光目覚まし時計おすすめ3選:最新モデルで快適な目覚めを実現!セロトニンで体内時計を整えよう

最新の光目覚まし時計は、快適な目覚めを実現するための優れた機能を備えています。

本記事では、おすすめの日本製で今最も人気モデルを3つご紹介します。

光の明るさや音の種類、デザインなど、さまざまな要素を考慮してランキング形式でご紹介します。

朝の目覚めの質を向上させ、快適なスタートを切りたい方にぴったりのアイテムです。

光目覚まし時計の魅力をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

光目覚まし時計とは?:自然な目覚めを実現する新しい方法

光目覚まし時計は、従来の音だけでなく、自然な目覚めを実現する新しい方法で、睡眠の質を考える人に人気になっています。

音の代わりに、朝日のような明るい光を放ち、徐々に明るくなる光で眠りから覚めることができ、目覚めがスッキリするんです。

この光は、体内時計に働きかけ、目覚めのサイクルを整える効果があり、快適な目覚めを実現し整える働きがあるとされています。

音だけではない、新しい目覚めの方法

光目覚まし時計は、音だけではない新しい目覚めの方法で人気になっています。

従来の目覚まし時計は、音で起こされることが一般的でしたが、光目覚まし時計は光を使って朝日を浴びるような目覚めができるんです。

光は、人間の体内時計に影響を与えるため、目覚めのサイクルを整える効果があるんですよ。

朝の光を浴びることで、体内時計がリセットされ、目覚めがスムーズになるので、

日中のパフォーマンスが上がるんです。

現在、光目覚まし時計は、朝の目覚めをより快適にするための新しい選択肢として注目されてきているんです。

また、光目覚まし時計の主な魅力は、光の明るさを調節でき、

つかう人にあった自然な目覚めを実現できることです。

 

朝の目覚めに最適な明るさを設定することで、より快適な目覚めを実現することができます。

光目覚まし時計の機種には、音楽や自然の音などの音源を組み合わせることもできるものもあります。

さらに、光と音を組み合わせることで、よりリラックスした目覚めを体験することができます。

光目覚まし時計は、より自然な目覚めを求める方におすすめのアイテムなんです。

光目覚まし時計の主な魅力

なんども言いますが、光目覚まし時計の主な魅力は、自然な目覚めを実現できることです。

従来の目覚まし時計は音だけで起こされることが多く、突然の音によるストレスや不快感を感じることもありました。

しかし、光目覚まし時計は光を使って目を覚ますことができるため、

より快適な目覚めを実現できるんです。

光は自然な明るさで目を覚まし、徐々に明るくなる光の中で目を開けることで、

体内時計を整える効果も期待できます。

また、光目覚まし時計にはさまざまな機能があり、朝の目覚めをサポートしてくれます。

例えば、自然な光の模倣や自然音の流れ、目覚まし音の音量調節などがあります。

これらの機能により、快適な目覚めを実現することができます。

そして、光目覚まし時計は、最新のモデルで、さらなる快適さや機能性が進化しており、目覚まし時計を選ぶ際にはおすすめのアイテムです。

光目覚まし時計の選び方:快適な目覚めを実現するためのポイント

光目覚まし時計を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

2-1. ルクス(照明の強さ)の重要性
光目覚まし時計の効果を最大限に引き出すためには、ルクス(照明の強さ)の適切な設定が重要です。明るすぎず、暗すぎない程度のルクスを選ぶことがポイントです。

朝セロトニンの分泌を促進し、脳を覚醒するのに必要なルクスは2,500以上必要と言われています

2-2. 置きたい場所に合った本体のサイズ
光目覚まし時計は、寝室のどの場所に置くかも考慮して選ぶ必要があります。寝室のスペースに合わせて、コンパクトなサイズのものや壁掛けタイプなど、適切な本体サイズを選びましょう。

2-3. 追加機能とその利便性
光目覚まし時計には、様々な追加機能があります。例えば、ラジオやBluetoothスピーカー、USBポートなどが付いているものもあります。自分に必要な機能を選び、利便性を重視しましょう。

2-4. 電源方式:コンセント給電式と充電・電池式の違い
光目覚まし時計の電源方式には、コンセント給電式と充電・電池式の2種類があります。コンセント給電式は常に電源が確保できますが、コードの管理が必要です。一方、充電・電池式は持ち運びが可能ですが、充電や電池交換の手間がかかります。自分の使い方に合わせて選びましょう。

以上が、光目覚まし時計を選ぶ際のポイントです。これらのポイントを考慮しながら、自分に合った光目覚まし時計を選びましょう。

ルクス(照明の強さ)の重要性

光目覚まし時計の選び方において、ルクス(照明の強さ)は非常に重要なポイントです。

なぜなら、光目覚まし時計は、光の明るさで目覚めることができるため、

ルクスの強さが快適な目覚めを実現するために欠かせないからです。

朝に体内時計をリセットするのに必要な光目覚まし時計のルクスは、

最低2,500以上必要と言われています。

ただし、光の明るさは、目覚める時間や個人の好みによって異なるため、自分に合ったルクスの強さを選ぶことが大切です。

一般的には、明るい光で目覚めたい方には高いルクスの光目覚まし時計がおすすめです。

一方、目覚める際にはやさしい光で目覚めたい方には、低いルクスの光目覚まし時計が適しています。

ルクスの強さを選ぶ際には、自分の目覚めのパターンや生活環境に合わせて考慮することも重要です。

例えば、明るい場所で寝ている方や、早朝に目覚める必要がある方には、高いルクスの光目覚まし時計が効果的です。

一方、暗い場所で寝ている方や、ゆっくりと目覚めたい方には、低いルクスの光目覚まし時計が適しています。

快適な目覚めを実現するためには、自分に合ったルクスの強さを選ぶことが重要です。

 

先ほどお話ししたように、体内時計をリセットするのに必要なルクスは2,500以上必要と言いました。

もし、不眠症状に悩んでいる人や、起立性調節障害がある方は、目覚めに2,500ルクス以上の光を出す機種を選ぶのが良いでしょう。

体内時計が整っていて、毎日決まった時間に起きられる人は、優しい光でも良いと思います。

 

目覚めてからでもいいので、2500ルクスの光を15分~30分浴びましょう

この光が脳を覚醒させセロトニンの分泌を助けてくれ、日中を活動的にしてくれ、

夜には自然と眠くなるメラトニンを分泌させてくれるんです。

置きたい場所に合った本体のサイズ

光目覚まし時計を選ぶ際には、置きたい場所に合った本体のサイズを考慮することが重要です。

光目覚まし時計は、ベッドサイドテーブルやデスクなど、自分の使いたい場所に置くことができるので、まず、使用する場所のスペースを確認しましょう。

狭いスペースに置く場合は、コンパクトなサイズの光目覚まし時計がおすすめです。

一方、広いスペースに置く場合は、大きめのサイズの光目覚まし時計を選ぶことで、存在感を出すことができますよ。

また、本体のサイズだけでなく、ディスプレイの大きさも重要です。見やすい大きさのディスプレイを選ぶことで、時間や設定が一目でわかりやすくなります。

さらに、デザインも考慮しましょう。

自分の部屋のインテリアに合ったデザインの光目覚まし時計を選ぶことで、

目覚めるだけでなく、部屋の雰囲気も楽しむことができます。

置きたい場所に合った本体のサイズを選ぶことで、光目覚まし時計を効果的に活用することができます。

快適な目覚めを実現するために、自分の使いたい場所やスペースに合った光目覚まし時計を選んでみてください。

追加機能とその利便性

光目覚まし時計には、さまざまな追加機能があります。

例えば、自然な目覚めをサポートするために、夜間の睡眠状態をモニタリングする機能があります。

これにより、睡眠の質を把握し、最適な光の強さや音量を設定することができます。

また、一部の光目覚まし時計には、目覚める前に徐々に明るくなるシミュレーション機能もあります。

これにより、眠りから覚める際のストレスを軽減し、心地よい目覚めを実現することができます。

さらに、光目覚まし時計は、目覚めるだけでなく、就寝前のリラックスタイムにも活用することができます。

例えば、穏やかな光や自然音を流す機能があり、リラックス効果を高めることができます。

これらの追加機能は、光目覚まし時計の利便性をさらに向上させます。

快適な目覚めを実現するだけでなく、睡眠の質を向上させることもできます。

光目覚まし時計を選ぶ際には、自分の好みや目的に合った機能を重視して選ぶと良いでしょう。

電源方式:コンセント給電式と充電・電池式の違い

光目覚まし時計の選び方のポイントの一つに、電源方式があります。

光目覚まし時計には、コンセント給電式と充電・電池式の2つの方式があります。

コンセント給電式の光目覚まし時計は、常にコンセントに接続して使用するタイプです。

電源が安定しているため、明るさや音量を自由に調節できる利点があります。

また、長時間使用することができるため、快適な目覚めを実現することができます。

一方、充電・電池式の光目覚まし時計は、充電や電池交換が必要なタイプです。

電源が切れる心配があるため、定期的なメンテナンスが必要です。

しかし、コンセントに接続せずに使用できるため、持ち運びや場所の制約が少ないという利点もあります。

電源方式は、使用環境や使い方によって選ぶべきポイントとなります。

長時間使用する場合や明るさや音量を調節したい場合は、コンセント給電式がおすすめです。

一方、持ち運びや場所の制約がある場合は、充電・電池式が便利です。

光目覚まし時計を選ぶ際には、電源方式にも注意を払いながら、自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。快適な目覚めを実現するために、光目覚まし時計の電源方式を考慮して選んでみてください。

光目覚まし時計おすすめ5選:最新モデルで快適な目覚めを実現

光目覚まし時計は、自然な光を使って目覚めることができる便利なアイテムです。

最新モデルでは、さまざまな特徴や利点があります。

以下では、おすすめのモデルを5つご紹介します。

1.トトノエライトプレーン

トトノエライトプレーン

「トトノエライトプレーン」は、以下の特徴とメリットがあります。

  1. 太陽と同レベルの光を発する:トトノエライトプレーンは、太陽と同レベルの光を発することができます。これにより、自然な目覚めを促すことができます。
  2. 様々な機能を搭載:トトノエライトプレーンは、様々な機能を搭載しています。これにより、ユーザーの生活リズムに合わせて設定を変更することができます。
  3. アプリでの操作が行えない:トトノエライトプレーンは、アプリでの操作が行えません。これにより、操作が簡単で直感的になっています。
  4. 価格が安くなった:トトノエライトプレーンは、従来のトトノエライトよりも価格が安くなっています。
  5. カラーがホワイトのみ:トトノエライトプレーンは、カラーがホワイトのみとなっています。

また、トトノエライトプレーンの使用によるメリットとしては、以下のようなものがあります。

朝シャキッと起きることができる:トトノエライトプレーンを使うと、アラームが鳴るころには目が覚めているとの口コミが多いです。

〇生活リズムを整える:トトノエライトプレーンは、光を利用して生活リズムを整えることができます。これにより、朝の生活習慣が改善される可能性があります。

〇白色LEDで睡眠リズムを整える:トトノエライトプレーンは、2,500ルクス以上の光を利用して睡眠リズムを整えることができます。これにより、寝付きが良くなる可能性があります。

【光目覚まし時計 トトノエライトプレーン】

2.トトノエライト

トトノエライト

「トトノエライト」は、以下の特徴とメリットがあります。

〇朝の太陽の光を再現:トトノエライトは、朝の太陽の光を再現して自然な目覚めを促します。これにより、自然な目覚めをサポートします。

〇光の強さと色を調整可能:トトノエライトでは、光の強さは起床時間に合わせて調整可能で、徐々に明るくなります。また、光の色はオレンジ色から白色まで調整可能です。

〇生活リズムを整える:トトノエライトは、赤と白の光を浴びるだけで正しい生活リズムを取り戻します。これにより、日中のパフォーマンスを上げたい方や、逆転してしまった昼夜のリズムを戻したい方におすすめです。

〇美容効果:「トトノエライト」は美顔器にも活用されている波長の赤色LEDを採用しています。これにより、寝ながら美容を叶えることが可能です。

 

3.フィリップススマートスリープ ウェイクアップ ライト 光目覚まし時計

〇「起こされる」から「自然に起きる」へ。

◆朝日をヒントに開発された光で徐々に部屋を明るくすることで、太陽の光を浴びて目覚めたかのような体験を

◆夕日をヒントに開発された光で日没後のように徐々に暗くすることでリラックスした眠りを。

◆ベッドサイドライトとして読書灯や常夜灯として使用可能。デザイン賞受賞のスタイリッシュなデザインなのでインテリアとしても活躍。

◆FMラジオ搭載なので日中でも活躍。アラーム音をFMラジオに変更できます。

対応電圧:AC100V-240V,50/60HZ,12W、電源方式:交流式、メーカー保証:2年

心地よい目覚めに、光はとても大切です。SmartSleep ウェイクアップ ライトは朝日の光をヒントに開発されたベッドサイドライトです。20年以上に渡る研究によって開発された光と音で朝日のように緩やかにお部屋を照らし、あなたを自然な目覚めへと導きます

 

光目覚まし時計を使用した朝の過ごし方:より快適な目覚めを得るためのアイデア

光目覚まし時計を使って朝を迎えることで、より快適な目覚めを実現することができます。

以下に、光目覚まし時計を使用した朝の過ごし方のアイデアをご紹介します。

まずは、光目覚まし時計の最適な使用方法です。

光目覚まし時計は、朝日のような明るい光を放つことで、自然な目覚めを促します。

そのため、寝室の明るさを調整することが重要です。

寝る前にカーテンを閉め、部屋を暗くすることで、光目覚まし時計の効果を最大限に引き出すことができます。

また、光目覚まし時計を活用した朝のルーティンもおすすめです。

目覚めた後は、まず光目覚まし時計の光を浴びることで、目が覚めるだけでなく、体内時計を整えることができます。

その後、ゆっくりとストレッチや深呼吸を行い、体を目覚めさせることも効果的です。

さらに、朝食を摂る際にも光目覚まし時計の光を浴びることで、目覚めの効果を持続させることができます。

光目覚まし時計を使用した朝の過ごし方を取り入れることで、快適な目覚めを得ることができます。ぜひ、光目覚まし時計を活用して、新しい朝を迎えてみてください。

光目覚まし時計の最適な使用方法

光目覚まし時計を使用する際には、以下の最適な使用方法を守ることが重要です。

まずは、光目覚まし時計を使用する時間帯を設定しましょう。

光目覚まし時計は、自然な光を模倣して目覚めるため、朝の時間帯に使用するのがおすすめです。朝日が昇る時間に合わせて、光目覚まし時計の設定を行いましょう。

次に、光目覚まし時計のルクス(照明の強さ)の設定を調整しましょう。

光の強さは、個人の好みや眠りの質によって異なるため、自分に合った明るさに調整することが大切です。

また、光目覚まし時計を使用する前に、寝室の照明を暗くすることもおすすめです。

暗い環境で光目覚まし時計を使用することで、光の効果をより感じることができます。

光目覚まし時計を使用した朝は、ゆっくりと目を開けて光を浴びることから始めましょう。

目を開けると同時に、自然な光を浴びることで、目覚めがスムーズになります。

以上が、光目覚まし時計の最適な使用方法です。光目覚まし時計を上手に活用して、快適な朝を迎えましょう。

光目覚まし時計を活用した朝のルーティン例

光目覚まし時計を活用した朝のルーティンをご紹介します。

まず、目覚まし時計の設定を行います。光の明るさや目覚まし音の音量を自分の好みに調整しましょう。そして、朝の目覚めが快適になるように以下のルーティンを実践してください。

1. 光目覚まし時計の光で目覚める
光目覚まし時計は、徐々に明るくなる光で目を覚まします。

目覚める前の30分から1時間前に光が徐々に明るくなるように設定しましょう。

これにより、自然な目覚めを促すことができます。

2. ストレッチや軽い運動を行う
目覚めたら、ベッドから起き上がりましょう。

その後、ストレッチや軽い運動を行うことで体を目覚めさせることができます。

朝の体操やヨガのポーズを取ると良いでしょう。

3. 朝食を摂る
朝食は一日のエネルギー源となる重要な食事です。

光目覚まし時計で快適に目覚めた後は、栄養バランスの取れた朝食を摂るようにしましょう。

野菜や果物、たんぱく質を含む食品を取ると良いですね。

4. 朝のスキンケアを行う
朝は肌を清潔に保つためにスキンケアを行いましょう。

洗顔や化粧水、保湿クリームなどを使用して肌を整えます。

光目覚まし時計の光で目が覚めた後は、肌もスッキリと目覚めることができます。

5. 朝の読書や趣味を楽しむ
朝の時間を有効活用するために、読書や趣味を楽しむ時間を作りましょう。

光目覚まし時計で快適に目覚めた後は、リラックスした状態で自分の好きなことに集中することができます。

光目覚まし時計を活用した朝のルーティンを実践することで、より快適な目覚めと充実した朝を迎えることができます。

ぜひ、自分に合った朝のルーティンを見つけてみてください。

まとめ:光目覚まし時計で新しい朝を迎えよう

光目覚まし時計で新しい朝を迎えるためのポイントをまとめます。

まず、光目覚まし時計は自然な目覚めを実現する新しい方法です。

従来の音だけではなく、光を使って目覚めることで、スッキリとした気持ちで一日をスタートすることができます。

光目覚まし時計の主な魅力は、自然な光で目覚めることで体内時計を整え、快適な目覚めを実現することです。

光目覚まし時計を選ぶ際のポイントとしては、まずルクス(照明の強さ)の重要性が挙げられます。

明るさの調整が可能な光目覚まし時計を選ぶことで、自分に合った明るさで目覚めることができます。

また、置きたい場所に合った本体のサイズも重要です。

スペースに合わせて適切なサイズを選ぶことで、スッキリとした朝を迎えることができます。

さらに、追加機能とその利便性も考慮する必要があります。

例えば、ラジオやBluetoothスピーカーなどの機能が付いていると便利です。

また、電源方式も重要なポイントです。コンセント給電式と充電・電池式の違いを考慮し、自分に合った電源方式を選ぶことが大切です。

光目覚まし時計を使用した朝の過ごし方については、最適な使用方法や朝のルーティン例を紹介します。

光目覚まし時計の最適な使用方法としては、起床時間や光の明るさを調整することが重要です。

光目覚まし時計を活用した朝のルーティン例としては、光を浴びながらストレッチや読書をするなど、自分の好きな時間を過ごすことができます。

まとめとして、光目覚まし時計で新しい朝を迎えるための選び方とおすすめモデルを再確認しましょう。

光目覚まし時計で快適な朝を迎えるメリットは、自然な目覚めや体内時計の整えによるスッキリとした気持ちで一日をスタートすることができることです。

最後に、読者へのメッセージとして、光目覚まし時計を使ってより快適な朝を迎えるために、ぜひ適切な選択と使い方を心掛けてください。