代替え肉が人気になっています!そんな代替え肉の特徴とおすすめの商品をご紹介します。

大豆ミート生活お役立ち情報
カロリーや糖質が少なく、タンパク質が摂れる食べ物として、「代替え肉」の大豆ミートが人気になってきています。2021年は海外からも色々な大豆ミートが入ってくるようです。

味も食感んもまさに肉!そんな代替え肉の特徴とおすすめの商品をご紹介します。

 

大豆ミートでは日本で一番の実績のある不二製油が販売しているものです。

私は餃子とハンバーグを購入して食べてみました。

次の写真は大豆ミートのハンバーグです。

これは業務用なんですが、まさに肉と言う感じで美味しいです!

大豆ミートのハンバーグ 写真

大豆ミートのハンバーグ

原材料も野菜と大豆だけですね(^^)

今年は「代替え肉」と「オートミール」でダイエットをしていきたいと思ってます。

大豆ミートのハンバーグ

大豆ミートのベジバーグ 10枚入り

下の画像は大豆ミートの餃子です。

 

写真 餃子

大豆ミートの餃子

40個入りで1980円でAmazonで売ってます。

乾燥の大豆ミートから作る手間を考えたらこれはお勧めです!

大豆ミートの8つの特徴は?

1、大豆ミートは低カロリー&低脂肪

大豆ミートは加工の段階で大豆の油分(脂肪)を圧搾して作られるため、

含まれる脂質の量がホントに少なくなります。

牛肩ロース肉で比較すると、100g当たり411kcalに対して、

大豆ミート(ブロックタイプ)は約1/4の108kcal。

脂肪はなんと1/50と超ヘルシーなんです。

動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸を体に取り入れずに済むので魅力のある食べ物です。

2、大豆ミートは高タンパク

大豆ミートは、お肉の1.5倍のタンパク質が含まれています。

大豆タンパクには、中性脂肪を下げる働きがあり、ウエイトを増やさずに筋肉をつけ体を引き締めることができます。

3、大豆ミートは食物繊維が豊富

大豆ミートには、お肉に含まれない食物繊維がたっぷり含まれています。

お腹の中で膨らみ、時間をかけて消化するため、食べ過ぎや間食を防ぐ効果が期待でき、

食物繊維が排出を促すことで便秘の予防や解消につながります。

腸内環境を整え善玉菌が増えてくるので、免疫力もアップしてくるんです。

4、大豆ミートは豊富なミネラルとビタミン

大豆は、三大栄養素のタンパク質・脂質・炭水化物をバランスよく含む他に、

カルシウム・マグネシウム・鉄分・マンガン・亜鉛・銅など、

体内で必要となる様々な成分が含まれています。

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンKに加え、

抗酸化物質として知られるビタミンEが含まれているので体内の若さも維持できるんです。

5、大豆ミートはノンコレステロール!

大豆タンパクには、生活習慣病の原因と言われるコレステロールが含まれていません。

しかも、コレステロールの吸収を抑えて代謝を促す大豆サポニンが、

余分なコレステロールを体外に排出してくれるんで、

正常値に近づける効果を発揮してくれます。

6、大豆ミートにはイソフラボン!

大豆イソフラボンは、血流の促進やメラニン抑制作用があるので、

肌荒れ・冷え性・アンチエイジングなどの効果が期待できるんです。

さらに、「エストロゲン」という女性ホルモンに似た働きで、

バストアップや女性ホルモンのバランスを保ったり、

骨粗しょう症の予防にも役立つんです。

7、大豆ミートはグルテンフリー!

大豆食品なので小麦グルテンの摂取を控えている方も安心して食べることができます。

大豆ミートは、大豆100%のものから、エンドウ豆や玄米を混ぜているものまで、

多くの種類が市販されるようになってきました。

これによりグルテンフリーの食事法を実践している方も、飽きることなく毎日の食事に摂り入れることができるようになりました。

但し、調理済みの商品には小麦粉を使っている場合もあるので、原材料の確認は必ずしてくださいね。

8、大豆ミートは長期保存が可能な乾物です!

大豆ミートは、常温で約1年間保存が可能。

冷めると脂が固まってしまうお肉料理と比べて、

冷めても美味しく痛みづらい大豆ミートは、お弁当のおかずとしても最適です。

大豆ミートはあくまでも調理することが前提なんですが、

災害時などの非常食としてもつかえるので、

備えておけば、乾燥したまま食べることも可能なんです。

 

大豆ミートはこんなにも多くの特徴があるんので、

健康にもダイエットにも良い食べ物なんですよ。

今は調理済みの大豆ミートの種類も増えてきたのですが、

調理して使う大豆ミートもあるので、そんなときの使用方法をご紹介しますね。

大豆ミートの使い方

乾燥の大豆ミートを使う場合次のよう順番でしていきましょう。

1、【湯戻し】
お鍋にたっぷりの湯を沸かし、大豆ミートを入れ弱火で5分ほど茹でます。

(乾燥状態から約3倍に量が増えます。)

2、【水で洗う】
大豆ミートをザルにあげ、ボールの中で丁寧に水洗いをしてから、ギュッと絞って水切りします。

※水を変えて2〜3回繰り返すと、大豆の香りは抜けていきます。

【下味】
通常の料理と同じように、下味を付け5分以上馴染ませてからお料理に使います。

このようにして、乾燥大豆ミートを使い揚げ物にしたり、ミートスパゲッティや、

ハンバーグにして食べたりします。

大豆ミートを使った簡単レシピもご紹介しますね。

大豆ミートを使った料理レシピ

これなら美味しい!大豆ミートの唐揚げ

これなら美味しい!大豆ミートの唐揚げ

大豆ミートの唐揚げ 出典cook pad

材料 (2人分)
大豆ミート(ブロック)・・乾燥状態で100グラム
■中華の素(練りタイプ)・・大さじ1
■醤油・・・・小さじ2
■おろししょうが・・1片分
薄力粉・・・大さじ2くらい
揚げ油・・大豆ミートが浸かるくらい

作り方

1

写真 大豆ミート

大豆ミートを茹でる

鍋にお湯を沸かし(分量外)、大豆ミートをゆでる。煮立てないように弱火です。5~6分。
揚げ油を180度に予熱。

2

写真

ボウルかポリ袋に中華の素、醤油、おろし生姜を入れて混ぜておく。※中華の素に、にんにくが含まれない場合は、おろしにんにく1片分を追加します。

3

大豆ミートのお湯を捨て、水で揉み洗いする。3~4回念入りに。洗う・絞るの繰り返しでよく水を切る。

4

写真

調味料のボウルに大豆ミートを入れてまんべんなく混ぜたら、薄力粉を全体にまぶす。

5

写真

高温の油で揚げる。菜箸で触ってかたいなと感じたら、だいぶクリスピーです。

ジューシー好みの方は表面が色づいたら引き上げる。

コツ・ポイント

調理のポイントは大豆ミートの下ごしらえです。芯まで戻し、よく洗う。水気はすべて絞る勢いで(でもミートつぶさないで)。最初は熱湯が染みでるから火傷に注意!味はすぐに染みるので、時間をあけずに揚げてOKです。薄力粉は片栗粉でも可。

簡単ヘルシー☆大豆ミートの豆腐ハンバーグ

簡単ヘルシー☆大豆ミートの豆腐ハンバーグ

大豆ミートのハンバーグ【出典cook pad】

まるでお肉!!大豆とお豆腐でクセもなくヘルシーで美味しい!!
ついつい何個も食べたくなっちゃうハンバーグ♪
材料 (2個分)
大豆ミートそぼろ(乾燥)・・40g
玉葱・・60g
油(玉葱炒め用)::3cc(小さじ1/2)
塩コショウ・・少々
木綿豆腐・・100g
卵・・15g
ポン酢しょう油・・20cc
大根(おろし)・・60g
パプリカ(赤)・・20g
青じそ・・2枚
ブロッコリー・・40g
油(ハンバーグ焼く用)・・6cc(小さじ1)

作り方

1

写真 大豆ミートそぼろ

大豆ミート そぼろタイプ

大豆ミートそぼろ

2

【下処理】
①大豆ミートそぼろは、沸騰したお湯で約4分茹で、ザルにあげて水切りし、軽く絞っておく。

3

②木綿豆腐は、茹でてから水切りをする。へらでつぶしてなめらかにする。
③玉葱は、みじん切りにする。

4

④大根はおろして、軽く水分をきっておく。
⑤ブロッコリーは、食べやすい大きさにわけて茹でておく。

5

【1】フライパンに油をひき、玉葱のみじん切りと茹でた大豆ミートそぼろを炒め塩コショウして、粗熱を取る。

6

【2】水切りした木綿豆腐と【1】の具材、溶き卵を入れてよくこねる。

7

【3】形を整えて、フライパンで両面焼く。

8

【4】お皿に添え野菜と一緒に盛り付けて、ポン酢をかけていただく

コツ・ポイント

1人分(1個)
エネルギー 189kcal
たんぱく質16.2g
脂質・・7.6g
糖質・・9.1g
塩分・・1.6g

どうですか、ぜひ作ってみてくださいね。

続いて調理済みの大豆ミートの商品もご紹介します。

調理済み大豆ミートおすすめ

海外からの代替え肉でこれから注目できそうなのが、HÄRKIS(ハーキス)です。

1. すべての人にHARKISを!

フィンランド産そら豆をつかったHÄRKIS(ハーキス)は、タンパク質、食物繊維が含まれています。

また、ミートフリー、デイリーフリーなだけでなく、グルテンフリー、アレルゲンフリー(※)でもあるため、食生活が多様化している現代で、全てのお客様に安心して食べていただけるようです。

※表示推奨品目含む、アレルギー物質27品目のいずれも使用をしていません(2018年12月現在)

2. “健康”と“持続可能な食生活”を目指して

フィンランドの澄んだ空気と栄養豊富な土壌、夏の長い陽によって育まれたそら豆。

野菜のそぼろは、そら豆を食べやすくかつ機能的にした野菜の新素材です。
フィンランドではこの新素材の登場が“健康”と“持続可能な食生活”をより認識するきっかけとなり、

野菜中心の食生活へシフトチェンジしていく手助けにもなっています。

3. アレンジレシピで日々の暮らしに取り入れやすい!
HARKIS FINLAND 野菜のそぼろを日々の暮らしに少し取り入れて、ヒュッゲリーな時間を過ごしてみませんか?

そら豆由来のべジミート 野菜のそぼろの特徴

北欧・フィンランドの綺麗な空気、栄養豊富な土壌、そして夏の長い陽に照らされたフィンランド産そら豆は、たんぱく質が豊富に含まれています。

日本で食べられているそら豆よりも一回り小さいことが特徴です。

そのまま食べられるのはもちろん、炒めたり、卵などのつなぎと合わせてパテ状にして楽しむこともできます。

調理しやすいフレークタイプです。

☆内容量:130g  野菜のそぼろプレーン

写真

野菜そぼろ フレークタイプ

写真

タンパク質22g、食物繊維9g、グルテンフリー、糖質5,2g脂質11,7 g

☆内容量130g 野菜のそぼろ メキシカン

写真

タンパク質19g、食物繊維10g、GF

写真

タンパク質19g、食物繊維10g、グルテンフリー、糖質6.5g、脂質13g

☆野菜そぼろ エスニックカレー

写真

野菜そぼろ エスニックカレー

写真

タンパク質15g、食物繊維6g、グルテンフリー、糖質11.7g/脂質13g

HARKISの野菜そぼろは楽天で購入できます。

 

まとめ

代替え肉の大豆ミートについて解説してきました。

今や大豆ミートもまるで肉と言っても過言でない商品になってきました。

身体のことを考えて食事に気を付けている方には、大豆ミートはお勧めの食品です。

是非試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました