ヤシガニの挟む力!生物界最強クラスである事が判明 !その力はライオンに匹敵⁈

食べる
ヤシガニの挟む力は、自分の体重の約90倍!にもなるそうです!

大きくならると最大サイズが4キロまで成長するそうですが、そのサイズだと

挟む力は、360キロの力にもなるそうです!

360キロの力で挟んでも爪が壊れないのは、

爪の表面は鋼鉄並みの硬さがあると判明しました

挟む力が360キロってライオン並みっていわれても、

なんとなくわかるけど、どの位の力なのか?

ヤシガニの挟む力を動画でみるとヤバすぎ!

動画で分かりやすく紹介しているもがあったので、

みてくださいね、これを見るとその凄さがわかります。

ホントにヤバイ力です!指挟まれたら切断しちゃう(*_*;

最強の甲殻類、ヤシガニに乾電池を挟ませた結果・・・!

まさかここまでの挟む力があるなんて、ホントに驚きです!

サイズが4キロにいかなくても、

指とか挟まれた、かなりヤバイね(*_*;

日本のどの辺にいるのかしら?

ヤシガニの生息地域はどこ?

日本では沖縄、宮古、八重山の各諸島に生息しますが、

絶滅危惧雄は雌より大きく体長は40センチメートルを超え、

脚を広げると1メートル以上にもなり、

最大サイズは4キログラム以上に成長するそうです。

ヤシガニは陸生のヤドカリの仲間では最大なんですね。

ヤシガニは絶滅危惧種Ⅱ類に指定されているんですよ。

宮古島は14年から「ヤシガニ保護条例」を制定施行しているそうです。

ヤシガニは絶滅危惧種Ⅱ類に指定!宮古島「ヤシガニ保護条例」を制定施行!

毎年6月1日~8月31日の繁殖期間を、市内全域での捕獲を全面禁止しています。

ヤシガニを捕獲すると条例違反となり、罰金10万円が科せられます。

多良間は7月1日~8月31日が捕獲禁止期間で、罰金は5万円。

宮古島ヤシガニ指定保護区は?

宮古島の指定保護区は、城辺の保良・福里・友利・七又、平良狩俣の間那津、

池間島北海岸、来間島南東側の4地区、年間を通して捕獲を全面禁止。

保護区を除く場所は、年間を通して甲長8㌢未満の小型・12㌢以上の大型の個体・さらには抱卵したメス、繁殖期間はいずれも捕獲禁止となっています。

 

多良間の禁止期間は毎年7月1日~8月31日で、対象は甲の大きさ8㌢以下、重さ600㌘以下、抱卵しているメスとなっています。

なんで絶滅危惧種になってしまったのか?

ヤシガニが珍味で食べられるので乱獲されたり、湾岸開発による事故でドンドン少なくなってきたようです。

海岸近くの地上で生息するので、湾岸の環境変化には敏感なのでしょう。

ヤシガニは飼育できるの?

ヤシガニの飼育が成功するかどうかは、脱皮に掛かっていると言っても過言ではないようです。

年に2回脱皮するので、これが成功するかしないかで、

その後のヤシガニの成長に関わってきます。

もし永く飼育を考えている場合は、ヤシガニが脱皮できる環境を整えましょう。

ヤシガニの脱皮に必要な環境は?

ヤシガニの脱皮には水分が必要なため、お腹に水分をため込みます。

脱皮1ヵ月前位からお腹が膨らみ始め餌も食べなくなります。

脱皮は砂の中で行うので、体が埋まるなるくらいの砂が必要です。

またヤシガニの寿命は永く50年位と考えられています、

雄は雌より大きく体長は40センチメートルを超え、

脚を広げると1メートル以上にもなり、体重は4 キログラム以上に成長するそうです。

年2回も脱皮するので、ドンドン大きくなってきます。

餌をやるだけでは、永い飼育は難しそうですね。

かなり大きな飼育環境と身体が埋まる砂が必要ですね、

また砂は常に湿った状態でないとダメなようです。

ヤシガニは食べることはできるが、育った環境で毒を保有⁈

ヤシガニは雑食でなんでも食べるそうです。

珍味で美味しいそうですが、何を食べて育ったかが問題のようです。

絶滅危惧種で捕獲制限されているので、

自分で捕獲して食べるということはないと思いますが、

もし万が一ヤシガニを手に入れても、自分で調理して食べるようなことはやめたほうが良いです。

食中毒やウイルスに感染することもあるかもしれません。

ヤシガニは食べることはできるけど、好んで食べない方が良いということです。

まとめ

ヤシガニについてお話してきました、

なんと挟む力は自分の体重の90倍!最大サイズになるとライオン級の力だそうです!

絶滅危惧種に指定されて、飼育するには環境が難しいそうです。

ヤシガニは食べることもできるそうです、味は珍味なんだとか。

しかし育った環境で毒を保有しているので、自分で調理して食べるのは止めた方がよさそうです。

タイトルとURLをコピーしました