ブルーベリージャムジャムはレモン無しでも作れる?レモンはなぜ必要なのか解説します。

ジャムを作るときに、レモン汁を入れるのは何故?

入れなくてもつくれるの?

なんて思ったことありませんか、その疑問この記事を読むことでスッキリしますよ(^^♪

ジャムを作るときのレモンの役割

レモン汁の役割:

レモン汁はブルーベリージャムにいくつかの重要な役割を果たします。

  1. 酸味を加える役割: レモン汁はジャムに酸味を加え、甘さを引き立てます。これにより、ジャムの味わいがバランスよくなります。
  2. 保存性向上: レモン汁に含まれる酸は、ジャムを酸性に保ち、微生物の成長を抑制します。これにより、ジャムの保存期間が延びます。
  3. ゲル化を助ける: レモン汁に含まれるペクチンという成分は、ジャムがゲル状になるのを助けます。これにより、ジャムがしっかりと固まります。

したがって、レモン汁はブルーベリージャムに欠かせない要素です。

ただし、レモンの風味が嫌いな場合やアレルギーがある場合、レモン汁を省略することもできます。その場合、ジャムの保存期間が短くなる可能性があるため、できるだけ早く食べることをお勧めします。

イイよ

「レモンはジャムを作るときに色々と役割があるのね♪でも、なくても問題ないんだ(^^」

ブルーベリージャムを大量に作るときは、レモンは必要かもしれませんね。

アレルギーやレモン風味が嫌いな人は、少量づつ作るようにすれば問題ないです。

では、ブルーベリージャムの作り方のレシピをご紹介します。

ブルーベリージャムのレシピ

材料:

  • 500g の新鮮なブルーベリー
  • 300g の砂糖
  • 2大さじのレモン汁(お好みで調整)なくてもOK

手順:

  1. ブルーベリーを洗い、しっかり水気を切ります。
  2. ブルーベリーを鍋に入れ、砂糖を加えます。砂糖はブルーベリーの甘さとジャムの保存性を向上させるために使用します。砂糖の量は、ブルーベリーの甘さによって調整できます。
  3. 中火にかけて、ブルーベリーと砂糖を混ぜながら加熱します。ブルーベリーが砂糖と混ざり、砂糖が溶けるまで煮ます。砂糖が溶けたら、レモン汁を加えます。
  4. ブルーベリーが柔らかくなり、ジャムの濃度が望み通りになるまで煮続けます。ジャムの濃度を確認するために、スプーンでジャムを取り、冷たい皿に落としてみてください。ジャムが冷えて固まるまでの時間が短ければ、濃度が足りないことを意味します。
  5. ジャムが望み通りに濃度があれば、火からおろします。熱いうちに、瓶にジャムを詰め込みます。瓶を密封し、逆さにして冷ますことで、ジャムを長持ちさせることができます。

作り方はそんなに難しいことはなさそうです。

参考にして作ってみましょう。

ブルーベリージャム以外にも色々なジャム作りにチャレンジしてみましょう。

季節の果物をつかったジャムも良いかもしれませんね(^^♪

ABOUT US
@taka
飲食業界で生きてきました、デリバリーピザ屋、ラーメン屋、居酒屋、 焼き肉屋を経営していました。料理や仕事、趣味のゴルフなどを記事にしてブログを運営しています。
Optimized with PageSpeed Ninja