ソレダメ!で紹介「秋の味覚 炊き込みごはん!プロの直伝で美味しさ倍増」その秘密は?

料理
それダメで紹介された、100円で格上げする秋の味覚炊き込みご飯

7年連続ミシュランで星を獲得する名店【四ツ谷・鈴なり】が直伝!

これで美味しい炊き込みご飯ができますよ。

「栗の炊き込みごはん」
<材料(4人前)>

・新米 2合

・鶏もも肉 80g

・甘栗  お好みの量

・薄口醤油 20ml

・酒 20ml

・はちみつ 小さじ1

・バター 10g

・水 360ml

・黒ごま 適量

・サラダ油 適量

作り方

<作り方>
①フライパンにサラダ油を引き、鶏もも肉を表面に軽く焼き目が付く程度に焼きます。 

食べやす大きさに切る

②水・薄口醤油・酒を合わせて、調味液を作る。


③炊飯器に新米・②・①・甘栗・はちみつの順に入れ、通常モードで炊く。

炊飯器に米を入れ、調味液をいれます。その上に、カットした鶏肉、甘栗を入れ、最後にはちみつ

を入れます。

④炊き上がったら、バター・黒ごまを入れて混ぜ合わせ、茶碗に盛り付けたら完成。

バターをのせてからよく混ぜ合わせ黒ゴマをのせてます。

 

お茶碗に盛り付けてできあがり。


☆ポイント①☆

鶏のもも肉を使用することで、淡白な味にコクが加わる。

☆ポイント②☆
鶏のもも肉に焼き目を付けることで、香ばしさがプラスされ、栗の甘味が引き立つ。

☆ポイント③☆
はちみつを入れることで、ふっくらツヤが出て、香りも豊かになる!

☆ポイント④☆
バターを入れることで、コクと旨味がプラスされる!

これは簡単ですね、

材料さえ揃えればすぐにできそうです。

今日のごはんに作ってみよ♪

ほんとに簡単で美味しい炊き込みご飯ができるので、

ぜひやってみてください。

つづいて、それダメ「新じゃがの新常識」コーナーで紹介されたレシピです。

新じゃがのイモ餅の作り方を解説していきます。

新じゃがのイモ餅

じゃがいも農家直伝!
秋の新じゃがで作る
「いももち」
<材料(2人前)>
・新じゃが(メークインがオススメ!) 3個
・長芋 1/4個
・片栗粉 大さじ1
・砂糖 適量
・醤油 適量
・サラダ油 適量
<作り方>
①新じゃが(皮付きのまま)・長芋を乱切りにする。②耐熱容器に①を入れ、600wのレンジで12分加熱する

 

③②をマッシャーでつぶし、塊がなくなったら、片栗粉を加えて混ぜ合わせる。

④③を棒状にしてラップに包み、粗熱が取れたら輪切りにする。

 

粗熱が取れたら輪切りにする。

⑤フライパンにサラダ油を引き、中火で焼き色が付くまで焼いたら、砂糖醤油を絡めて完成。


☆ポイント①☆
新じゃがは、皮が薄いため、むかずに調理するのがソレマル!
皮付きのまま調理することで、じゃがいもの香りが強くなり、栄養も豊富にとることができる!

☆ポイント②☆
長芋を入れることで、よりモチっとした食感になる!

甘栗の炊き込みご飯と新じゃがのイモ餅のレシピーをご紹介してきました。

簡単ですので、是非作ってみてください。

まとめ

それダメ!で紹介された秋の味覚を使った炊き込みご飯のレシピと、

新じゃがを使ったレシピをご紹介しました。

秋の味覚の炊き込みご飯は、プロの直伝レシピなので作ってみる価値ありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました