【あさイチ】洋風ふわとろ天津飯のレシピ

アスパラベーコン天津飯

卵にグリーンアスパラガスとベーコンを加えた洋風の「天津飯」。カニの代わりにアスパラガスとベーコンを使うのがポイントなんです。アスパラガスにはグルタミン酸、ベーコンにはイノシン酸といううま味成分があって、これが一緒になることでカニに負けない美味しさに!

このレシピを教えてくれたのは料理研究家の尾身奈美枝さんです。

のびお

天津飯といえば、「かに」なんだけど。アスパラとベーコンを使って、洋風にアレンジした天津飯なんだね。どんな味になるのか、楽しみだね。

ひなた

アスパラ、ベーコン天津飯なのね、「かに」の天津飯はもうふつう。

このアスパラベーコン天津飯を食べたい!また作ってね♪

洋風ふわとろ天津飯の材料

2人分

  • 卵4コ
  • ベーコン(薄切り)2枚
  • グリーンアスパラガス4本
  • 塩少々
  • サラダ油大さじ1+1/2
  • A
    • 水250ml
    • 顆粒(かりゅう)チキンスープのもと中華風小さじ1/2
    • しょうゆ小さじ2
    • 砂糖小さじ2
    • 塩ひとつまみ
    • 片栗粉大さじ1
  • ご飯(温かいもの)300~400g
  • ごま油お好みで
  • バターお好みで

つくり方

1.「あん」をつくる。鍋にAを入れて中火にかけ、かき混ぜながら沸騰させ、白い濁りが消えて透き通り、しっかりとろみがついたら、火からおろす。

2.ボウルを2つ用意し、卵を2コずつ溶きほぐす。ベーコンはせん切り、グリーンアスパラガスはピーラーで下半分の皮をむき、5mm幅の小口切りにする。2つの器に、ご飯を半量ずつ盛りつける。

3.2人分のベーコンとアスパラガスを炒める。フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を入れ、中火で熱してベーコンを炒める。香りが出てきたらアスパラガスを加えてサッと炒め、塩をふって軽く混ぜる。(2)の2つのボウルに半量ずつ入れて、おのおの溶き卵と混ぜる。

4.1人分ずつ焼く。空いたフライパンにサラダ油(大さじ1/2)を入れて強めの中火で熱し、(3)のボウル1つ分を流し入れる。外側から内側に素早くかき混ぜ、半熟になったら(2)のご飯の上に滑らせてのせ、あんの半量をかける。もう1人分も同様につくる。

5.お好みで、ごま油かバターをのせる。

のびお

作り方はそんなに難しくないね、材料さえそろえればすぐできそう。食べたことがないので、味のイメージがわかないけど、卵とベーコンの相性は抜群だし、アスパラのシャキシャキ感がアクセントでいっきに食べられそうだ(笑)

ABOUT US
@taka
飲食業界で生きてきました、デリバリーピザ屋、ラーメン屋、居酒屋、 焼き肉屋を経営していました。料理や仕事、趣味のゴルフなどを記事にしてブログを運営しています。
Optimized with PageSpeed Ninja