【あさイチ】 分子調理で作る時短絶品カレーのレシピをご紹介!こじまぽん助さん(分子調理学研究家)が教えてくれました。 | ALL day Info

【あさイチ】 分子調理で作る時短絶品カレーのレシピをご紹介!こじまぽん助さん(分子調理学研究家)が教えてくれました。

料理

20分で!うまみたっぷり煮込みカレー

こじまぽん助さん(分子調理学研究家)

塩分濃度の差をつかい、野菜のうまみを引き出す分子調理カレー。


この調理方法なら、わずか20分でじっくりと時間をかけて煮込んだ「2日目のカレー」のような味わいが、作れるんです。

たった20分で2日目のようなカレーができるの?

分子調理ってすごい^_^

出典あさイチ

材料・4人分

 

◎牛肉400グラム

◎にんにく1かけ

◎しょうが薄切り2枚分

◎玉ねぎ1コ

◎にんじん1本

◎じゃがいも3〜4コ

◎サラダ油大さじ2

◎塩3.2グラム

◎こしょう適量

◎カレールー4〜6皿分

◎水適量(ルーのパッケージの指定の量)

 

分子調理カレーの作り方

★下準備

材料をそれぞれ次のように切っておく

◎牛肉:2~3センチ角程度
◎にんにく:みじん切り
◎しょうが:みじん切り
◎玉ねぎ:2センチ幅のくし切り
◎にんじん:2~3センチ角程度
◎じゃがいも:3センチ角程度に切り、水にさらしておく

材料が揃ったら炒めていきましょう。

分子調理で食材の塩分濃度の違いをわざと作り、野菜のうま味をしっかりと出していきます。

最初に肉を焼き、ここで塩をしっかりと使って塩味をつけておきます。

◎焼く
1、鍋にサラダ油をしき、牛肉を入れ、塩、こしょうをふる。焼き色がつくまで強火で焼く。

◎炒める
2、牛肉に焼き色がついたら弱火にし、にんにく、しょうがを加える。

3、にんにく、しょうがの香りが立つまで中火で炒める。

4、にんにく、しょうがの香りが立ったら玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを加え、さっと炒める。

◎蒸す
5、野菜に肉の油がよく絡んだら水50~100ミリリットルを加えてふたをし、野菜に十分火が通るまで中火で蒸し焼きにする。途中水分がなくなったら、適量を水を足しましょう。

★この少量の水で蒸しているときに塩味の付いた肉と無味の野菜が、塩分濃度を一緒にするために、野菜のうま味を全部引き出してくれるんです。

◎仕上げ
6、野菜に十分火が通ったら蓋を取り、残りの水を加え、ひと煮立ちさせる。

7、ひと煮立ちしたら火を止め、カレールーを入れ、混ぜ溶かす。

8、ルーが溶けたら火をつけ、弱火で10分煮込んで完成。

えっこれだけ!通常のカレーの作り方と違うのは、

味をつけるのは肉だけに強めに塩味!

煮込む水は少なめにして蒸し煮すること!

肉の塩味が野菜のうま味を引き出してくれるわけね(^o^)

これが分子調理か〜おもしろい!

 

まとめ

分子調理でつくった時短、絶品カレーのレシピをご紹介しました。

1、ポイントは塩分濃度の差をわざと作りうま味を出し切る。

2、煮込む水の量は少なめで蒸し煮する

なるほど、分子調理っておもしろい!

やってみようと思います。

 

コメント

  1. […] 分子調理でつくる絶品カレーの詳細レシピはこちらをクリック! […]

タイトルとURLをコピーしました