【あさイチ】ハンバーグステーキをきのこソースで!みんなごはんだよで紹介、大宮シェフ直伝レシピ

いままでのハンバーグの作り方と違う、大宮シェフ直伝レシピ!

ハンバーグをステーキのように食べる、そんな作り方を大宮勝雄シェフが教えてくれました。

手でこねたり、形を整えたりせずにヘラとラップで作るハンバーグが新鮮でした。

あくまでもハンバーグの温度にこだわった大宮シェフのハンバーグをつくってみましょう。

手でこねないで、ヘラだけで混ぜるのね。

整形もラップを使うんだ。

私の常識が???でもつくってみよ!

 

大宮シェフ直伝ハンバーグステーキのレシピと作り方

材料・2人前

◎合いびき肉・・・300g(豚20%・牛80%)

◎タマネギ・・・・100g

◎たまご・・・・・1個

◎パン粉・・・・・大さじ2

◎塩・・・・・・・少々

◎こしょう・・・・少々

◎冷水・・・・・・・大さじ1〜3

【ソース】

◎赤ワイン・・・・100CC

◎しょうゆ・・・・30CC

◎片栗粉・・・・・小さじ1/2

◎サラダ油・・・・大さじ1

◎きざみにんにく・小さじ1/2

◎しめじ・・・・・30g

◎まいたけ・・・・30g

◎バター・・・・・30g

【付け合せ】

番組ではトマトとクレソンでしたが、

私はコーンやポテトフライにしました。

これはお好みで良いと思います。

あくまでも、私の考えです(^o^)

ハンバーグの材料は8:2!合いびき肉で牛が多目ね。

あとは牛乳とか入れないんだ、ナツメグとかも使わないのか。

ソースは赤ワイン使ったしょうゆ味のきのこソースね。

大宮シェフ直伝ハンバーグステーキの作り方

1、タマネギはみじん切りにする。耐熱皿に入れてラップをかけてレンチン。

600wで1分40秒加熱、しっかり冷ます。

2、ボールにパン粉・たまご・レンチンしたタマネギを入れよく混ぜる。

3、別のボール(氷を下に敷く)に合いびき肉を入れ、混ぜ合わせた2を加えて塩・こしょうも入れます。

注)手の温度がハンバーグに伝わらないように、混ぜるときは、ゴムベラを使います。

4、粘りが出てきたら、冷水を加えてさらに混ぜこんでいく。

5、ヘラで10〜15回くらい混ぜたら、ハンバーグの形をつくっていきます。

まな板にラップを広げて、ヘラで肉ダネを1人前取り、

その上にラップを重ねて、3回手でパン、パン、パンとたたいて平らにします。

俵型というよりもぞうりに近い形にしていきます。

上のラップをはずして、包丁で格子状に筋を入れていきます。

6、フライパンにサラダ油をいれて加熱、格子状の面を下にして焼いていく。

焼き色が付いたらひっくり返して裏面も焼いていきます。

最初は中火の強めで両面を焼いてから、少し弱火にして中まで火入れ。

ハンバーグを焦がさないように注意しましょう。

【ソースを作っていく】

1、ボウルに赤ワイン・しょうゆ・片栗粉を入れてよく混ぜる。

注)片栗粉は一番最後に入れる。

【順番】 赤ワイン▶しょうゆ▶片栗粉の順に入れましょう。

逆に入れるとダマになりやすいです。

2、別のフライパンを用意して、サラダ油を入れニンニクのみじん切れを加え、

香りが立ったらしめじ・マイタケを入れ炒めていく。

1を加えて煮立たせて、とろみがついたら完成。

注)ニンニクは焦がさない、苦味がでるため。

3、お皿に付け合せとハンバーグを盛り付け、ソースをかけたら完成です。

なるほど、俵形のハンバーグというより、

わらじのような平たいステーキのような形のハンバーグね♪

これならすぐに火が入りそうね!

だからハンバーグステーキか(^o^)

さっそく作ってみよ。

まとめ

【あさイチ】みんなごご飯だよで大宮勝雄シェフが教えてくれた、

まるでステーキのようなハンバーグの作り方。

ハンバーグステーキのレシピをご紹介しました。

大宮シェフは手でこねない、手で整形しない、

ヘラとラップを使って作っていくハンバーグは、絶品でした。

ぜひ参考にして作ってみてください。