NHK今日の料理、天ぷらをカリッと揚げる秘訣とは?これは必見です!家庭で美味しい天ぷらを作りましょう!

料理
秋の旬のきのこ・さつまいも・ぎんなんは、天ぷらにして食べよう!

衣に卵を使わず、家庭でカリッと揚げるコツは簡単です!

NHKきょう料理で紹介された、天ぷらをカリッと揚げる秘訣と、

栗と鶏肉を使った料理を解説していきます。

天ぷらはカリッと揚げるとホントに美味しいです!

 

家庭でカリっと天ぷらを揚げるにはどうすればいいの?

今日の料理で使った材料は次のものです。

天ぷらで使ったのが、サツマイモ、舞茸、銀杏です、

この具材をつかってカリッとした天ぷらを揚げていきました。

天ぷらをカリッと揚げる簡単な方法は?

専門店のように揚げるには、天ぷらの衣に卵を入れたり

氷を入れたりとしていきます

揚げ油とタネの温度差があるほど、カリッと揚がりますので、

揚げてすぐに食べる時はこの揚げ方でいいです(^^)

今回、NHKきょう料理で紹介してくれた、天ぷらの揚げ方は、

とても簡単です!

天ぷらをカリッと揚げる準備!袋に小麦粉を入れてタネにまぶす。

家庭で簡単にカリッと天ぷらを揚げるには、

シンプルが一番です!

天ぷらにする材料を用意したら、袋に小麦粉を入れ、

そこにタネを入れまぶしていきます。

出典今日の料理

袋の中で材料を振って小麦粉を付けていきます。

出典今日の料理

衣をつける前に、小麦粉をまぶしておきましょう。

揚げた後に衣がはがれにくくなります。

さぁつづいて衣を準備していきましょう。

ボールに小麦粉をいれ、冷たい水を入れる。

ボールに小麦粉を入れて、冷たい水を入れます。

出典今日の料理

混ぜる時はダマが残るくらいざっくりとします。

出典今日の料理

ここまでできたら、油の温度を確認しましょう。

揚げ油の温度を確認し、具材を揚げていきます。

衣を油に落として、すぐに上がってくるくらいが、170℃くらいです。

出典今日の料理

ここまで準備できたら、天ぷらを揚げていきます。

出典今日の料理

材料を油に入れた後は、周りの衣がかたくなるまでは、

さわらない方がいいです。

表面がかたくなってから、ひっくり返したり、

動かしたりしてください。

2分~3分で揚がってきますので、

箸でさわって表面がかたくなっていたら、できあがりです。

見た目で確認したいときは、材料の水分が少なくなってきて、

具材の回りが細かい泡になったら、揚がってきています。

出典今日の料理

銀杏はかわのまま油に入れていきます。

皮は揚がると自然にはがれてくるので、放置で大丈夫です。

天ぷらを揚げ終わったら、天紙で油をきって盛り付ければ完成!

出典今日の料理

衣に卵とか入れなければ、天ぷらは時間が経っても、カリッとしています。

家族で食べるときとかは、揚げてから時間が経つ場合がありますよね、

そのようなときにも、今回のような天ぷらの作り方をすれば、

カリッとした食感が長持ちするので安心ですよ。

もう一つ紹介されていたのが、鶏と栗の生姜煮、

これも簡単にできそうです。

栗と鶏肉の生姜煮

材料

☑栗・・・・・・・・12個~14個

☑鶏もも・・・・・・1枚(300g)

☑ししとうがらし・・6本

☑生姜薄切り・・・・20g

☑粉唐辛子・・・・・適量

〇塩・こしょう・みりん・薄口しょうゆ

1人分540キロカロリー 塩分35g

作り方

1,栗を熱湯を入れたボールに入れて粗熱が無くなるまで置いておく。

2,この間に鶏肉を2㎝~3㎝角に切って塩、コショウをしておく。

3,栗の皮が柔らかくなっているので、皮をむいていく。

渋皮もむいておきます。

他の栗もすべて皮をむいてください。

フライパンにたっぷりの水を入れて、栗を茹でていきます。

15分から20分ゆでます。

茹であがったかを串かなにかお刺して、確認してみましょう。

串がスーと入っていけば大丈夫です。

フライパンに残っている水分を捨てます。

残り半分のスペースに鶏肉とスライスした生姜を入れます。

蓋をして3分蒸し焼きにする。

油は鶏肉から出てくるので、入れないで蒸し焼きにする。

鶏肉と栗に焦げ目がついたら、

みりん、薄口、を入れる。

穴をあけたシシトウも入れ味をからめていく。

タレガ絡まったら、できあがり。

これで美味しい鶏と栗の生姜煮のできあがりです。

粉唐辛子を上からふりかけてください。

栗の代わりに、カボチャとか使ってもいいかもしれませんね。

まとめ

食欲の秋、旬の味覚を使った天ぷらをカラッと揚げる方法と、

鶏肉と栗の生姜煮の2品についてご紹介してきました。

タイトルとURLをコピーしました