ルービックキューブは頭が良くなるってホントか?高齢者は指先と頭の体操に良いかも?

趣味・遊び

ルービックキューブをやると、頭は良くなるのか?

確かに、全面揃えるのに思考力や記憶力をつかうので、
頭は良くなるかもしれません。

でも揃え方があるので、それを記憶してその通りにやれば
そろえられるのでそれほど、難しくはありません。

ルービックキューブは小学生と高齢者にいいかも!

私は小学生の子供や、高齢者にルービックキューブをおすすめします。
小学生には考える力と、記憶力を養うことができます。
又高齢者には認知症予防の為に、ルービックキューブは
最適かもしれません。

指先を使うので、脳に刺激がいきます、
さらに、面を揃える為に考えるので、思考力が活性化されます。
そして揃え方を記憶していかないと、全面は揃えることはできないので、
覚えるために記憶力が活性化してきます。

というわけで、ルービックキューブは小さな子供と、
高齢者の能力開発にはうってつけかもしれません。

2020年からの教育改革に伴い今までの知識重視型から、
思考力や表現力などを評価する方針に変わってきました。

そんな流れのなかから、日本でルービックキューブを展開、販売している
株式会社メガハウス(代表取締役社長:榊原博、本社:東京都台東区)が
人間の脳活動に及ぼす影響に関する調査を実施したんです。

ルービックキューブが脳活動に影響?

実験は次のような内容で行われたようです。

【実験概要】
■タイトル :「ルービックキューブによる脳活動への影響・創造性テスト※1成績の変化に関する調査」
■実施月   :2020年2月
■対象者   :小学校4年生~6年生の男女22人(男の子11人・女の子11人)
■監修   :公立諏訪東京理科大学 篠原研究室
《出典/株メガハウス》
テストの内容は。
※1アメリカの心理学者J.P.ギルフォードが開発した、
知識や経験を活用して多様な発想を生む思考力を調べるテストのこと。

そしてこれからの社会では、地頭力が必要になってくるようです。

地頭力とは・・・暗記中心の偏差値教育から、グローバル化・AI化社会を迎えるこれからの教育は
物事を主体的に考え、正解のない問題に取り組む教えが主流になってくると言われています。

そのような社会の中で、自ら考え、自分なりの答え・方向性を見出だしていく力が地頭力なんです。

その地頭力を鍛えるのにルービックキューブが良いようです、
そしてその調査結果なんですが。
《調査結果》

TOPICS①
ルービックキューブを解くことで、地頭力と深く関わる“前頭前野”が活性化!特に“論理的思考力”を使う左側の“前頭前野”に大きく影響することが判明

ルービックキューブ中の脳活動については次のような変化が。

☑前頭前野が左右ともに活性化した。

☑解き方を考えはじめたときに急速に脳が活性化し、
空間的認知で覚えようとする人は右で、
ルールで覚えようとする人は左の脳活動が高まった。

☑教えてもらったことを覚えようと頭の中で
情報処理をする際に論理的な思考が働き、
左脳が活性化された。

これはルービックキューブが能力開発にとって、
十分効果があることの証明ですね。

これは子供だけでなく、高齢者にとっても、
十分に効果的であるということです。

すぐキレる高齢者が増えてきている昨今
原因は前頭前野の衰えであるといわれています。

ルービックキューブが高齢者の前頭前野に刺激を与えて、
活性化することができれば、スグキレるようなこともなくなり、
心も落ち着いた日々が送れるのではないでしょうか?

さて調査をおこなった篠原教授は次のようなコメントを残しています。

<篠原教授コメント>
~ルービックキューブでひらめく、やわらかい、考えぬくアタマに~
「今世の中で求められているのは、すでに知られたことを覚える力ではなく、
今後が読めない新しい世界を切り開いていく力です。
言い換えれば、海馬依存型の記憶力から前頭葉依存型の思考力への切り替えです。
とは言っても記憶や情報なしに思考が生まれるわけではありませんから、
教えられたルールを『速く』『深く』『応用』していく学習で『論理的思考力』を鍛えることが大事だと思います。」

《出典/株メガハウス》

子供たちにとって、これからの時代に必要とされる能力とはなにかが言い表されたコメントですね。

まとめ

ルービックキューブが子供たちの能力開発に効果的なのか?
そんな話をしてきました。
調査結果は前頭前野を刺激し、
記憶を重視する教育から地頭力を鍛える教育に効果があることが、
判明しました。又この検証結果はルービックキューブが高齢者にとっても、
効果的であとの証明であるような気もします。

タイトルとURLをコピーしました