セイコーマートの強さの秘密!北海道で大手コンビニ3社に勝てる理由!

北海道のコンビニチェーン「セイコーマート」が大手コンビニ3社に勝てる理由は、以下のようなものが考えられます。

セイコーマートが強い理由4選

  • 物流網の整備:セイコーマートは自社物流体制を確立し、北海道全域への配送を効率的に行っています。これにより、人口の希薄な地域や離島にも出店できる低コスト運営体制を構築しています。
  • 自社製造体制の確立:セイコーマートは自社工場で弁当や惣菜、パンなどを製造し、店舗に直送しています。これにより、品質や鮮度の管理ができるだけでなく、地域の食材や嗜好に合わせた商品開発もできます。
  • 店内調理事業の展開:セイコーマートは「ホットシェフ」という店内調理システムを導入し、揚げ物や炒め物などを注文に応じて提供しています。これにより、温かくておいしい食事を提供できるだけでなく、食品廃棄も減らせます。
  • 地域社会への貢献:セイコーマートは地域の生活や公益を支えるために、災害時の支援や地元産業の振興などに積極的に取り組んでいます。これにより、地域住民からの信頼や支持を得ています。

以上のように、セイコーマートは北海道の特性やニーズに合わせた独自の戦略を展開しており、大手コンビニ3社とは異なる強みを持っています。

北海道以外のセイコーマート出店地域

はい、北海道以外にもセイコーマートの店舗が存在します。

具体的には、1176店舗(2022年2月度)のうち、北海道内に1084店舗、埼玉に9店舗、茨城に83店舗があります。

つまり、セイコーマートの店舗の約8%が北海道外に展開されています。

しかし、その大部分は北海道内に集中しており、その地域密着型の経営が評価されています。

また、セイコーマートは小商圏でも出店する方針を採っており、人口1300人の初山別村にも出店しています。

これらの戦略により、セイコーマートは顧客満足度で6年連続1位を獲得しています

セイコーマートと他社との比較

セイコーマートと他の大手コンビニとの比較については、以下のような特徴が挙げられます:

  • 地域密着型:セイコーマートは地域密着型であり、店舗は周囲の環境に溶け込み、地域の人々のニーズに応えるように設計されています。その結果、より魅力的な店舗となり、多くのお客様が来店されるのです。
  • 地元産商品:セイコーマートは北海道の生産者と強いつながりを持ち、地元産の商品を扱うことにこだわっています。そのため、お客さまは新鮮で質の高い商品を手に入れることができます。
  • ロイヤリティプログラム:セイコーマートでは、買い物をしてポイントを貯めることができるロイヤルティプログラムがあります。このポイントは割引やクーポンに利用することができます。
  • 営業時間:他のコンビニエンスストアの営業時間が短縮に向かっているなか、セイコーマートはかなり夜遅くまで営業しています。これにより、より多くのお客さまを引きつけ、競合他社に対する優位性を生み出しています。
  • フランチャイズモデル:セイコーマートはフランチャイズ方式で運営されており、店舗オーナーは基本的に独立した事業主である。フランチャイズ加盟店には、提供する商品やサービスを自由に選択でき、価格も自由に設定することができます。

これらの特徴により、セイコーマートは顧客満足度で6年連続1位を獲得しています。

セイコーマートの営業時間

セイコーマートの営業時間は店舗により異なりますが、一部の店舗は24時間営業しています。

他の店舗では、早朝から深夜までの営業となっており、例えば朝の06:00から02:00までや、08:00から19:00までなど様々です。具体的な営業時間は各店舗の情報をご確認ください。

ABOUT US
@taka
飲食業界で生きてきました、デリバリーピザ屋、ラーメン屋、居酒屋、 焼き肉屋を経営していました。料理や仕事、趣味のゴルフなどを記事にしてブログを運営しています。
Optimized with PageSpeed Ninja