豆乳は男性の薄毛に効果があるのか?豆乳の何の成分が効果かあるのか? | ALL day Info

豆乳は男性の薄毛に効果があるのか?豆乳の何の成分が効果かあるのか?

生活お役立ち情報
豆乳で薄毛が改善できる!そんな話を聞いたことないですか?ホントに毎日豆乳を飲んで薄毛が改善できるなる、飲んでみたいんですけど!そこで早速調査してみましたよ、豆乳、薄毛が改善できる?ホント、それとも効果なし?

何故豆乳が薄毛に良いと言われたのか?

豆乳が薄毛に効果あるって、ホントなんですか?

効果あるなら飲んでみたいんですけど!

薄毛に効果があると言われるのは豆乳に入っている成分が影響していて、
それは大豆イソフラボンという成分なんだそうです。

この成分は女性ホルモンとよくにていて、
男性の薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)と関連性の高い「5αリダクターゼ」の働きを抑える作用があるんだとか。
「大豆イソフラボン」には、このように毛髪が細く弱くなるリスクを前段階で緩和する作用があるんです。

そのため抜け毛や薄毛の予防に良いというわけです。
また、大豆イソフラボンは女性ホルモンの一つ「エストロゲン」と似た成分になっているようで、
植物性のエストロゲン「フィトエストロゲン」と言われることあるんだとか。

豆乳を飲むと、

成分のイソフラボンが男性ホルモンを抑えてくれる。

そんな話もあります。しかしこの効果を得られるのは

二人に一人なんですよ。

 

豆乳を飲んでもイソフラボンの効果を得られない人がいる?

豆乳を飲んで男性ホルモンを抑える効果を得られるのは、二人に一人かもしれません。
何故かというと、豆乳に含まれているイソフラボンの効果を十分に発揮するためには、
体内でエクオールを作れる必要があります。

エクオールとは

エクオールはイソフラボンの構造が変化したものです。
エクオールの形になることで、エストロゲン受容体に結合しやすくなるそうです。

せっかく摂取したイソフラボンも、受容体に結合しないと体内で効果を発揮しません。
しかしすべての人がエクオールを体内で作れるわけではないのです。

何故かというと、イソフラボンをエクオールに変換する働きをするんが腸内細菌なんですが、
人によってこの腸内細菌がなかったり、あったとしても活動が弱かったりするそうです。

なんと、エクオールを作れる人は日本人だと約2人に1人しかいないそうですよ、
ですから約半数は豆乳を飲んでも思うようにイソフラボンの効果が発揮されません
そのためイソフラボンで薄毛が改善できるかどうかはまだ解明されていませんが、
そもそも日本人の約半数はイソフラボンのはたらきが発揮されにくいんだそうです。

なんだ、そうなんですね。

薄毛に効果があるかどうかは不明で、

しかも豆乳を飲んでイソフラボンの効果を得られるのは

二人に一人なんですね。

これは飲んでみないと結果は分からないという訳なんだ~。

しかし一日に摂るイソフラボンの量は制限されているんですよ、何故なんでしょうか?

豆乳を飲み過ぎると良くない!その理由は?

男性が豆乳を飲みすぎるとどうなる…?

男性が豆乳や大豆イソフラボンを摂り過ぎた場合には、次のような点に注意が必要だという報告があります。

◇豆乳を飲み過ぎた場合は?

1、体系の女性化

2、性欲の減退

3、生殖機能の低下

こんな報告があるんです、これって体に何らかの影響が出ているんですよね。
男性ホルモンが抑え込まれて、女性ホルモンが増えているんでしょう。

ここで報告された「性欲の減退」や「生殖機能の低下」という可能性が取りざたされるのは、
女性ホルモンのような働きをする「大豆イソフラボン」が、
男性ホルモンの活動を抑制する可能性があると考えられているからなんです。

「体内に女性ホルモンのエストロゲンに似た大豆イソフラボンが増えると、
男性ホルモンの勢いが抑制され性欲が落ちるのでは?」という理屈です。

この報告を聞くと髪の毛にも効果がありそうと思いますよね。

そうなんですね、

ただしっかりとデータを取っているわけではないので不明です。

ただし、エストロゲンの働きは分かっているんですよ。

 

エストロゲンの働きってなに?

エストロゲンの働きは体に次のような効果があるんです。

【エストロゲンの働き】
1、お肌の新陳代謝を促進し、肌を若々しく保つ
2、血中の悪玉コレステロールを抑えて動脈硬化が起こりにくくする
3、骨からカルシウムが溶出してしまうのを防ぎ、骨を丈夫にする
4、自律神経の働きを安定させる
5、髪にツヤやハリをもたらす
6、子宮内膜を厚くして受精卵の着床に備える
7、乳房の発育や皮下脂肪の取り込みを促し、女性らしい丸みのある体を作る
8、生理をもたらす

エストロゲンの働きは凄いですね、これなら豆乳を飲んで、
大豆イソフラボンが効果を発揮してくれそうですよね。
まぁ飲まないより飲んだ方が良いよ!そんな感じですか。

でもちょっと注意してほしいのが、イソフラボンの摂りすぎは良くないそうです。
「えっ!どういうこと」って思いますよね。

実は一日の摂取量の上限が決められているんですよ。

一日の大豆イソフラボンの摂取量の上限は?

安全な一日摂取目安量の上限値が食品安全委員会によって定められています

日本人においては、上限目安が70〜75mg/日と設定されています。

【豆乳200ml」に含まれている大豆イソフラボン量の目安】

◇無調整豆乳…約60mg

◇調整豆乳…約40mg

◇豆乳飲料…約30mg

3種の豆乳についてはコチラの記事に詳しく書いています。

まとめ

豆乳が男性の薄毛に効果があるのか?について調べてきましたが、ハッキリした答えはないです。

豆乳に含まれている大豆イソフラボンが女性ホルモンと似ている成分なので、
髪の毛に効果があるのかも?位に考えていた方が良いのかもしれません。

しかし、一日のイソフラボンの摂取制限量も決まっていいます。
イソフラボンの摂りすぎは男性にとって女性化?になる?ような話もあるようです。

摂りすぎなければ体に良いことは確かなようなので、毎日豆乳を飲んで元気に過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました