓脂肪、腹囲、安全性に関するデータ)は、大正製薬の「アライ」ブランドサイトで公開されています。

また、販売後には3000例の調査を行い、有効性・安全性を確認しています。

使用上の注意点

アライ使用上の注意点
  • 「アライ」は要指導医薬品であるため、薬剤師から対面で説明を受ける必要があります。
  • 服用後に脂肪の排泄量が増加して下痢になったり、肝機能障害が起きたりした例などの副作用も報告されているため、注意が必要です。
  • 「アライ」の副作用が発生する可能性があるため、使用する際には医師や薬剤師の指導のもとで正しく使用することが重要です。
  • 「アライ」を購入するにあたり、条件を満たしているか確認してください。

 

詳細な情報は、大正製薬の「アライ」ブランドサイトでご覧いただけます。

また、具体的な症状や個々の健康状態については、医療専門家にご相談ください。

アライの消化器症状に関する副作用について

アライは食事に含まれる油(脂肪)の吸収を抑制することにより油(脂肪)をそのまま排出するため特有の症状(下痢や軟便、便が近くなる、お腹が張る、油や便が漏れる)などが生じることがあるそうです。

症状としては軽度で、服用開始後早い時期に出ることが多く、短期間でなくなる傾向だとのことです。

ただし、まれに持続したり増強したりすることもあるので、そのようなときは服用をやめ医師や薬剤師に相談しましょう。

 内臓脂肪に革命を! 「アライ」の開発背景について

大正製薬が研究開発に数年を費やし、内臓脂肪を効果的に減らすことが可能な「アライ」という革新的な薬品を開発した経緯を紹介します。

大正製薬が開発した「アライ」は、日本初の内臓脂肪減少薬で、2024年4月8日に新発売されます。

この薬品は、腹部が太めな方の内臓脂肪および腹囲の減少(生活習慣改善の取り組みを行っている場合に限る)の効能を持つものです。

「アライ」有効成分オルリスタット

「アライ」の有効成分オルリスタットは、脂肪分解酵素リパーゼに結合し不活性化することで脂肪の分解を阻害し、脂肪の一部はそのまま便として排出されます。

大正製薬は、日本における近年の食生活を取り巻く社会環境の変化がもたらす肥満の急増や生活習慣の課題に向き合い、生活者の健康に寄り添う製品開発・関連情報の提供などを通じてセルフメディケーションの実現に取り組んできました。

そして、人々が自分の健康を自分自身で守るため、もっと前向きに生活習慣の改善に取り組めるようにとの想いを込め、内臓脂肪減少薬「アライ」を開発しました。

そして2023年2月17日にダイレクトOTC(医療用医薬品での発売を経ずに市販される医薬品)として製造販売承認を取得し、発売に向けた様々な準備を進めてきました。

また、大正製薬が導入契約を締結した2008年から、2011年~2017年の約6年間で臨床データを収集しました。

その後、2019年にダイレクトOTC医薬品として厚生労働省に承認申請し、約4年間の承認審査が行われ、2023年に承認取得、2024年4月に発売となりました。

以上が「アライ」の開発経緯となります。

長年の研究成果が実り、内臓脂肪が減少する薬が出来上がったんですね。

これはダイエットに悩んでいる方にとってホントに朗報です、そして「アライ」がこれから選ばれるであろう、理由についても調べてみました。

「アライ」が選ばれる理由について

内臓脂肪の減少に特化した「アライ」の有効成分と、他のダイエット製品との違い、その効果を具体的に解説します。

「アライ」は、有効成分として「オルリスタット」を含む内臓脂肪減少薬です。オルリスタットは、消化管管腔内で脂肪分解酵素リパーゼの活性を阻害し、食事由来の脂肪の吸収を抑制します。具体的には、食事由来の脂肪のうち、約25%を便として排泄することが期待できます。

他のダイエット製品との違いとしては、アライは日本初の内臓脂肪減少薬であり、医師の処方箋なしで薬局で購入できる点が挙げられます。

また、アライは要指導医薬品であるため、薬剤師から対面で説明を受ける必要があります。

その効果については、日本人を対象にした臨床試験では、生活習慣の改善に取り組みながら1日3回約1年間にわたり服用した人は、内臓脂肪の面積が約21.5%腹囲が約4.7センチ減少したと報告されています。

ただし、便が油っぽくなり、おならと一緒に便が漏れることがあるとのことです。

 

「アライ」の市場への影響と今後の展望について

「アライ」の発売が日本の健康産業にもたらす影響と、大正製薬が見据える将来のビジョンについて深堀していきます。

「アライ」の発売は、日本の健康産業における重要なマイルストーンとなります。これは、日本初の内臓脂肪減少薬として、医師の処方箋なしで薬局で購入できる製品が市場に登場したことを意味します。

これにより、消費者は自身の健康管理により積極的に取り組むことが可能となり、健康産業全体の発展に寄与すると考えられます。

 

また、「アライ」の発売は、大正製薬のビジョンとも一致しています。

大正製薬は、「健康と美を願う生活者に納得していただける優れた医薬品・健康関連商品、情報及びサービスを、社会から支持される方法で創造・提供することにより、社会へ貢献する」ことを経営理念に掲げています。

その一環として、「アライ」の開発と発売は、生活者の健康に寄り添う製品開発という大正製薬の使命を果たした新薬と言えます。

さらに、大正製薬は「商売は戦い、勝つことのみが善である」、「紳士の商人(紳商)であれ」という創業の精神を持っています。

 

これは、ルールを守って競争し、競争に勝ち続けることが社会の繁栄、人類の福祉の増進に繋がるという考え方を示しています。

そのため、「アライ」の成功は、大正製薬がそのビジョンを達成する一歩となるでしょう。

以上のことから、「アライ」の発売は、日本の健康産業における新たな可能性を示すとともに、大正製薬の将来のビジョンを具現化する重要なステップとなります。

まとめ

大正製薬が日本初となる内臓脂肪減少薬「アライ」を発売する発表をしました。

この薬を飲むだけで、食べた脂肪の25%を体外に排出することができるそうです。

服用に決められた制限がありますが、画期的な薬品なだけに待ち焦がれている人もいるでしょう。

4月8日が発売なので、内臓脂肪で悩んでいる人は薬局に行って相談してみましょう。