青信号や、青汁って緑色なのに何故青〇〇って言うの?その他にも青菜とか?そんな不思議を解説します!

青信号雑学
青信号
緑色なのに青〇〇って言いますよね、不思議に思ったことありませんか?

子供に「なんで緑色なのに青汁とか、青信号って言うの?」って聞かれたらどう答えますか?

そうなんだよね、信号って緑色なのになんで青信号っていうの?

緑色の汁なのに「青汁」とか、ママは分かるの?

そうなんだよね、ママも詳しく分からないので、

一緒に調べてみようか?

何故、私たちは「緑」を「青」というのでしょうか?

実はこの理由をハッキリさせるには、

日本の昔、平安時代までさかのぼる必要があるんです。

なぜかというと、この当時の色は4種類しかなかったそうです。
色自体はあったのですが、色を示す言葉が4種類しかなかったとのことです。

4種類の色とは?

平安時代の色を示す4種類の言葉は、「赤」「青」「白」「黒」これだけだったんです。

他の色はこの4色を使って表していたんです。
例えば茶色は浅黒いいろとかです。

当時は緑色を青と区別した色とされていなかったんですね。

黄色も赤の一種としていたんです、そのような理由で日本の色を示す言葉は4つだけだったんです。

「赤」は明るいを表し、「黒」は暗いを表し、「白」ははっきりした事で、「青」は淡いと言う意味なんです。

赤、黒、白、以外は全て青で表現していたそうです。

色自体は鎌倉時代から増えていったそうなんですが、優先順位は4色が強かったようです。

えっそうなんですね!

昔は色としては4色しかなかったんですね。

ビックリしました。

そんな名残りで、緑を青って言ってるんだね。

そうなんです、信号については、面白い話があるんだよ。

一番最初に設置された信号は「青信号」じゃなくて、「緑信号」だったんです。

日本で最初の信号は「緑信号」だった?

実は日本で最初に設置された信号は、日比谷交差点だそうです。

その当時の交通法令では「緑信号」と書かれていました。

ところが信号設置を知らせる新聞記事が「青」としたために、

広く青信号として広まってしまい、法令も「青」に変更したそうです。

もし緑信号として新聞が知らせていれば、

今現在「赤」止まれ・「緑」すすめ・「黄」注意になっていたかもしれませんね。

では平安時代は他の色をなんと言っていたのでしょうか?

平安時代は「赤」「黒」「白」「青」以外の色をイメージで表していた。

着物を見ればわかると思いますが、色自体は現在よりも多かったんではないでしょうか?

今のように黄緑、紫、ピンクとかオレンジ色とかのようにハッキリとした言い方ではなかったんです。

当時の色の表し方を少しご紹介します。

青柳という色。

この色は青みを増した春の柳の葉のような強い黄緑のことで、

古くからの色名だそうで、平安時代の重色目に由来しているそうです。

若草色

早春に芽吹いた若草のようなあざやかな黄緑のことです。

若苗色

田植えの時期の若い苗のような新鮮な黄緑のことだそうです。この色の言い方も

夏の色として平安時代から使われていたそうです。

まだまだたくさんの色の表現の仕方があったようです。

当時の着物をつくる時の色使いは相当優れていますよね。

色々な色を言葉表現していてたので、緑色も青色で表現していたのでしょう。

そんな色の歴史が、信号の緑色が青信号といわれても、

違和感なく皆に浸透していったのかもしれません。

まとめ

緑色の信号や緑色の汁を何故?

青汁と言うのか、そんな疑問を解説してきました。

過去の日本には、赤、白、黒、青の4色しかなかった!

そんなことも分かってきました。

その影響で緑を示す色が、青になっているようです。

 

タイトルとURLをコピーしました