子供の成長スパートとは?子供の身長を大きく伸ばすことができる!この時期に親ができることとは?

子供の成長スパートってご存知ですか?小学校の高学年から中学校一年生位にやってくる大事な成長時期です。この時期を親は決して見逃さないでください。

この時期にいかに身長を大きく伸ばすかが非常に大事です!

大きな体は子供の一生の財産ですから!

子供の成長スパートを見のがす親は×ですよ(>_<)

子供の成長スパートってなに?

子供の身長が急激に伸びる時期が2回あることをご存知でしょうか。
赤ちゃんの頃の第一次成長と思春期の第二次成長があるんですよ。

「そうなんですね、2回あるんだ。」

「その二回目がもしかして成長スパートと言われるんですか?」

そのとうりです思春期の急激な身長の伸びは、「成長スパート」と呼ばれているんです。

実はこの成長スパートに気づかずに過ごしている人が多いため、学校の部活動などでスポーツをしている女子や、大会で活躍する女性アスリート(競技者)を目指している人は、
早いうちから成長スパートを知ってほしいと研究者たちが呼びかけているんですよ。

成長スパートに入る時期にこの時期に必要なことは

成長スパートは小学校の高学年から中学1年生位にやってきます。
この時期に次のようなことは決して子供たちに与えていけません。

「睡眠不足」、「栄養不足」そして「ストレス」などです。

中学受験とか控えている家族もあるかと思いますが、
決して無理をさせないように、親御さんが計画を立ててください。

また食事等も成長に必要な栄養素が摂れるように気をつけてあげた方がいいでしょう。

「なかなか、そのとうりに出来ないかもしれない子供が食事の好き嫌いが多いんだよね(T_T)」

「その成長スパートって具体的に何歳位でくるの?」

成長スパートの期間と男女の違いは?

成長スパートは、男の子は12~14歳が伸び盛りで年に約10cmくらい伸びます
そして女の子の方が少し早くて10~12歳が伸び盛りで年に約8cm位伸びますよ。
期間としては約2年ですが、人により成長スパートが遅れる場合もあります。

うちの子は小学校の3年時ではクラスの女子の中で一番小さく、
このままだったどうしようと心配でした。

そこで、毎日しっかりと食事を摂らせ(週3日は肉と野菜を夕食に)ました。
その結果小学校の高学年時には後ろから2番目なっていたんです。

母親が身長153センチくらいなのに、17歳になった今は身長は160㎝に成長してくれました。
成長には遺伝も確かにあるかもしれませんが、(低学年時は一番小さかった)
しかし、食べ物と適度な運動はしっかりと子供を成長させてくれますよ。

「そうか!やっぱり食べ物は大事なんですね、私は好き嫌いが多かったし、小食だったな(>_<)」

「結果は私はあまり大きくなれなっかたけど、子供にはしっかりと美味しい食事を作って大きくなってもらいたい(^^♪」

成長スパート開始時期は?成長期はいつまで?

成長スパートの開始年齢は、個人差がありますが女子では11歳、
男子は13歳頃にピークになります。

この時期は身長が8~9cmも伸び、子どもから大人へと体が大きく成長します。

☆男性は男性ホルモンの分泌量が増えてきます、
声変わりもしてきます。
又精巣が大きくなってくるので、
睾丸が大きくなり陰茎が伸びて見た目の判断もついてきます。
そこから早ければ半年、通常は1年位で陰毛が生え始め、
その頃から成長のスパートに入るのが一般的のようです。
かと言って成長は個人差があるので、これはあくまでも目安としての順番です。

☆女性は女性ホルモンが増えてきて、
胸が大きくなったり、体の変化もおきてきますので、分かりやすいと思います。

成長スパートの時期を過ぎると、
身長の伸び率(1年あたりの伸び幅)は少しずつ減少してきます。、
一般的に男女共18歳頃には身長の伸びが止まります。

子供に必要な栄養素は何?

成長スパート期は、身長を伸ばすために、身体をつくってくれる食事はとても大切なんです。
そして、人生の中で最もカルシウムの吸収率が高くなる時期なんです。
骨を伸ばすのに必要なカルシウムや、
カルシウムの吸収を高める栄養素のビタミンD、タンパク質、亜鉛、鉄分をしっかり摂れるようにしてあげてください。

なかでも、骨を作る細胞の材料となるカルシウムはもちろん、
カルシウムを支える土台となるコラーゲン(タンパク質)も成長期には必須です。
私は娘が小学校3年から中学に入る頃まで週3で肉料理を作ってしっかり食べさせていました。

【身長を伸ばすために摂りたい食材】

栄養素食材
カルシウム牛乳、チーズなどの乳製品、小魚、青菜
ビタミンDキノコ、魚、卵
タンパク質肉、魚、卵、大豆製品など
亜鉛 牛肉、レバーなど
鉄 ・コラーゲンレバー、牛肉、アサリ、ホウレン草など/鶏肉

子どもの就寝時間と睡眠時間が体の成長と学力に影響

小学生の就寝時間は午後6時以降9時までが一番偏差値が高かったそうです。

それ以降に寝ると偏差値がどんどん低くなるそうです。

そして驚くことに、午後8時前に寝る子供の偏差値も低くなっているんです。

これは山口県山陽小野田市教育委員会の調査ですが、スマホやゲームが子供たちに与える影響を考えると、就寝時間は遅くなっているんじゃないでしょうか。

また、成長ホルモンは脳下垂体から分泌されて、「睡眠に依存」しています。

寝入りばなの深いノンレム睡眠時に集中して分泌されます。

発育期の子供では身体の成長に、成人では組織の損傷を修復することで、疲労回復に役立っています。

「寝る子は育つ」ということわざは、こうした事実にうらずけされるようです。

まとめ

いかがでしたか、子供の成長スパートを決して見逃さないで、
大きく成長させて一生の財産を作ってあげてください。

身長は遺伝だと言われていますが、それが全てではありません。
食事・運動・睡眠・ストレスを少なくする、
これは親ができることが多いです、
いかに成長スパートを見極めて大きくしてあげてください。

ABOUT US
@taka
飲食業界で生きてきました、デリバリーピザ屋、ラーメン屋、居酒屋、 焼き肉屋を経営していました。料理や仕事、趣味のゴルフなどを記事にしてブログを運営しています。
Optimized with PageSpeed Ninja