【あさイチ】みんなゴハンだよ~紅焼肉(ホンシャオロウ)の作り方

紅焼肉(ホンシャオロウ)は、豚バラ肉をしょうゆで煮込んだ料理で、中国の代表的な家庭料理です。
豚肉を使う料理が多い中国ではソウルフードとされているんです。
全国各地に根付く食文化の影響を受け独自に進化していて、地域×家庭の数だけ紅焼肉があり、
調理法のひとつである紅焼と豚肉を組み合わせた料理です。
教えてくれたのは、中国料理店 オーナーシェフ山野辺 仁さんです。

紅焼肉(ホンシャオロウ)の材料と作り方

紅焼肉は、日本の角煮や沖縄料理のラフテーと類似した料理です。

鮮やかな色合いと、香ばしく濃厚な味わいが特徴で、色鮮やかで艶照りよく上品な甘めで濃厚な味付けが特徴です。

材料 つくりやすい分量
  • 豚バラ肉・・・2本(幅5cmの塊 400g)
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 油・・・・・・大さじ1
  • 砂糖・・・・・大さじ2
  • A
    • 水・・・・・・・・1.5リットル
    • ねぎの青い部分・・1本分
    • しょうが・・・・・20g
    • 八角・・・・・・・1コ
    • シナモンスティック1本
  • B
    • 砂糖・・・・・・・100g
    • 紹興酒・・・・・・100ml
    • しょうゆ・・・・・100ml
  • 小松菜塩ゆでしたもの・適量

つくり方

「肉を下茹でして、灰汁と臭みをとるのね」

1 肉の下ごしらえ

大きな鍋にたっぷりの湯を沸かし、豚肉を入れる。再び沸騰してから20分間ゆでる。 (湯は捨てて、鍋を洗う) 肉をよく洗い、汚れを取り除き、水けをしっかりとふき取る。

1本を6等分に切る。 ボウルに(1)の肉を入れ、しょうゆ(大さじ1)をからめる。

2

鍋に油を入れて温め、(1)の肉を入れて、中火で焼く。 全ての面に焼き色がついたら、取り出す。 (鍋を洗う)

※しょうゆをからめてから焼き色をつけることで香ばしさが加わり、煮崩れもしにくい。 ※油はねに注意して焼く。

3 カラメル

鍋の水けを拭き、砂糖(大さじ2)を入れ、中火にかける。 縁が茶色くなり始めたら弱火に落とし1分半から2分ほど加熱する。 全体が濃いカラメル色になったら火から下ろす。

※カラメルを作ってから煮込むことで、コクが加わり、きれいな色に仕上がる。

4 煮込む

(3)の鍋にすばやく水(1.5リットル)を注ぎ、(2)の肉・ねぎ・しょうが・八角・シナモンスティックを入れ、強火にかける。 沸騰したら中火に落とし、フタをせずに20分間煮る。

5焦がさないように煮込む

(4)の鍋に、砂糖(100g)・紹興酒・しょうゆ(100ml)を入れて強火にかけ、 沸騰したらフタをせずに30分間煮る。

6 盛りつけ

角煮を器に盛る。 煮汁を強火にかけて、とろみがつくまで煮詰め、角煮にかける。 塩ゆでした小松菜を添える。

紅焼肉は同じ豚の角煮なんですが、日本の角煮やラフテーとは違いますね、

八角やシナモンスティックを使った味付けや、強火で煮込んで照りが出るように調理していくのは、

私もあまりやったことがありませんでした。

これは参考にして作ってみようと思います。

まとめ

【あさイチ】みんなゴハンだよ~では、中国のソウルフードと言われる、紅焼肉。
教えてくれたのは、中国料理店 オーナーシェフ山野辺 仁さんです。

日本の角煮や沖縄のラフテーと似ていますが、調理方法が少し違います。

角煮の照りがあり、八角とシナモンの味がポイントです、

是非参考にして作ってみましょう。

ABOUT US
@taka
飲食業界で生きてきました、デリバリーピザ屋、ラーメン屋、居酒屋、 焼き肉屋を経営していました。料理や仕事、趣味のゴルフなどを記事にしてブログを運営しています。
Optimized with PageSpeed Ninja