【トリセツショウ】正しい洗顔とは?乾燥、シミ・シワの原因/過酸化皮脂を撃退する洗顔法を解説! | ALL day Info

【トリセツショウ】正しい洗顔とは?乾燥、シミ・シワの原因/過酸化皮脂を撃退する洗顔法を解説!

美容
2022年9月8日の『あしたが変わるトリセツショー』で放送された、

「正しい洗顔法のトリセツ」をご紹介します。

【守ることは3つ!】

1、朝こそ洗顔料で洗うこと!

2、バキューム泡で洗うこと!

3、ぬるま水ですすぐこと!

正しい洗顔を続ければ、1週間でお肌の改善が期待できますよ(^o^)

それでは、順番に解説していきます。

正しい洗顔方法ってどんな方法なの?

今やっているのは違うのかな、

詳しく教えてください

トリセツショウでは、朝こそ洗顔料で洗うことって言っていました。

その理由はどんなことなのでしょう?

【トリセツショウ】朝こそ洗顔料で洗うこと!その理由は?

よる洗顔料でしっかり洗ったから、朝は水で洗えば大丈夫!

そう思っている方は多くいるとおもいます。

しかし、トリセツショウで行った実験でそれは間違いであることが分かりました。

それは、朝洗顔料で洗わないと肌がダメージを負ってしまう⁉

朝こそ洗顔料で洗わないと駄目のようです!

【トリセツショウ】でディレクターが実験、肌に起こる悲劇とは?

トリセツショウディレクターが行った実験は、「朝、顔の半分を洗顔料で洗顔し、もう片方は水で洗い流すだけ」

そして、一日過ごして変化を観察しました。

なんと夜特殊な機材を使って撮影を行った結果が、、ヤバィ(´-﹏-`;)

 

出典トリセツショウ

赤くなっている方は朝水だけで洗顔したほうです。

実は、これが肌がダメージを負った証拠だそうです!

なんと赤い部分は酸化したことを示しているのだ。

普段は肌の表面を守ってくれる「皮脂」は時間が経つと酸化してくる、

そして、皮脂が酸化してくると、肌の細胞も酸化してくるのです。

皮脂の酸化で、肌細胞が酸化!そのダメージが⁉

肌細胞の酸化は、肌にダメージを与えます。

ダメージを負った肌がニキビや炎症、シミやシワを引き起こす元になるのです。

肌にダメージを与える皮脂の酸化は、洗顔してから6時間後に始まります。

ですから、皮脂を残さないように洗顔料で朝、顔を洗うことが大事なのです。

なるほど、朝は洗顔料で洗わないとダメ!

その理由が分かったわ。

でも何故バキューム泡で洗わないとだめなの?

そうですよね、洗顔料で顔を洗えばそれでOKじゃないの?

何故、バキューム泡じゃないとダメなのでしょうか。

【トリセツショウ」バキューム泡で洗うこと!その理由は?

その理由はきめの細かい泡を使うと汚れをばっちり落とし、なおかつうるおいを保つ効果を期待できるからなのです!

トリセツショウでは洗顔料メーカーで発見したそうです!

【洗顔料メーカーで発見!バキューム泡の力!】

研究員の皆さんは、洗顔料の試験を行うため、一日になんども繰り返し洗顔することもあります。

その洗顔の様子を見せていただくと、非常にきめ細かく泡立てていました。

キメ細かた泡は、触れただけで油汚れを吸収し、洗浄してくれます。

名付けて、バキューム泡!

【出典トリセツショウ】

【引用トリセツショウ】

そうなの!きめ細かな泡って触れただけで、

油汚れを吸収するのね!

それは知らなかった。

朝、洗顔料を使って洗う時は、きめ細かな泡を作って洗うこと!

これが大事なんです。

さらに、きめ細かな泡で洗うことで、汚れだけじゃなくうるおいを保つ効果も⁉

泡だけで洗うので、肌に触れることがありません。

その結果、肌を傷つけることもないので、水分量を保ちやすくなるなるのです。

ゴシゴシと顔を洗っていると、知らないうちに皮膚を傷つけて、

そこから水分が抜けて肌が乾燥していくんです。

次の画像をみてください、一目瞭然ですね、、、これは怖いです!

 

【出典トリセツショウ】

2日目なんて、圧倒的にきめ細かな泡で洗顔したほうが保湿してますよね!

毎日キメ細かた泡で洗顔すれば、なんか1週間後には、肌に変化がおきてきそうじゃないですか?

ここまで、朝こそ洗顔料で洗うこと、そして洗顔料はキメ細かた泡にすること。

 

と、ご紹介してきましたが、すすぎに何故ぬるま水じゃないとだめなのでしょうか?

ぬるま水って何度くらいなのでしょう。

【トリセツショウ】ぬるま水ですすぐこと!その理由は?

よく洗顔料の説明書きにぬるま湯ですすぐことって書いてありますが、

ぬるま湯って何度くらいだと思います?

一般の方のぬるま湯の温度と美容部員のぬるま湯の温度はかなり違っていました!

【出典トリセツショウ」

この温度差はすごいですね!4℃以上ありますね。

美容部員の方たちはすすぎに最適な温度を知っているんですね。

えっそうなの!

ぬるま湯って32℃位が良いのね!

私が使ってるのは、38℃くらいかな。

もうお湯で洗っていたわ。

何故熱いとだめなのでしょう?

■ポイント 温度の目安は32~34℃!高すぎ×低すぎ×

【高すぎる温度】

肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうため、肌の乾燥につながります。

【低すぎる温度】

冷たい水は“毛穴が締まる”というイメージがありますが、毛穴が締まるのは一時的な効果皮膚の温度が下がることで、細胞同士の結合がゆるみ乾燥につながるという研究もあります。

なるほど、温度が高すぎると皮脂を取りすぎてしまって肌が乾燥!

逆に冷たい水で洗うと細胞どうしの結合がゆるみ肌乾燥につながるわけですね。

ポイントすすぎの温度は熱すぎてもダメ!冷たすぎてもダメ!ぬるま水で!

ではここまで解説してきた方法で洗顔を実践するためのポイントをご紹介します。

【トリセツショウ】正しい洗顔方法・実践ポイントまとめ!

さぁここまで解説してきました、朝に洗顔料で洗い、ぬるま水ですすぐ方法なのですが、

実践する上でのポイントをご紹介します。

バキューム泡・泡立てるときのポイント!

1、手のひらに適量の洗顔料をとる

2、少量ずつ水を加え、空気を巻き込むように泡立てる

3、1分30秒〜2分くらいでフワフワの泡のできあがり

★良い泡の目安はひっくり返しても手のひらから落ちない状態

【出典トリセツショウ】

きめ細かい泡って、

ひっくり返しても手のひらから落ちないのね!

私のはまだまだ甘かった(´-﹏-`;)

つぎに洗顔するときのポイントもみてみましょう。

洗顔するときのポイント

きめの細かい泡を作って洗顔するときも注意がひつようです。

1、泡をつくったら、Tゾーンから泡をのせていきます。

2、洗う時は肌に手が触れないように注意してください。

泡だけを当てるように洗うことです。

【出典トリセツショウ】

3、すすぐ際は、ぬるま水で(32℃〜34℃)すすぎましょう。

髪の生え際やあごなどすすぎ残しのないように注意!

4、タオルなどで顔をおさえるように水をふきとる。

【出典トリセツショウ】

★この洗顔方法を朝と夜2回おこなうのがおすすめです!

注意事項

1、洗顔後には化粧水や乳液で適切な保湿をしましょう!

注)強度の乾燥肌の方は特に注意してください。!

2、肌荒れの原因

生活習慣やホルモンバランスの乱れも考えられます。

肌荒れが気になる方は医療機関の受信もお考えください。

3、今回の洗顔法を行っても肌荒れが収まらない、

または、肌に違和感を感じる方は、一旦中止いたしましょう。

医療機関への受診も検討しましょう。

【引用トリセツショウ】

さぁ【トリセツショウ】で紹介された洗顔の方法をご紹介してきました。

朝忙しい方もとりあえず1週間続けてみたらいかがでしょうか?

私もどのくらいの変化があるのか楽しみなので、実践したいと思っています。

まとめ

【明日が変わるトリセツショウ】で紹介された正しい洗顔方法についてご紹介してきました。

キーワードは3つでした。

1、朝こそ

2、バキューム泡

3、ぬるま湯

この3つを守り洗顔することで肌荒れや乾燥肌を防げる効果があるそうです。

是非参考にして実践してみてください。

コメント

  1. […] […]

  2. […] ALL day Info【トリセツショウ】正しい洗顔とは?乾燥、シミ・シワの原因/過… […]

タイトルとURLをコピーしました