• 本ページはプロモーションが含まれています

【ビアードパパ】社名変更・(株)麦の穂から(株)DAY TO LIFEへ!只今クリスマスケーキ、2024福袋予約開始!

食べる

2023年度クリスマスケーキの予約 – ビアードパパ

— クリスマスだけのとっておきのおいしさをどうぞ。 ご予約は、全国のビアードパパ店舗にて受付中。 予約申込用紙は下記よりダウンロードいただけます
ビアードパパクリスマスケーキ予約

 

ビアードパパ2024年福袋販売のお知らせ

シュークリーム専門店ビアードパパにて2024年1月1日(月)から1月5日(金)の間、お得な特別割引券の入った福袋を数量限定で発売いたします。

お近くのビアードパパで手に入れましょう。

ところで、ビアードパパの「Beard Papa」ってどういう意味なのでしょう。

ビアードパパの「Beard Papa」とはどういう意味?

【豆知識】ビアードパパの『ビアード』は、『beard=あごひげ』という意味。 おヒゲのお父さん自慢の、シュークリーム専門店です。

シュークリーム専門店のビアードパパ、他を圧倒する強みってなんなのでしょう。

ビアードパパの強みは何?

「ビアードパパ」は国内220店舗、海外で200店舗以上展開する、「できたて・作りたて」のシュークリーム専門店で、駅ビル、SCを中心に展開しています。

シュークリームという定番のスイーツを、徹底的に研究追及しているんです。

定番スイーツならではの安定した収益と、20年の実績によるきめ細かなフォローが強みであるんです。

シュークリームの専門店で、なぜこんなに人気になったのでしょうか?

ビアードパパ なぜ人気?

では、なぜ「ビアードパパ」はここまで人気を集めるのでしょうか。

それはズバリ、商品力だ。

材料のこだわりはもちろん、その場でクリームを詰める実演販売スタイルで表面はサックリ、中はしっとりもちもちとした食感を実現。

「コンビニがつくる商品と同じコンセプトで勝負しても負ける。

圧倒的な商品力を武器に、強気の出店攻勢 持ち前のベンチャースピリット で、常にチャレンジし続けているのが、人気の秘密かもしれません。

では、ビアードパパって創業はどこなのでしょう。

ビアードパパはどこの国のもの?

ビアードパパの創業は日本発なんです、 創業20周年でいまや世界へ広がるビアードパパになっています。

そして、日本発のオリジナルシュークリームが、いま世界中に広がっています。

食べるとわかるんですが、ビアードパパのシュークリームの生地はホントさくさくなんです。

なんでこんなにさくさくなんでしょう、さらに食べるときに生地が散らばらないんです。

ビアードパパのシュークリームはなぜサクサクしている?

薄い生地が幾重にも重なり、間に空気が挟み込まれているから、独特のサクサクという食感が生まれるそうです。

しかし、これだと、かじったときに生地が細かく割れてこぼれてくるので、シュークリームの皮としては食べにくいんです。

ところが、ビアードパパでは、サクサクとした口当たりを生かしながら、食べやすさも確保した「練り込み型」の生地を独自に開発したんです。

なるほど、だからさくさくなのに生地がこぼれないのね♪

しかも、中のクリームとの相性が抜群!

思い出すと又食べたくなった(^^

そんな美味しいシュークリームを販売しているビアードパパは、全国に何店舗あるのでしょう。

ビアードパパは全国に何店舗?

全国245店舗(2022年12月現在)「ビアードパパ」意外と知られていないその全容 創業20周年、海外へは14カ国約190店舗進出しているんです。

ビアードパパの年商
売上高 100億6,500万円(2022年2月期実績) 80億4,300万円(2021年2月期)

本社郵便番号 530-0047
設立 1997年12月22日
資本金 1,100万円

従業員 正社員: 215名 パートアルバイト: 1,969名 (2023年2月末時点)実績)

【引用ビアードパパ公式】

 

「ビアードパパ」は、豊橋には「カルミア豊橋」2Fに店舗があります。

このカルミア豊橋店では、シュークリーム以外の人気商品があるんです。

シュークリームが人気なのはもちろんのこと、シュークリーム以外の人気商品、それが「クレープ」なんです。

「ビアードパパ」を展開している(株)DAY TO LIFE【旧社名:(株)麦の穂】の公式サイトによると、

クレープを取り扱いしている店舗は全国に4店舗しかなく、そのうちの1店舗が「ビアードパパ カルミア豊橋店」とのことです。

全国でも4店舗しか取り扱いのない商品。

これって食べてみたくなりますよね、全店で販売してくれないか待ち遠しいかぎりです。

ビアードパパの経営者は誰?

シュークリーム専門店ビアードパパを展開する(株)DAY TO LIFE【旧社名:(株)麦の穂】(本社:大阪府大阪市、代表取締役:杉内健吉)は、“ビアードパパ”の新コンセプトショップ“beard papa20th(ビアードパパ トゥウェンティース)”の1号店を、2018年12月14日(金)に大阪地下街株式会社(本社:大阪府大阪市)が施設運営する「ホワイティ 梅田」にオープンしました。

あらたにニューコンセプトお店もオープンしているんですね、常にチャレンジして前に進んでいる

ビアードパパはこれからも注目していきたいです。

ところで、シュークリームのシューってキャベツの意味なんですが、何故キャベツなの?

なんて、考えてしまいました。

シュークリーム なぜキャベツ?

シュークリームの語源は、シューとはフランス語で「キャベツ」を意味しており 焼き上がりの形が、ふっくらとしたキャベツの形に似ているところから命名されたといわれています。

そんなシュークリームってだれが作ったのでしょう?

シュークリーム 誰が作った?

16世紀中ごろ、イタリア・メディチ家のカトリーヌ姫(ひめ)が多くの料理人を連れてフランス国王・アンリ二世にお嫁(よめ)入りをしたんだそうです。

その時、イタリアの菓子職人(かししょくにん)ポプランがシュー生地をフランスに持ち込んだと言われているんです。

なるほど、そうすると発祥はフランスなのかな?

 

「シュークリーム」という言葉は、フランス語由来です。フランス語での表記は「choux à la crème」(シュー・ア・ラ・クレーム)で、直訳すると「クリームのシュー」を意味します。

ここでの「シュー」(choux)は、軽くて空気を含んだパフ状の生地「シュー生地」(pâte à choux)を指します。この生地を小さく丸めて焼き、クリームやカスタードで満たしたデザートが「シュークリーム」です。

「シュークリーム」という名前は、日本や他の多くの国で使われており、フランスの洋菓子の影響を受けた表現です。英語圏では「クリームパフ」(cream puff)として知られています。

そうです、シュークリーム(Choux cream)は、フランス発祥のデザートです。

フランス語で「パート・ア・シュー」と呼ばれる生地を使用し、クリームやカスタードクリームで詰められています。このデザートは、フランスのパティスリー文化を象徴するものの一つであり、世界中で広く愛されています。

シュークリームは、海外では主に「クリームパフ」(Cream Puff)として知られています。この名前は、その特徴であるパフ状の生地と、中に詰められたクリームに由来しています。アメリカやイギリスなどの英語圏では特にこの呼び名が一般的です。

また、フランスでは「シュー・ア・ラ・クレーム」(Choux à la Crème)と呼ばれています。これは、使用される生地が「シュー生地」(Pâte à Choux)であること、そして中にクリームが詰められていることにちなんでいます。

 

ア・ラ・クレームとはどういう意味?

「ア・ラ・クレーム」とはフランス語で「クリーム仕立ての」という意味の料理用語です。

これは、料理がクリームまたはクリームベースのソースで作られたり、クリームを豊富に使用したりしていることを示します。

この表現は、特にソースや具材にクリームが使われている料理に適用されます。

ア・ラ・クレームの例:

魚のア・ラ・クレーム: 魚をクリームソースで煮込んだ料理。たとえば、サーモンや白身魚をクリーム、ハーブ、時にはワインで煮込んで作ります。

鶏肉のア・ラ・クレーム: 鶏肉をクリームソース、マッシュルーム、ハーブと共に調理した料理。このソースは、鶏肉に濃厚で滑らかな風味を加えます。

ール貝のア・ラ・クレーム: ムール貝をクリームとニンニク、玉ねぎ、ハーブで煮込んだ料理。通常、パンと一緒に提供されます。

スープ・ア・ラ・クレーム: クリームをベースにしたスープ。例えば、キノコや野菜のクリームスープなどがあります。

野菜のア・ラ・クレーム: 様々な野菜(例えば、アスパラガスやブロッコリー)をクリームソースで和えたり、クリームで煮込んだりした料理。

これらの料理は、クリームのリッチな風味と滑らかな口当たりが特徴で、濃厚ながらも洗練された味わいが楽しめます。

フランス料理では特に一般的な調理法で、クリームを使った料理の豊かさと洗練さを象徴しています。

シュークリーム 逆さま なぜ?

シュークリームの名前が「クリームシュー」ではなく「シュークリーム」となっている理由には、いくつかの考察があります。

まず、このデザートの名前の起源はフランス語の「シュー・ア・ラ・クレーム」(Choux à la Crème)にあります。

「シュー」はシュー生地(Pâte à Choux)を指し、「ア・ラ・クレーム」はクリームを意味します。

フランス語では、形容詞は通常名詞の後に来るため、「クリームのシュー」ではなく「シューのクリーム」となります。

この命名法は、シュー生地自体がこのデザートの重要な要素であり、多様な詰め物で使われる可能性があることを反映しています。

クリーム以外にも、カスタード、果物、アイスクリームなどさまざまな詰め物が使われることがあります。したがって、「シュークリーム」という名称は、このデザートの基本であるシュー生地に焦点を当てています。

さらに、言語間での翻訳や名称の採用においては、しばしば元の言語の文法や慣習がそのまま引き継がれることがあります。

このため、フランス語の命名法が他の言語にも影響を与え、多くの国で「シュークリーム」という名前が使われています。

シュークリームは冷凍できる?

シュークリームは冷凍することができますが、解凍後の品質にはいくつか注意点があります。

【冷凍可能性】

シュー生地: シュー生地自体は冷凍に非常に適しています。焼き上げた後に冷凍すると、生地の食感を比較的良好に保つことができます。

クリーム: クリームの種類によりますが、一般的にはカスタードクリームやバタークリームは冷凍に適しています。

ただし、ホイップクリームは解凍後に水分が分離しやすいため、冷凍すると食感が劣化する可能性があります。

解凍後の品質】

食感の変化: 冷凍と解凍の過程でシュー生地が湿気を帯び、もともとのサクサクとした食感が失われる可能性があります。

クリームも同様に、水分分離や食感の変化が生じることがあります。

味の変化: 味自体は大きく変わらないことが多いですが、食感の変化が味わいに影響を与えることがあります。

【冷凍・解凍のヒント】

1.シュー生地は焼き立てを冷凍するのがベストです。クリームは冷凍に適したものを選びましょう
冷凍する際は、しっかりと空気を抜いて密封することが重要です。

2.解凍は冷蔵庫でゆっくりと行い、解凍後はできるだけ早く消費することをお勧めします。

これらのポイントを踏まえれば、シュークリームを冷凍保存し、後で楽しむことが可能です。ただし、最高の味と食感を楽しむためには、焼きたてをそのまま食べるのが一番です。

 

ビアードパパの強みは何?

ビアードパパの主な強みは以下のような要素で構成されています:

✅高品質の素材: ビアードパパは、新鮮で高品質の材料を使用しており、これが彼らのシュークリームの風味と質の高さに貢献しています。

✅独特の食感: シュー生地はサクサクとした食感が特徴で、中のクリームとのバランスが良く、独特の味わいを提供します。

✅多様なフレーバーの提供: ビアードパパは定期的に新しいフレーバーや季節限定のアイテムを導入し、顧客に新鮮な体験を提供します。

ブランドの認知度と評判: 世界的に展開しているブランドとしての認知度が高く、品質に対する一貫した評判があります。

✅革新的な商品開発: 常に新しい商品を開発し、市場の変化に応じた商品を提供しています。

これらの要素が組み合わさって、ビアードパパは独自の市場地位を築き、世界中の多くの顧客に愛されています。

ビアードパパには添加物はあるのか?

ビアードパパの公式情報によると、彼らの特徴的なカスタードクリームは「新鮮で天然の成分」のみを使用して作られています。

このカスタードクリームには、高価な香料として知られる本物のバニラビーンズの香りと、豪華なホイッピングクリームおよびバターの豊かさが感じられるとされています​​。

ビアードパパでは健康と美味しさを一番に考えており、防腐剤や安定剤、保存料などの添加物は使用していません。

そのため、購入されたその日のうちに食べることを推奨しています。

新鮮な状態で食べることで、スイーツのおいしさを存分に味わえます。

まとめ

ビアードパパが社名変更をして新たなステージを目指して進んでいます。

定番のシュークリームの専門店として、成長を続ける秘密に迫ってみました。

一度食べたら病みつきになる、そんなシュークリームです、

クリスマスケーキ予約や福袋予約もやっていいます。

お近くのビアードパパをのぞいてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました